緑内障を発症しても神経質にはならないで

緑内障を発症しても神経質にならないで、気分転換を心がける大切さ

まずは念のための検診が重要な「緑内障」

目の病気には様々なものがありますが、中でも発症率が高いと言われているのが「緑内障」です。緑内障は視野が徐々に欠けていく病気で、最悪の場合は失明する恐れもあり、早めの対処が重要とされています。一度発症すると完治することもなく、治療に関しても現状を維持していくために行なわれていきますから、緑内障は完全には治ることがない、ということをしっかり理解しておくことが必要となります。

また、緑内障は自覚症状が見られない病気でもあるため、症状を発症していることに気付かず、早めの対処ができないことも少なくありません。特に初期の段階では自分自身が緑内障であることに気付かないことから、症状を放置してしまうケースが多く見られています。この状態のまま放置し続けていると、先ほども述べたように失明する恐れがあるので、早期のうちに発症していることに気付くためにも、眼科で定期的に検診を受けるなどの予防が大切です。

今はまだ緑内障の心配がない、自分が緑内障になることはない、と感じている皆さんも、念のために眼科で検診を受けることをおすすめします。知らず知らずのうちに進行していく病気が緑内障です。自覚症状がないからこそ注意が必要なので、まずは定期的な検診から予防を始めていきましょう。

発症後は悪化しないよう努めることが大切

このように、緑内障はまずしっかり予防することが大切ですが、既に緑内障を発症している皆さんは、これ以上緑内障の症状が悪化しないよう努めることが第一となります。眼科での治療を受けることはもちろん、皆さん自身でできる改善法を実践していくことで、緑内障が進行しにくい状態に変えていくことができます。一度失った視野を取り戻すことはできませんが、症状の悪化は防ぐことができますから、緑内障を発症したらただ治療を受けるだけではなく、自分自身でできることについても考えていくようにしましょう。

緑内障という病気には生活習慣の問題も大きく関わっているので、これまでの生活習慣を見直してみる改善法も実践する必要がありますし、元々「緑内障気質」である皆さんは自分自身の性格についても見つめ直してみることが大切です。緑内障気質とは、性格上緑内障にかかりやすいとされる特徴のことで、真面目で几帳面な性格である皆さんが当てはまると考えられています。

普段から何事にも真面目に取り組み、几帳面に物事を考えることが多い皆さんは緑内障を発症しやすいだけではなく、緑内障を発症後にもついつい神経質になりがちなので注意しておかなければなりません。

神経質にならず気分転換を心がけて

緑内障という病気には「禁忌」と呼ばれる注意事項がありますが、緑内障気質の皆さんは禁忌について神経質になりすぎてしまう傾向があります。禁忌とは「○○してはいけない」ということですから、注意しておくべきことなので多少が神経質になることも必要であはあるものの、あまり神経質になりすぎてしまうとかえって皆さんはストレスを感じてしまいますよね。

ストレスは緑内障の発症要因の一つとしても考えられていますし、発症後に過度なストレスを感じることで症状がますます悪化してしまうこともあるものです。症状の悪化を防ぐためにはもちろんのこと、これを機会に自分自身の性格や考え方の傾向を見つめ直してみるようにしましょう。

緑内障は禁忌を犯さないよう神経質になることで症状が改善される病気ではありません。むしろ気持ちを軽くするために気分転換を心がけることが大切です。緑内障は完治することがないので、皆さんは治療を続けながら生涯を共にすることになります。この先病気と上手く付き合っていくためにも、緑内障の捉え方を変えてみると良いでしょう。