緑内障の検査や治療・手術

記事一覧

眼圧が高い場合・眼圧が低い場合、数値の差による治療の違いは

自覚症状がなくてもまずは緑内障の検査を

眼科での「眼圧検査」では眼圧の数値を測定することができます。眼圧の正常値は10mmHg?20mmHgとなっており、この数値を超えている場合は眼圧が高いと診断されるので、眼圧が上昇することによって発症する「緑内障」を患っている恐れが高いと見られます。

もちろん、検査結果は日によって少々バラつきがあるものですし、眼圧が高いからと言って全ての人が緑内障を発症するわけではありませんが、発症しやすい状態になっていることは確かです。もし今現在は緑内障を発症していなくても、今後も眼圧が高い状態が続けば視神経にはさらにダメージが加わることになりますから、結果的に緑内障になってしまうことも考えられます。

緑内障は徐々に視野が欠けていく病気で、自覚症状がほとんど見られないことが特徴的ですが、眼圧検査を受けることで眼圧が高いことが分かっていれば、早めに対処をしていくことができます。つまり、症状が悪化して失明してしまう、という最悪のケースを免れることもできますので、自覚症状がない状態である今こそしっかりと検査を受けて眼圧の数値を測定してもらうことをおすすめします。

「正常眼圧緑内障」のメカニズムとは

ただ、緑内障は眼圧だけでは症状を発症していると確実に判断することはできないので、眼圧検査の他にも様々な検査を受けることになります。一般的に緑内障の主な原因は眼圧の上昇とされていますが、近年では眼圧が低い場合でも緑内障を発症するケースが増えてきています。

眼圧が高くないのにどうして緑内障を発症してしまうの?と不思議に思う皆さんも多いかもしれませんが、眼圧の数値にこれといった問題が見られない場合でも「正常眼圧緑内障」と呼ばれる緑内障にかかってしまうことがあるのです。正常眼圧緑内障は患者数も増加傾向にあり、様々な要因が関わることによって発症すると見られています。眼圧が高くなると視神経にはダメージが加わりますが、正常眼圧緑内障を発症している場合は眼圧上昇以外の要因が影響して視神経が傷ついてしまいます。

例えば、慢性的な眼精疲労や血行不良、日頃のストレス、強度近視による網膜の異常などが要因となり、視神経がダメージを受けやすい状態になってしまいます。すると、眼圧がそれほど高くない場合でも視神経が傷ついてしまい、緑内障を発症してしまうというわけです。

眼圧の数値の差による治療の違い

このように、同じ緑内障でも眼圧の数値には大きな違いがあるため、治療法についても皆さんの症状に合わせた方法が用いられることになります。症状が徐々に進行していくタイプの慢性的な緑内障の場合は、眼圧の高さや低さに関係なく、まずは点眼薬を使って眼圧を下げる治療を行ないます。眼圧が低い場合でも眼圧を下げるのは、実際に視神経がダメージを受けてしまっていることが大きな理由として挙げられます。そのため視神経に負担を与えない程度の眼圧まで下げる必要があるのです。

もし点眼薬を使っても眼圧を上手く下げることができないようなこともあり、その場合は「繊維柱帯切除」などの手術によって対処していきます。また、緑内障のタイプによっては眼圧が急激に上昇してしまうことがあります。そのような場合には「レーザー虹彩切開術」を受けることによって急激に上昇した眼圧を下げ、発作も抑えていく治療を行ないます。

「急性緑内障」の発作は原発性緑内障の一つである「原発閉塞隅角緑内障」を発症している場合に引き起こる恐れがあるので、万が一発作が起きてしまった場合はすぐに眼科へ連絡し、手術によって発作を抑える治療を受けるようにしてください。緑内障のタイプは人それぞれですので、皆さんに合った治療法で症状を安定させていきましょう。

緑内障を発症していることが分かったらできるだけ早めに治療を始めて

早期発見・早期治療が重要な「緑内障」

どんな病気でも早期発見・早期治療は重要なカギとされていますが、目の病気の一つである「緑内障」においても、発見が遅れることで症状がますます悪化する恐れがあるため、病気を発症していることに少しでも早く気付くことが症状改善の第一歩となっています。

