急性発作を治療する「レーザー虹彩切開術」

緑内障の急性発作が起きた状態を治療する「レーザー虹彩切開術」

発症メカニズムに違いがある「緑内障」

視野が欠けてしまう病気「緑内障」は、早期発見・早期治療によって症状を安定させていくことができるようになります。反対に症状の発見が遅れたり、緑内障を発症していることに気付いているにもかかわらず症状を放置したりしてしまうと、症状はますます悪化してしまいます。最悪の場合は失明してしまう恐れもある病気ですから、できるだけ早く症状に気付くためにも、まずは眼科でしっかり検査を受けることが大切です。

眼科では緑内障であるかどうかを調べるための様々な検査が行なわれていますので、例え緑内障を発症している恐れがない場合でも、念のため検査を受けておくことをおすすめします。緑内障は40代以降の中高年層によく見られる病気ですが、近年では若年層の皆さんにも発症の恐れがあると考えられています。

また、緑内障は眼圧が高くなることで発症するだけではなく、眼圧が正常値であっても発症するケースがあります。同じ緑内障でも発症メカニズムにはそれぞれ違いがありますので、どのような緑内障を起こしやすい状態かどうかが気になる場合にも、眼科で相談してみると良いでしょう。

眼圧を下げるために行なわれる緑内障の手術

では、万が一緑内障を発症してしまった場合には、どのような方法で治療していくのでしょうか?緑内障の治療は主に点眼薬によって眼圧を下げていくことになりますが、眼圧が思うように下がらないなど点眼薬の効果が十分ではないということもあります。そこで用いられるのが緑内障を治療するための手術です。

「治療すると言っても、決して緑内障が完治するわけではありません。緑内障は一度発症したら完治させることができない病気です。ダメージを受けた視神経を修復するための技術は現段階ではないので、症状を完治させることを目的とした治療ではなく、眼圧を下げて症状を落ち着かせていくための治療を行なうことになります。

緑内障の手術も眼圧を下げることを目的としていますので、その点についてはよく理解しておきましょう。緑内障を治療するための手術には様々な方法があり、緑内障のタイプによって効果のある手術は異なります。「原発開放隅角緑内障」の治療には、レーザーを使った「レーザー繊維柱帯形成術」や房水の出口を新しく作る「繊維柱帯切除術」が用いられますが、眼圧が急激に上昇する「急性緑内障」の場合には、また違った手術を行なうことになります。それが「レーザー虹彩切開術」です。

急性緑内障には「レーザー虹彩切開術」

急性緑内障は「原発閉塞隅角緑内障」を患っている場合に発症します。先に挙げた原発開放隅角緑内障は慢性的な症状が多いのですが、原発閉塞隅角緑内障の場合は隅角が塞がって房水の流れが滞ってしまうことで急激に眼圧が高くなります。隅角が塞がっている目の状態は、水晶体と虹彩の隙間が非常に狭くなっており、そこに房水が滞ってしまうのです。その結果、急性発作を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

レーザー虹彩切開術では、虹彩部分に穴を開けて滞っていた房水の流れを改善していくことができるようになっています。手術を受けることで原発閉塞隅角緑内障によって上昇した眼圧を下げていくことが可能となりますので、もし急性発作が起きてしまった場合にはすぐに眼科を受診するようにしてください。レーザー虹彩切開術を受ける前には点眼薬を使って眼圧を一度下げ、角膜の状態が透明に戻ってから手術が行なわれます。

また、レーザー虹彩切開術の特徴としては、急性緑内障を引き起こす危険性のある患者は発作を免れるための予防としても手術を受けられる、という点も挙げられます。現在原発閉塞隅角緑内障を患っている皆さんは、急性緑内障の予防のためにレーザー虹彩切開術を受けることも考えてみると良いでしょう。