緑内障における禁忌と注意

記事一覧

眼圧に関係なく注意は必要!眼圧が正常値でも進行の恐れはあるもの

眼圧が上昇する以外にも緑内障発症の要因が

「緑内障」というと眼圧が上昇することで症状が進行していく病気である、という認識が一般的ですが、近年では眼圧が上昇していない場合でも緑内障を発症するケースが増えてきています。「正常眼圧緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障で、眼圧が正常値であるにもかかわらず視神経がダメージを受け、結果的に緑内障を発症し、視野が狭くなってしまうという特徴が見られます。

緑内障は決して眼圧の数値だけが関わっている病気ではなく、様々な要因が重なって発症する病気なので、もし眼圧が正常値である場合にも緑内障になってしまうことはありますし、発症後についても眼圧が上昇していない状態である場合に症状が進行してしまうこともあるものです。眼圧以外の要因にも目を向けておくことも緑内障における注意点ですから、正常眼圧緑内障を患っている皆さんも、まずは適切な治療によって緑内障の症状を安定させていきましょう。

「正常眼圧緑内障」に関する注意点

ただし、正常眼圧緑内障も基本的には点眼薬を使用して眼圧を下げる治療を行なっていきます。眼圧は正常値であるものの、少し高くなっただけでも視神経へダメージが加わってしまうので、眼圧をさらに下げてダメージを減らしていくのです。このような治療を行なうことで緑内障の進行を妨げ、症状を安定させていくことができます。

また、治療を受けるだけではなく、視神経をダメージの受けにくい状態にしていくために様々な改善法を試してみることもおすすめです。正常眼圧緑内障の発症要因としては、慢性的な眼精疲労、過度なストレス、血行不良、不規則な生活習慣などが挙げられますので、こうした問題点を見直すことで症状の進行を抑えていくことが必要です。もちろん、眼精疲労やストレスが直截的に緑内障の原因となっているわけではありません。日頃から抱えている眼精疲労やストレスによって視神経が傷つきやすくなってしまっていることから、緑内障を発症しやすい状態にもなってしまうというメカニズムをよく覚えておきましょう。

眼精疲労やストレスを抱えていても緑内障にかからない人はいますし、非常に視力が低い「強度近視」である皆さんは眼精疲労やストレスに関係なく、網膜が薄くなっていることが要因となって緑内障にかかりやすいと考えらえています。そのため、眼圧が正常値であっても緑内障を発症する確率が高くなってしまうのです。

緑内障の進行を避けることが必要不可欠

このように、緑内障は眼圧の上昇に限らず、様々な要因によって発症・進行していきます。正常眼圧緑内障を患っている皆さんは、まず眼科での治療をしっかり受けること、そして症状を進行させやすくする要因とされている眼精疲労やストレスを緩和させ、緑内障の進行を予防していきましょう。

緑内障は発症すると完治することのない病気ですし、症状が進行していくにつれて失明するリスクも高まっていきます。必ずしも失明するわけではありませんが、発症した以上リスクは少なからずあるものと考えておきましょう。失明のリスクを低くするためには、やはり緑内障の進行を避けることが必要不可欠です。眼科での治療も症状の悪化を防ぐためのものですから、皆さんそれぞれの緑内障の症状に合った治療を続けていきましょう。

完治することのない緑内障は生涯付き合っていかなければならない病気ですが、症状を安定させることができれば日常生活も問題なく送ることができます。ただ緑内障は生活習慣も症状の進行に関わっていますので、不規則な生活を見直し、健康的な生活を送るよう一人一人が心がけていくようにしてくださいね。

緑内障を発症しても神経質にならないで、気分転換を心がける大切さ

まずは念のための検診が重要な「緑内障」

目の病気には様々なものがありますが、中でも発症率が高いと言われているのが「緑内障」です。緑内障は視野が徐々に欠けていく病気で、最悪の場合は失明する恐れもあり、早めの対処が重要とされています。一度発症すると完治することもなく、治療に関しても現状を維持していくために行なわれていきますから、緑内障は完全には治ることがない、ということをしっかり理解しておくことが必要となります。

また、緑内障は自覚症状が見られない病気でもあるため、症状を発症していることに気付かず、早めの対処ができないことも少なくありません。特に初期の段階では自分自身が緑内障であることに気付かないことから、症状を放置してしまうケースが多く見られています。この状態のまま放置し続けていると、先ほども述べたように失明する恐れがあるので、早期のうちに発症していることに気付くためにも、眼科で定期的に検診を受けるなどの予防が大切です。