ただ、緑内障は治療を受けることで症状が完治するわけではなく、あくまでも現状を維持するための治療であり、症状を改善するといっても緑内障によって失った視野が元通りになることはありません。緑内障は眼圧が高くなることで発症するケースが多く、そのような場合はまず眼圧を下げて安定させる治療が必要となります。眼科では主に点眼薬を使用した眼圧を下げる治療を行なっていきますが、この治療の効果は眼圧を下げるということですから、決して緑内障の症状を完全に治す目的のために行なわれるものではないのです。

とは言え、緑内障の症状は放置し続けると失明するリスクも高まり非常に危険です。眼科における治療は緑内障の症状を少しでも早く対処し、症状が悪化しないよう進行を抑制することを目的として行なわれているので、失明のリスクを低く保つためにも、まずは眼科での治療が先決というわけですね。

緑内障は自覚症状がないからこそ検査が必要

皆さんがもし緑内障を発症していることが分かった場合は、早めに治療を始めることが大切です。早期段階で治療を始めることができれば、症状もそれほど重くなく、将来的に見える視野も狭くならずに済みます。

しかし、緑内障は自覚症状が見られない病気であることでも有名ですから、皆さんが緑内障を発症していたとしても発症に気付かないこともあるものです。特に初期の緑内障は目の変化を自分で感じることもほとんどありませんし、異変を感じていたとしても放置してしまうことの方が多いため、発見が遅れてしまうこともあります。

緑内障は早く症状に気付き、早く治療を始めなければ、先に述べたように症状はどんどん悪化していってしまいます。では、どのようにすれば緑内障を発症していることに早く気付くことができるようになるのでしょうか?そこで必要不可欠となっているのが、眼科で行なわれている緑内障の症状を調べるための様々な検査です。

緑内障を調べるための様々な検査

自覚症状が見られない緑内障の発症を確かめるためには、眼科でいくつかの検査を受けなくてはなりません。わざわざ検査を受けなければならないのはとても億劫に感じてしまうかもしれませんが、検査を受けることで緑内障を発症していることも分かりますし、緑内障にかかりやすい「緑内障予備軍」であることもチェックすることができます。症状が見られないからこそ検査結果が重要となっていますので、現在緑内障の心配が見られないという皆さんも念のため検査を受けておくことをおすすめします。

緑内障の症状を調べることができる検査には、眼圧の数値を測定する「眼圧検査」や見えている視野の範囲をチェックする「視野検査」、隅角が塞がっているかまたは開いているかをチェックする「隅角検査」、そして視神経や網膜の状態を診る「眼底検査」などがあります。

緑内障は眼圧が高くなることで発症する他、眼圧が正常値であっても視神経にダメージが加わり、その結果緑内障を発症してしまうこともあるので、眼圧検査だけではなく様々な検査を受けた結果を照らし合わせて緑内障を発症しているかどうかを診断することになります。このような検査によって皆さんが緑内障を発症しているかどうかが分かりますので、まずはかかりつけの眼科を受診して検査を受けることから、緑内障の早期発見に働きかけていきましょう。

視神経・血管・網膜の異常、緑内障の早期発見にも役立つ「眼底検査」

眼科で目の状態を細かくチェック!

患者本人にも発症していることが分からない「緑内障」は、検査によって判断することが必要不可欠となっています。眼科では定期検診を受けることもできますし、目の異常を感じたら検査を受けることで目の状態をチェックすることができるようになっています。

もし既に「いつもと目の調子が違う」とか「目に違和感がある」などと自覚症状が見られるのであれば、すぐに眼科を受診して検査を受けるようにしましょう。と言うのも、緑内障は自覚症状が見られないことで有名な病気であるからです。自覚症状が見られないのですから、先に述べたように患者本人が「自分は緑内障を発症しているのかもしれない」と感じることも非常に稀です。

目に何らかの異常を感じることがある場合は、緑内障が進行してしまっていることも考えられるため、非常に危険な状態です。本来ならば具体的な症状が現われる前に眼科を受診するべきですので、現在目に違和感が見られない皆さんも普段から定期検診を受けて目の状態を診てもらうようにしてください。「失明」という最悪のケースを避けるためには早めの検査がカギです。まずはかかりつけの眼科で目の状態を細かくチェックしてもらいましょう。

「眼圧検査」だけでは症状が分からない場合も

緑内障を診断するための検査には様々なものがありますが、最も重要なのが眼圧を測定する「眼圧検査」です。緑内障は眼圧が高くなることで発症することから、眼圧の数値を測定することで緑内障を発症しているかどうかを判断することができるというわけです。

