緑内障を治療せず放置しておくことの危険性

緑内障を発症していても治療をせず放置しておくことの危険性

生活習慣は「規則正しく」を心がけて

生活習慣病の中でも有名な「糖尿病」などは、自覚症状が見られないまま進行していくことが特徴的ですが、この特徴は目の病気の一つである「緑内障」にも当てはまります。緑内障は目の病気でありながら、糖尿病と同様、生活習慣が大きく関係していると考えられています。

別名「目の成人病(生活習慣病)」とも呼ばれているので、不規則な生活を続けていることが原因で緑内障がいつの間にか悪化してしまっている、ということも少なくないのです。緑内障の悪化を防ぐためには、まず不規則な生活を改善し、規則正しい生活を心がけることが必要です。今現在は緑内障の心配はないという皆さんも、緑内障は自覚症状が見られない病気です。知らず知らずのうちに症状が進行してしまうことも考えられますので、発症を防ぐためにも規則正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

眼科で検査を受けて緑内障予防

また、眼科で検査を受けて予防することも大切です。生活習慣を見直すだけではなく、眼科で行なわれている検査を受けることで緑内障を発症しているかどうかを診断してもらうことも重要な予防策となります。自覚症状のない緑内障の症状を発見するためには検査を受けることが必要不可欠となっていますので、早期発見を心がけるためにも定期的に眼科に通って検査を受けるようにしましょう。

もし緑内障を発症していると分かった場合には、すぐに治療を始めることで症状を安定させていくことができます。症状が軽いうちに治療を始めることができれば、それほど視野も狭くならずに済みますし、日常生活も普通に送ることが可能なので、皆さんの健康を守るためにも、眼科の定期的な受診は欠かさないようにしてくださいね。

治療を受けずにいることの危険性

というのも、緑内障は完治することがないという特徴もある病気です。眼科では検査も治療も行ないますが、皆さんは緑内障を完治させるために治療を受けるわけではありません。あくまでも上昇した眼圧を下げて、緑内障の症状を悪化させにくくすることが目的となっていますので、完治を目標にするのではなく、今よりも症状を落ち着かせて進行を抑えることを目標に治療を続けていく心がけが大切です。

中には「完治しないから治療は受けなくてもいい」と考える皆さんもいるかと思いますが、緑内障は治療を受けずに放置しておくと、失明する危険性があるので大変怖い病気でもあります。治療を受けていれば失明のリスクも低くなりますが、何の治療も受けずに症状を放っておいてしまうとなると、失明するリスクはどんどん高くなるばかりです。

緑内障の眼科選びに迷った時は

もし皆さんが現在緑内障であることが分かっているのであれば、まずは適切な治療を受けて少しでも症状を楽にしていくことを考えていきましょう。完治させることはできませんが、眼圧を下げて症状を改善させることはできますから、医師の指示に従って治療を続けていくことを大事にしてください。

発症が分かっていながら治療を受けずにいることは、皆さんが自分自身を傷つけてしまっていることに他なりません。緑内障は治療を受けることで症状を緩和させていくことができる病気ですので、眼科を受診することを怖がらずに気軽に治療を始めてみると良いでしょう。

そこで目を向けておきたいのが、皆さんが受診するかかりつけの眼科です。緑内障は長期に渡って治療を続けていくことになるので、その都度治療を受ける眼科についてもかかりつけとなるわけですが、やはり選び方のポイントとしては、皆さんが安心して通うことのできる眼科であるかどうかです。かかりつけの眼科選びに迷った時には、安心感をポイントにしてみると良いでしょう。