緑内障の手術を受ける上での安全性は

術後に合併症が起きることはあるの?緑内障の手術の安全性は

緑内障の手術は合併症のリスクも付きもの

どんな病気の手術でも、決して簡単なものはありません。難易度の高い手術もあれば、比較的短時間で済ませることのできる手術もありますが、患者である皆さんが手術を受けるという事実はとても大きなものですし、「もし失敗してしまったら・・・」という不安もあって当然のものです。

また、場合によっては手術後に何らかの「合併症」を引き起こしてしまう恐れも考えられるため、いくら短時間で成功させることができるとは言え、手術を受けることの安全性については十分に考えておかなければなりません。目の病気の一つである「緑内障」も、点眼薬で眼圧が下げられない場合は手術を受けることになりますが、緑内障の手術においても合併症の危険性は付きものです。

もちろん、手術を受けた全ての人が合併症を引き起こすわけではありませんし、合併症が起きる確率が低い手術もあります。しかし、手術を受けるにあたっては合併症の危険性についてあらかじめ理解しておかなければならないので、これから緑内障の手術を受ける皆さんは、どのような合併症が引き起こる恐れがあるのか知っておくことをおすすめします。

低眼圧、視力低下、眼内炎などに注意を

緑内障の手術は、決して完治を目指すために行なわれるものではありません。高くなった眼圧を下げるために行なう手術なので、その点についても理解しておきましょう。上昇してしまった眼圧は点眼薬で落ち着かせていくことが一般的ですが、思うように眼圧が下がらない場合に手術を受けることになります。そのため、手術によって眼圧を下げた場合には、眼圧が下がりすぎてしまうこともあるのです。これが緑内障の手術における合併症の一つ「低眼圧」です。

眼圧は高くなりすぎても低くなりすぎても目に良い影響は与えません。術後には低眼圧の恐れを避けるため、定期検診を行なって目の状態を診ていくことになりますので、皆さんは医師の指示に従って検診を受けることから合併症を予防していきましょう。

また、緑内障の手術を受けることによって視力が低下してしまうこともありますし、「眼内炎」など細菌による感染症が発症するケースも見られています。眼内炎については術後からかなり長い期間が経ってから発症することが多く、それほど発症率は高くないものの、重症化すると失明のリスクが高まるため非常に危険な合併症です。重症化しないうちに対処することが必要なので、術後に少しでも目の異変を感じたら、すぐに医師へ診せるようにしましょう。

かかりつけの眼科を探すこともおすすめ

このように、緑内障の手術は合併症を発症する危険性も少なからずあるため、手術を受ける際には合併症のリスクについても十分に考えた上で治療を始めるようにしましょう。とは言え、近年では緑内障手術の失敗例は減少傾向にありますし、術後の経過をしっかりと診て、定期検診を欠かさず受けていれば合併症も防ぐことが可能です。

緑内障という病気は必要以上に恐れる病気でもありませんし、合併症の発症についてもあまり重く考えすぎてしまうと、いつになっても眼圧を下げていくことはできません。つまり症状を安定させていくことができなくなってしまいますので、医師から手術を勧められているようであれば、合併症のリスクや手術を受ける上での安全性についてよく相談し、皆さんが納得した上で手術を受けるようにしてください。

そのためにも、まずは安心して治療を受けることができるかかりつけの眼科を探すことが大切です。やはりただ治療を受けるだけではなく、安心して治療を続けていきたいものですよね。生涯付き合っていく病気だからこそ、気軽に相談できる眼科を探してみるようにしましょう。