しかし、緑内障のタイプによっては眼圧の数値が正常値となり、眼圧検査では異常が見られないこともあります。これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれる緑内障で、眼圧に異常が見られないものの、何らかの要因によって視神経がダメージを受け、緑内障を発症してしまっている状態になります。正常眼圧緑内障が疑われる場合には、眼圧検査を受けただけでは緑内障であると判断することができないため、視神経や血管、網膜などに現れている異常を調べることができる「眼底検査」を受けることが必要とされています。

視神経・血管・網膜の異常を調べる「眼底検査」

眼底検査を受けることによって、視神経乳頭が窪んでしまっていないか、血管に動脈硬化が起きていないか、網膜が薄くなっていないかなどの異常を調べることが可能となっています。もし視神経乳頭が窪んで白くなってしまっている場合には、正常眼圧緑内障を発症している確率が高いとされるため、他の検査も受けて正確に状態を診ておかなければなりません。

緑内障を発症すると視神経はダメージを受けるため、ダメージを受けているかどうかを調べるための眼底検査が必要となるのですが、強度近視である場合も視神経乳頭は窪んでしまうので、様々な検査結果を照らし合わせながら緑内障であるかどうかを判断しなくてはならないのです。

また、緑内障は血行不良なども影響して発症することがあることから、血管の状態を診ておくためにも眼底検査は重要な働きをしています。緑内障は早期発見が第一ですが、正常眼圧緑内障の場合は眼圧に異常が見られないことが特徴的です。そのため発見が遅れてしまうことも多いので、眼底検査のように緑内障を発症した際に現われる症状をしっかり診ることのできる検査が必要不可欠というわけですね。

正常眼圧緑内障が疑われる場合は、ここで紹介した眼底検査の他、視野をチェックするための「視野検査」を受けることになります。実際にどの程度の範囲が見えているのかを調べるための検査ですから、緑内障予備軍と呼ばれている皆さんも視野検査を受けて現在の見え方をチェックしてもらうと良いでしょう。

基準値よりも高い場合は注意!緑内障にとって重要な「眼圧検査」

眼圧が高くなることによって現われる「緑内障」

「緑内障」を発症する原因として第一に考えられているのが「眼圧の上昇」です。眼圧が上昇して数値が高くなることによって、視神経が傷つき、緑内障を発症してしまうのです。症状としては視野が欠けて狭くなるということですが、最悪の場合は視野がどんどん狭くなり、失明してしまう危険性もあります。緑内障は完治することのない病気でもありますし、こうした危険性の高い病気であることもしっかり理解しておかなければなりません。

ただ、完治することはなくても、症状を安定させて眼圧を下げるなど改善させていくことは可能です。緑内障は治療を受けることによって症状を落ち着かせていくことができるため、適切な治療を続けていれば失明するリスクも避けることができるのです。もし皆さんが緑内障を発症してしまった場合は、まず医師の指示に従って治療を続けていくことから始めていきましょう。

また、現在緑内障を発症しているかもしれない、緑内障を発症する危険性があるかどうか調べたい、と考えている皆さんは眼科で検査を受けることをおすすめします。緑内障の症状を調べるための検査は様々ありますが、中でも「眼圧検査」は緑内障の検査において最も重要なものとされています。ここからは眼圧検査について詳しく見ていくことにしましょう。

眼圧を測定する「眼圧検査」3つのタイプ

眼圧検査は大きく3つのタイプに分けることができます。麻酔をしてから「ゴールドマン眼圧計」を使って測定するタイプ、入院中の患者さんなどが使用する「シェッツ眼圧計」で測定するタイプ、そして定期検診や健康診断、人間ドックの際に用いられる「空気圧」によって眼圧を測定するタイプの3つが挙げられますが、現在主に使われているのは1番目に挙げたゴールドマン眼圧計です。

点眼薬による麻酔をした後、色素を付けた角膜に眼圧計をセットし、眼圧を測定していきます。ゴールドマン眼圧計で眼圧検査を受ける姿勢は、椅子に座って眼圧計に顎を乗せる、といった形になりますから、それほど辛くもなく時間も数分で済みます。またシェッツ眼圧計を使用した眼圧検査についても、点眼薬での麻酔後に角膜に眼圧計をあてて測定していきますが、この場合は仰向けに寝た状態のままで検査を受けることになるため、主に目の病気で入院中の患者さんに用いられる検査方法となっています。

