緑内障の予防や改善に効果的な生活を

誰が発症してもおかしくない緑内障、予防や改善に効果的な生活を

誰が発症してもおかしくない「緑内障」

緑内障は眼圧が高い人だけが発症する病気ではありません。生活習慣病の一つでもあるため、誰が発症してもおかしくない病気とも見ることができます。年齢層としては40代以上に多く発症すると考えられていますが、近年では20代や30代の皆さんでも緑内障を発症するケースが増えてきていますので、若年層の皆さんも注意が必要です。緑内障にならないよう予防するためにも、普段の生活習慣で見直すべきところは見直し、良い方向に改善していくことを心がけていきましょう。

緑内障は一度発症すると完治することのない病気ですが、治療を受けることで現状を維持し、症状の悪化を防いでいくことができます。つまり、緑内障の症状を緩和させるために行なう治療が、緑内障の悪化を予防する役割も果たしているということです。症状が完全になくなることはないものの、眼圧を下げるなど症状を和らげることができれば、普段通りの生活を送ることも可能です。

反対に症状を放置し続けていると、最終的には失明してしまう恐れもあります。少しでも早く対処をすることが緑内障には必要ですから、早期発見・早期治療を第一に考えるようにしてくださいね。

発症後は規則正しい生活を心がけて

そして先ほども述べたように、緑内障は生活習慣が影響して発症することがある病気です。不規則な食生活や運動不足が日常化してしまっている皆さん、睡眠不足に悩まされている皆さん、疲れやストレスが溜まっている皆さんは、緑内障を発症しやすい状態となってしまっていますし、現在緑内障を発症している皆さんがこのような状態である場合は、ますます症状が悪化してしまうことが考えられます。例え治療を受けて症状を安定させていても、生活習慣に問題が見られるようであれば、治療の効果も十分に得られません。

眼科における緑内障の治療は主に点眼薬を使用して眼圧を下げることになりますが、眼圧を下げるだけではなく、皆さんが自ら眼圧が上昇しにくい状態を作っていくことが大切です。生活習慣の改善には眼圧の状態を安定させる効果が期待できますし、身体的にも精神的にも健康な生活を送ることができるようになりますから、緑内障の発症後はとにかく規則正しい生活を送るよう心がけるようにしましょう。

嗜好品、眼精疲労にも注意を

また、基本的な生活習慣の他、皆さんそれぞれに当てはまる問題点についても見つめ直してみることが大切です。例えば、普段からお酒やタバコなどの嗜好品が好きで、毎日のようにお酒を飲んでいる、タバコを吸っているという場合には、少しずつ飲む量や吸う量を減らしていくことをおすすめします。アルコールやニコチンが直接的に緑内障の原因になるわけではありませんが、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎは生活習慣病の多くに関係していますよね。緑内障を改善させる妨げになってしまうので、お酒やタバコは控えておきましょう。

その他、いつも仕事でパソコンと向き合っていて目が疲れている、という皆さんも注意が必要です。溜まった眼精疲労は緑内障の発症原因である視神経のダメージに影響してしまう恐れがあるため、できるだけ眼精疲労を溜めないようにすることも症状を改善させる一つの方法です。

もちろん、眼精疲労が溜まると緑内障がますます悪化する、といった単純な問題ではなく、間接的に影響する恐れがあるので注意が必要ということになりますが、蓄積された眼性疲労は頭痛や肩こりなど他の症状にも発展しやすいものです。健康的な身体を保つためにも、眼精疲労の慢性化にも注意しておくようにしましょう。