緑内障の早期発見にも役立つ「眼底検査」

視神経・血管・網膜の異常、緑内障の早期発見にも役立つ「眼底検査」

眼科で目の状態を細かくチェック!

患者本人にも発症していることが分からない「緑内障」は、検査によって判断することが必要不可欠となっています。眼科では定期検診を受けることもできますし、目の異常を感じたら検査を受けることで目の状態をチェックすることができるようになっています。

もし既に「いつもと目の調子が違う」とか「目に違和感がある」などと自覚症状が見られるのであれば、すぐに眼科を受診して検査を受けるようにしましょう。と言うのも、緑内障は自覚症状が見られないことで有名な病気であるからです。自覚症状が見られないのですから、先に述べたように患者本人が「自分は緑内障を発症しているのかもしれない」と感じることも非常に稀です。

目に何らかの異常を感じることがある場合は、緑内障が進行してしまっていることも考えられるため、非常に危険な状態です。本来ならば具体的な症状が現われる前に眼科を受診するべきですので、現在目に違和感が見られない皆さんも普段から定期検診を受けて目の状態を診てもらうようにしてください。「失明」という最悪のケースを避けるためには早めの検査がカギです。まずはかかりつけの眼科で目の状態を細かくチェックしてもらいましょう。

「眼圧検査」だけでは症状が分からない場合も

緑内障を診断するための検査には様々なものがありますが、最も重要なのが眼圧を測定する「眼圧検査」です。緑内障は眼圧が高くなることで発症することから、眼圧の数値を測定することで緑内障を発症しているかどうかを判断することができるというわけです。

しかし、緑内障のタイプによっては眼圧の数値が正常値となり、眼圧検査では異常が見られないこともあります。これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれる緑内障で、眼圧に異常が見られないものの、何らかの要因によって視神経がダメージを受け、緑内障を発症してしまっている状態になります。正常眼圧緑内障が疑われる場合には、眼圧検査を受けただけでは緑内障であると判断することができないため、視神経や血管、網膜などに現れている異常を調べることができる「眼底検査」を受けることが必要とされています。

視神経・血管・網膜の異常を調べる「眼底検査」

眼底検査を受けることによって、視神経乳頭が窪んでしまっていないか、血管に動脈硬化が起きていないか、網膜が薄くなっていないかなどの異常を調べることが可能となっています。もし視神経乳頭が窪んで白くなってしまっている場合には、正常眼圧緑内障を発症している確率が高いとされるため、他の検査も受けて正確に状態を診ておかなければなりません。

緑内障を発症すると視神経はダメージを受けるため、ダメージを受けているかどうかを調べるための眼底検査が必要となるのですが、強度近視である場合も視神経乳頭は窪んでしまうので、様々な検査結果を照らし合わせながら緑内障であるかどうかを判断しなくてはならないのです。

また、緑内障は血行不良なども影響して発症することがあることから、血管の状態を診ておくためにも眼底検査は重要な働きをしています。緑内障は早期発見が第一ですが、正常眼圧緑内障の場合は眼圧に異常が見られないことが特徴的です。そのため発見が遅れてしまうことも多いので、眼底検査のように緑内障を発症した際に現われる症状をしっかり診ることのできる検査が必要不可欠というわけですね。

正常眼圧緑内障が疑われる場合は、ここで紹介した眼底検査の他、視野をチェックするための「視野検査」を受けることになります。実際にどの程度の範囲が見えているのかを調べるための検査ですから、緑内障予備軍と呼ばれている皆さんも視野検査を受けて現在の見え方をチェックしてもらうと良いでしょう。