日常生活における緑内障の注意点

毎日やっていることに危険が・・・日常生活における緑内障の注意点

緑内障は視神経へのダメージを減らすことが重要

「緑内障」は自分でも知らない間に進行してしまっていることがあります。特に初期段階では自覚症状がなく、検査を受けない限り発症に気付かない、ということは決して珍しくありません。症状が自覚できるようになってきた段階では、既に症状が進行し、悪化してしまっている恐れも考えられますので、予防法としては定期的に検査を受けることが第一とされています。

「自分は大丈夫」と思っている人ほど発症の危険について考えておかなければなりませんから、不安に感じることがある皆さんはもちろん、目の状態はいたって健康だと感じている皆さんも、まずは眼科で緑内障の検査を受けましょう。

緑内障は主に眼圧が高くなることで発症すると見られていますが、近年では眼圧が正常値である場合でも緑内障を発症するケースが増加傾向にあります。これは「正常眼圧緑内障」というタイプの緑内障で、眼圧が高くないにもかかわらず、視神経がダメージを受けてしまい、結果的に視野が欠けてしまう、という症状が現れます。

ハッキリとした原因は分かっていないものの、視神経がダメージを受けやすい状態にしてしまう要因はいくつか考えられているため、正常眼圧緑内障を発症しないようにするためには、視神経へのダメージを減らすための治療や改善法を行なっていく必要があります。

日常生活における緑内障悪化の危険性

そこで皆さん自身にも始められるのが、生活習慣を改善するという方法なのですが、実は皆さんが日常生活を送っている中で緑内障の症状を悪化させてしまう危険性の高い行動があります。緑内障はただ治療を続けていれば症状が落ち着く、というわけではなく、患者本人である皆さん自身が緑内障という病気にしっかり向き合い、その上で生活習慣を見直し改善していくことが重要視されていますので、治療を受ける他皆さんそれぞれで生活を見直すなどの注意が必要です。

例えば、食生活においては栄養バランスの偏った食事を摂っていると緑内障の症状を改善させる大きな妨げとなってしまいます。緑内障の症状を緩和させるためには、やはり食事から身体に必要な栄養をしっかり摂ることが大切ですから、不規則な食生活を見直し、栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけていかなければなりません。

また、運動や睡眠といった基本的な生活習慣が乱れている場合も同様です。運動不足や睡眠不足を解消することで緑内障を進行しにくい状態にしていくことができますので、これまでの生活習慣を見直していく努力を怠らないようにしましょう。

緑内障の禁忌についてもしっかり理解を

その他、緑内障においては眼圧を上昇させてしまう恐れのある禁忌となる行為がいくつかあります。普段の生活においても、緑内障の禁忌が関係していることがあるので、自分自身の生活習慣と照らし合わせてみるようにしましょう。

例えば、就寝時にうつ伏せの状態になって寝る、という皆さんは多いかと思いますが、長時間うつ伏せの状態を続けていると眼圧が高くなってしまうため、緑内障を発症している場合は禁忌となっています。必ずしも眼圧が高くなるというわけではありませんが、急激に眼圧が高くなった場合は発作を引き起こす恐れもあるので大変危険です。目の健康を守るためにも、うつ伏せで寝ることは避けておきましょう。

また、暗い場所で作業をすること、目を酷使すること、禁忌薬と呼ばれている薬を服用することも避けながら生活を送ることが必要です。普段の生活において緑内障の禁忌と呼ばれている行動を取っていないか、しっかり注意しておくようにしましょう。