そして空気圧によって眼圧を測定するタイプの検査は、眼科での定期検診や病院での人間ドックで眼圧検査を受ける場合に用いられる方法なので、麻酔もなく30秒程度で検査は終了します。眼圧が気になっているという皆さんは、まず眼科で定期検診を受けることから目の状態をチェックしてみると良いでしょう。

眼圧が正常値でも緑内障を発症している恐れが

眼圧検査を受けることで、皆さんは自分自身の眼圧の数値を知ることができます。眼圧の基準値は10mmHg?20mmHgですから、この数値よりも高い場合は眼圧が上昇していることによって緑内障を発症している恐れが考えられます。ただ、緑内障にも様々なタイプがあり、眼圧が正常値であるにもかかわらず発症する「正常眼圧緑内障」の場合には、眼圧検査のみでは緑内障であるかどうかを判断することができません。

正常眼圧緑内障であるかどうかを判断するためには、眼圧検査の他に眼底検査や視野検査も受ける必要があります。定期検診による眼圧検査で数値に異常が見られない場合でも、眼底検査や視野検査を受けることで緑内障を発症していることが分かることもあるので、この機会に念のため一連の検査を受けてみることをおすすめします。

見えている視野がわかる!「視野検査」で緑内障の進行状態をチェック

緑内障の予防はまず眼科での検査から

自覚症状が見られない「緑内障」は、症状が現れているにもかかわらず放置してしまうケースも多く、知らず知らずのうちに悪化していることも少なくありません。緑内障は一度発症すると完治することのない病気ではありますが、治療をせず症状を放置しておくと、最終的には失明してしまう恐れもあります。

ただ、自覚症状がないため症状が現れているかどうかが分からず、緑内障であることに気付いた頃にはかなり症状が進行していた、ということは決して珍しいことではないので、緑内障という病気には前持った予防が必要不可欠となっています。最悪の事態を免れるためには、まず眼科での検査を受けることが重要とされています。眼科では緑内障を診断するために様々な検査を受けることができるようになっていますので、かかりつけの眼科を受診して一通りの検査を受けることから予防を始めていきましょう。

もし検査を受けた結果、緑内障の恐れがある、または緑内障を既に発症しているということが分かれば、すぐに治療を始めることで症状の悪化を防ぐことができます。完治しない病気である緑内障でも、治療をすることでこれ以上症状が悪化してしまうことを防いでいくことができますから、早めの段階で緑内障を発症していることに気付けるよう、定期的に眼科を受診することをおすすめします。

現在の視野をチェックする「視野検査」

では、緑内障であるかどうかを診断する際にはどのような検査を行なっていくのでしょうか?ここでは視野をチェックするための「視野検査」について見ておきたいと思います。緑内障は視野が欠けてしまう病気であるため、視野検査によって現在皆さんが見えている視野をチェックすることで、緑内障を発症している状態かどうかを判断することができるようになっています。

視野検査には「視野計」と呼ばれる器具が使われますが、皆さんはこの視野計の窓部分に顎を乗せて顔を固定し、中心にあるマークをじっと見つめた状態で検査を受けることになります。マークを見つめ続けていると、その周辺には上下左右に小さな光が点滅します。皆さんは光が点滅したことが分かったら、ブザーを押して見えていることを医師へ伝えてください。見えていない場合はブザーを押さない、ということになりますので、検査結果としては一部欠けている視野があると診断されることになります。

視野検査は片目ずつ行なっていき、計30分程度の時間を要します。少々時間がかかってしまう検査ですが、途中で検査に疲れた場合は休憩を入れながら行なっても構いません。もし目が疲れた、肩や首が疲れてきたと感じた場合にはすぐに医師へ相談して検査を中断してもらうようにしましょう。

様々な検査を受けて緑内障の診断を

このような視野検査では、緑内障の症状における視野の範囲を調べることができるようになっています。徐々に進行していく病気である緑内障は、自分でも気付かないうちに視野が欠けていることがあります。見えていると思っていた部分でも、視野検査を受けてみたら実際には見えていなかったなど、思いもかけない目の状態になってしまっていることもあるので、今は特に目に異常は感じていない、という皆さんもまずは検査を受けて自分の視野をチェックしてみましょう。

視野検査を受けて始めて緑内障の恐れがある、と診断される人も多いですし、他にも眼圧を測定する「眼圧検査」や原発性の緑内障を見分ける「隅角検査」などを受けることで緑内障を発症していることが分かる場合もあります。様々な検査を受けることで目の状態を診断してもらえますので、皆さんも眼科で定期的に検査を受けるように心がけておきましょう。

<1 2