暗い場所での作業はなるべく避けるように

緑内障を発症したら暗い場所での作業はなるべく避けるように

眼圧を下げるための治療が大切な「緑内障」

緑内障の症状は視野が徐々に狭くなることで、最悪の場合は失明する恐れもある怖い病気です。もちろん、適切な治療を受けていれば失明の危険性も低くなりますし、症状を緩和し落ち着かせていくこともできます。緑内障の治療は主に点眼薬を使用することになりますが、眼圧が急激に高くなった場合には手術を行なうこともあります。一度発症した緑内障は完治することはなく、地道に現状を維持していくために治療を続けていくことになります。

「どうして治らないのに治療を続けるの?」と思う皆さんもいるかもしれませんが、緑内障は放置しておくことで症状はどんどん悪化してしまう病気です。その結果として失明する恐れがあるので、症状を発見したらすぐにでも治療を始めることが大切です。緑内障のタイプは様々ありますが、一般的には眼圧が上昇することが一番の原因と考えられています。眼圧が上昇することで視神経にダメージが加わり、視野が欠けてしまうのです。こうした緑内障の症状を治療するために、眼圧を下げる点眼薬を使用するというわけですね。

暗い場所での作業はなるべく避けるように

以上のような治療が必要となる眼圧が高くなるタイプの緑内障は「原発閉塞隅角緑内障」と呼ばれ、隅角という部分が塞がってしまうことで房水の流れが悪くなり、緑内障を発症してしまうと考えられています。シュレム管が目詰まりを引き起こすタイプの「原発開放隅角緑内障」とはまた違ったメカニズムで発症する緑内障ですが、実は原発閉塞隅角緑内障には「暗い場所での作業をなるべく避ける」という注意が必要とされています。

どうして原発閉塞隅角緑内障は暗い場所で作業することを避けなければならないのでしょうか?これには緑内障の発症に関係している隅角が大きな原因となっています。隅角が塞がることで発症するタイプの緑内障ですから、外的な要因によって隅角が塞がってしまうことも避けておかなければなりません。

私達の目は暗い場所にいると瞳孔が広がりますが、さらに虹彩による光の調節なども行なうため、明るい場所にいる時と目の状態は大きく変わります。暗い場所にいると黒目が大きくなるのは、瞳孔が広がっていることが関係しています。そして虹彩は光を調節する際に根元の部分が盛り上がっていきますが、この時に虹彩の根元の部分が隅角を塞いでしまうことがあるため、原発閉塞隅角緑内障を患っている皆さんは暗い場所での作業には注意が必要とされているのです。

原発閉塞隅角緑内障の急性発作

原発閉塞隅角緑内障は急性発作が起こりやすいタイプの緑内障です。眼圧が急激に高くなることで発作が起こると、目の痛みや頭痛、吐き気などの症状が現われるようになります。もし発作が起きてしまった場合は24時間以内に対処が必要となるので、すぐに眼科を受診して手術を受けるようにしましょう。頭痛や吐き気の症状などから内科を受診してしまうケースもあるのですが、目の痛みを感じている場合、既に緑内障を発症していることが分かっている場合には、緑内障の発作が起きている恐れを第一に考えるようにしてください。

原発閉塞隅角緑内障は必ずしも発作が起きるわけではありませんし、暗い場所で作業をした人全てに眼圧の急激な上昇が見られるわけでもありません。ただ、発作が起きるリスクを抱えていることは事実ですので、暗い場所での作業は緑内障における禁忌の一つと考えておくことを忘れないようにしてましょう。目の状態に注意しながら毎日の生活を送っていくよう、皆さんそれぞれで心がけてくださいね。