緑内障治療に大切なかかりつけの眼科選び

自分が安心できる緑内障治療を、大切なのはかかりつけの眼科選び

「緑内障」は眼科での検査が必要

視野が欠けてしまう病気である「緑内障」は、しっかり予防をしておくことで発症を避けることはできますが、自覚症状が見られないということから知らず知らずのうちに発症し、症状が進行してしまっているということも少なくありません。病気の中には患者本人に自覚があるものもあれば、緑内障のように自覚することができず、発症していることに気付かないというケースもあるものです。

そのような場合にまず必要となるのが「検査」です。緑内障の検査は眼科で行ないます。様々な検査を受けることによって、緑内障を発症しているかどうかを診断してもらうことができますから、緑内障の心配を抱えている皆さんはまず検査を受けることから始めていきましょう。もちろん、検査は誰でも受けることができますので、緑内障の不安がないという皆さんも発症予防のために検査を受けることをおすすめします。

特に40代以上の皆さんは緑内障を発症しやすい年代とされているため、定期的な検診が必要不可欠となっています。眼科で定期検診を受けている皆さんもいるかと思いますが、もし受けていないような場合はこの機会に定期的に眼科へ通うようにしてみてはいかがでしょうか?眼科は緑内障の治療を行なうだけではなく、緑内障の発症を予防するため、緑内障を早期に発見するためにも重要な場所です。皆さんもかかりつけの眼科で緑内障の検査を受けてみましょう。

かかりつけの眼科選びのポイント

そこで注目しておきたいのが、かかりつけの眼科の選び方です。皆さんは眼科を選ぶ時にどのようなポイントに注目しているでしょうか?家族や知り合いが行っているから、評判が良いから、といった理由で選ぶ皆さんが多いかもしれませんが、評判や口コミ以上に注目しておくべきポイントはたくさんあります。ここからはかかりつけの眼科選びについて見ていくことにしましょう。

まずは「眼科がある場所」について考えてみてください。その眼科は皆さんの自宅、または職場などから近い場所にあるでしょうか?緑内障は場合によって急性発作を引き起こすこともあり、緊急を要する症状が現れてしまうケースも少なくありません。もし自宅や職場で発作が起きてしまった時、発作ではなくても目に何らかの異変を感じた時、すぐに眼科を受診できる環境にあることが大切なので、できるだけ自宅に近い場所にある眼科か職場からすぐに通える距離にある眼科をかかりつけにしてみましょう。

もちろん、名医がいる眼科を選ぶことも注目しておくべきですが、緑内障は生涯付き合っていかなければならない病気です。治療も長く続けていくことになるので、皆さんが気軽に通える環境にあって、病気のことで不安があればすぐに相談に乗ってもらえるような医師がいる眼科を選ぶことをおすすめします。

通いやすい眼科の「安心感」に注目

通いやすい眼科には第一に「安心感」があります。緑内障の手術を受ける場合などは、手術を行なう医師の技術も重要となりますが、緑内障の治療は基本的に点眼薬によって症状を落ち着かせていくことになります。点眼薬によって眼圧が下がらない場合は手術を受けることになるものも、一般的な治療法は薬を処方してもらって皆さんが毎日欠かさず点眼することとなっています。

このようなことから、治療は主に皆さんの自宅ということになりますから、手術の技術以上に病気のことに対しての不安や悩みを相談できる医師がいるということが、かかりつけの眼科には必要となるのです。これから緑内障の治療を始める皆さんも、自分が安心して通える眼科を探してみてくださいね。