眼圧が下がらない場合は「繊維柱帯切除術」

点眼薬で眼圧が下がらない場合は「繊維柱帯切除術」による緑内障手術

予防のためにも定期的に眼科を受診して

最近目がかすむ、視野が狭くなった、といった異変を感じたことはありませんか?こうした症状は「緑内障」が進行中である場合に見られるものなので、まずは一度眼科を受診してしっかり検査を受けることが必要です。緑内障は様々ある目の病気の中でも発症率が高く、高齢になるにつれて発症しやすくなる特徴があります。

特に40代以上の皆さんは、緑内障の発症を予防するために定期的に検診に通うことが重要とされています。緑内障は自覚症状が見られませんから、検査を受けないことには緑内障を発症しているかどうかが分からないのです。検査を受ければ皆さんの目にどのような異変が起きているのか診ることができますので、少しでも不安があればすぐに眼科を受診しましょう。

もちろん、今現在は不安を感じていない皆さんも予防するに越したことはありません。できるだけ早く緑内障の症状を発見できるよう、定期的に眼科を受診して目の状態を診てもらうようにしてください。

点眼薬が効かない場合は手術を受けることに

もし検査結果から緑内障を発症していることが分かれば、皆さんは眼科で緑内障の治療を受けることになります。一般的に緑内障の治療は点眼薬を使用します。点眼薬に含まれている成分には眼圧を下げる効果があるので、高くなった眼圧を下げて症状を安定させ、緑内障の症状を落ち着かせていくことができるようになります。

しかし、点眼薬には緑内障を完治させる効果はありません。緑内障は完治することのない病気ですから、点眼薬を使用しても狭くなった視野が元に戻るわけではなく、あくまでも眼圧を下げることが点眼薬を使用する目的と考えておくようにしましょう。ただ、緑内障の症状によっては点眼薬だけでは眼圧を下げられないことがあります。

そのような場合には手術によって眼圧を下げていくことになりますが、それぞれの症状の違いから皆さんが実際に受ける手術の種類も異なっています。使用する点眼薬の違いだけではなく、手術の種類も様々ありますので、まずは医師と相談しながら受けるべき治療法を考えていくことが大切です。ここからは緑内障の手術法の一つである「繊維柱帯切除術」について見ていくことにしましょう。

「繊維柱帯切除術」で上昇した眼圧を下げる

「原発開放隅角緑内障」と呼ばれる緑内障は、シュレム管を蓋している繊維柱帯が目詰まりを引き起こすことで発症します。目詰まりが引き起こると目の中の「房水」の流れが悪くなり、眼圧が高くなります。緑内障の主な原因は眼圧が上昇することですから、その結果、緑内障が発症してしまうというわけです。

緑内障の繊維柱帯切除術では、眼圧上昇の原因となっている房水の流れを改善するために新しい房水の出口を作っていくことになります。結膜の下に房水が流れていく通路を作る手術を行なうことによって、高くなった眼圧を下げていくことができるのです。手術後は一時的に眼圧が高くなったり、または手術の効果が高すぎて眼圧が低くなったりすることもありますし、その他目に炎症が起きるなどの合併症が現われることもありますから、何らかの問題が起きた場合にはすぐに医師に診てもらうようにしましょう。

また、緑内障の手術についても、点眼薬での治療と同様、症状を完治させるために行なうものではない、ということも理解しておく必要があります。もし手術を受けてもまた緑内障の症状が悪化してしまうことも考えられますし、手術を受ければ視野が回復するというわけでもありません。眼圧を下げるための手術ですので、眼圧が上昇した場合は再度手術を受けなければならないケースもある、ということをよく覚えておきましょう。