必要以上に目を酷使しないように気をつけて

緑内障に疲れは禁物!必要以上に目を酷使しないように気をつけて

様々な要因が重なって発症する「緑内障」

「緑内障」は目の病気の中でも発症率の高い病気として知られています。別名では「目の成人病」とも呼ばれていることから、普段の生活習慣が影響して発症するとも考えられ、不規則な生活が要因となって緑内障を発症しているケースも少なくありません。緑内障の直接的な原因は視神経へのダメージですが、視神経にダメージを加える要因としては眼圧が高くなることが関係していると考えられています。

しかし、これはごく一般的な見解で、眼圧が高くなっていない場合でも発症するタイプの緑内障もあるため、眼圧の上昇だけが緑内障の大きな原因というわけではありません。様々な要因が重なることで視神経が傷つきやすくなり、その結果として緑内障が発症してしまうのです。緑内障の発症に関わる間接的な要因は非常に多くあるので、皆さんが送っている生活の中にも緑内障を発症するリスクは隠されているかもしれません。

眼圧の数値だけを見るのではなく、他方から目の状態を見ることが大切なので、少しでも不安があればまずは眼科を受診するようにしましょう。眼科では眼圧測定はもちろん、視野検査や眼底検査など様々な検査によって緑内障を診断することができるようになっています。予防のためにも定期的な検査を心がけてくださいね。

緑内障における禁忌や注意点にも目を向けて

また、既に緑内障を発症後である場合は、禁忌や注意点にも目を向けておかなければなりません。ここで言う「禁忌」とは簡単に言えば「してはいけない行動」ということで、緑内障を発症している状態である行動を取ると、より緑内障の症状が悪化してしまう恐れがあるものです。直截的に緑内障の悪化に繋がる禁忌もあれば、直截的ではないにしても目の健康を守るための注意点もありますが、どちらにせよ目に良い影響を与えていないことは事実です。

禁忌や注意点についての理解が低い場合は、しっかり治療を受けていても生活していく上で目に負担をかけてしまっていることが考えられるため、非常に危険です。緑内障を発症している場合は、医師の指示に従って治療を続けていくだけではなく、禁忌や注意点についての話をよく聞き、自ら考えていくことも忘れないようにしておきましょう。

必要以上に目を酷使しないように

中でも緑内障を発症した目を酷使し続けると、ますます緑内障が進行しやすい状態を作り出してしまうことがあるので注意が必要です。視野が欠けていく病気である緑内障は、目を酷使することによる眼精疲労、血行不良などが要因となっても発症すると考えられていますから、緑内障を発症後は目を疲れさせない生活を心がけることが大切です。緑内障の目に疲れは禁物ですし、現在は緑内障を発症している心配がない皆さんでも、眼精疲労や血行不良が影響して緑内障予備軍となってしまうことも少なくありません。

眼精疲労や血行不良は、眼圧に関係なくダメージを受けやすい視神経の状態にしてしまうため、眼圧が低い場合でも視神経は傷つきやすくなっています。その状態が長く続くことで緑内障も徐々に進行していってしまうので、目を疲れさせないようにすること、血流を改善することが重要となっているのです。

緑内障の予防も交えてお話ししましたが、緑内障を発症している目は予防段階よりも注意しておかなければなりません。緑内障は現状維持がカギとなる病気です。必要以上に目を酷使して症状が悪化することのないよう、普段の生活を送る上で目を休めるクセをつけたり、目のエクササイズなどで血行不良を改善したり、皆さん自身で眼精疲労対策を行なっていきましょう。