メガネをかけている場合は視力のチェックを

普段からメガネをかけている場合はこまめな視力変化のチェックを

近視の状態は「緑内障」にかかりやすい?

一般的に近視の状態は「緑内障」にかかりやすいと考えられています。特に眼圧が高くない場合でも、近視であることが要因となって視神経がダメージを受けやすくなっており、結果的に緑内障を発症してしまうことがあるのです。このタイプの緑内障は、眼圧が正常値でも発症することから「正常眼圧緑内障」と呼ばれています。

緑内障は眼圧が上昇することで発症する、という特徴がある病気ですが、正常眼圧緑内障のように例外もあるので、もし眼圧が正常値であっても緑内障になる恐れは誰にでもある、ということをよく覚えておくようにしましょう。中でも近視である皆さんは、正常眼圧緑内障を発症しやすくなっていますので、定期的に検診を受けて目の状態をチェックしておくことをおすすめします。

緑内障は年齢が高くなるにつれて発症率が高くなるため、目安としては40代以上になったら定期的な検診を受けることを心がけておくことが大切です。初期段階では自覚症状もないので、皆さん個人では緑内障を発症しているかどうかを判断することは難しいのですが、検診を受けていれば目の状態がどのように変化しているかも分かりますし、眼圧だけではなく視野までしっかり診断してもらうことができます。眼圧だけで緑内障の症状を判断するわけではないので、眼科の医師の指示に従って必要ような検診を受けるようにしましょう。

近視の場合はこまめな視力のチェックも忘れずに

また、近視の皆さんの中にはメガネをかけている方々、コンタクトレンズを使用している方々がほとんどかと思いますが、今使用しているメガネやコンタクトレンズの度はしっかり合っているでしょうか?もし少しでもズレを感じているようであれば、再度視力検査を行なってみてください。

と言うのも、合わないメガネやコンタクトレンズを使っていると、よく見えているつもりでも目は疲れやすくなってしまっています。その疲れが慢性化すると大きな負担となり、緑内障の発症要因ともなりかねません。先ほども挙げた正常眼圧緑内障の発症には眼精疲労が関わっていることも少なくないので、現在自分の目に合わないメガネやコンタクトレンズを使っているという皆さんは、緑内障の検査だけではなく、視力検査も受けてみるようにしましょう。

もし視力検査の結果によって新しいメガネやコンタクトレンズが必要となるようであれば、迷わず新しいものに変えてください。緑内障の発症を防ぐためにはもちろん、既に緑内障を発症している皆さんにとってもこうした心がけが重要となっています。

これから使っていくメガネやコンタクトについて

緑内障を発症した要因が近視であると考えられる場合、症状を治療することの他、これから使っていくメガネやコンタクトレンズのこともよく考えておかなければなりません。目が疲れることのないよう、自分の目にあったメガネやコンタクトレンズに変えること、こまめに視力検査を受けること、近視である以外に緑内障の発症要因となり得る問題点はないかチェックすることなど、緑内障の発症後にも気をつけるべきことはたくさんあります。

こうした問題については緑内障を発症してしまったからこそ気付けることでもあるので、これ以上目に負担をかけないようにするためにも、視力とメガネやコンタクトの関係性をより良いものに変えていきましょう。目が疲れないようになれば緑内障も悪化しにくく、現状を維持することができるようになります。

ただし、緑内障は治療をしても完治する病気ではないので、一度失ってしまった視野は取り戻せません。とは言え、治療や改善法を続けていくことで状態は安定していくので、視力チェックも一つの治療法の一つとして視野に入れておくようにしましょう。