今はまだ緑内障の心配がない、自分が緑内障になることはない、と感じている皆さんも、念のために眼科で検診を受けることをおすすめします。知らず知らずのうちに進行していく病気が緑内障です。自覚症状がないからこそ注意が必要なので、まずは定期的な検診から予防を始めていきましょう。

発症後は悪化しないよう努めることが大切

このように、緑内障はまずしっかり予防することが大切ですが、既に緑内障を発症している皆さんは、これ以上緑内障の症状が悪化しないよう努めることが第一となります。眼科での治療を受けることはもちろん、皆さん自身でできる改善法を実践していくことで、緑内障が進行しにくい状態に変えていくことができます。一度失った視野を取り戻すことはできませんが、症状の悪化は防ぐことができますから、緑内障を発症したらただ治療を受けるだけではなく、自分自身でできることについても考えていくようにしましょう。

緑内障という病気には生活習慣の問題も大きく関わっているので、これまでの生活習慣を見直してみる改善法も実践する必要がありますし、元々「緑内障気質」である皆さんは自分自身の性格についても見つめ直してみることが大切です。緑内障気質とは、性格上緑内障にかかりやすいとされる特徴のことで、真面目で几帳面な性格である皆さんが当てはまると考えられています。

普段から何事にも真面目に取り組み、几帳面に物事を考えることが多い皆さんは緑内障を発症しやすいだけではなく、緑内障を発症後にもついつい神経質になりがちなので注意しておかなければなりません。

神経質にならず気分転換を心がけて

緑内障という病気には「禁忌」と呼ばれる注意事項がありますが、緑内障気質の皆さんは禁忌について神経質になりすぎてしまう傾向があります。禁忌とは「○○してはいけない」ということですから、注意しておくべきことなので多少が神経質になることも必要であはあるものの、あまり神経質になりすぎてしまうとかえって皆さんはストレスを感じてしまいますよね。

ストレスは緑内障の発症要因の一つとしても考えられていますし、発症後に過度なストレスを感じることで症状がますます悪化してしまうこともあるものです。症状の悪化を防ぐためにはもちろんのこと、これを機会に自分自身の性格や考え方の傾向を見つめ直してみるようにしましょう。

緑内障は禁忌を犯さないよう神経質になることで症状が改善される病気ではありません。むしろ気持ちを軽くするために気分転換を心がけることが大切です。緑内障は完治することがないので、皆さんは治療を続けながら生涯を共にすることになります。この先病気と上手く付き合っていくためにも、緑内障の捉え方を変えてみると良いでしょう。

薬の使用・服用後に現われる緑内障の症状は副作用による影響が

「緑内障」を発症したことによるリスク

一般的に「緑内障」は眼圧が高くなることで発症する病気です。もちろんただ眼圧が高くなること自体が緑内障の症状ではなく、眼圧の上昇によって視神経がダメージを受けることで、視野が欠けてしまうという症状が緑内障の特徴となります。視野が欠けてしまう、ということは視野の一部分が見えにくくなるということで、症状が進行するにつれて見えにくい部分も増えていってしまいます。

その結果、失明してしまう恐れもあるため、早めの対処が必要な病気でもあります。失明という結果は最悪のケースではありますが、緑内障を発症した以上は失明のリスクを抱えていることをよく理解しておかなければなりません。

そのリスクを避けるためには、やはり緑内障を発症しないようしっかり予防をしておくこと、緑内障を発症してしまっても早期発見・早期治療を心がけることが重要となっています。特に緑内障の発症後はすぐに治療を始めることで、症状の進行を妨げることができますから、視野がこれ以上欠けてしまうこともなく、現状を維持することが可能です。

ただし、一度失ってしまった視野が回復することはありません。現代の医療では、緑内障によって失った視野を取り戻すことは不可能なので、治療では症状の進行を抑えることが目的となります。緑内障の治療を受ける際にはこうした注意点も理解しておくようにしましょう。

薬の使用や服用によって発症するタイプの緑内障

また、緑内障は様々な要因によって発症するため、自分自身の緑内障がどのようなメカニズムで発症しているのか、というポイントについても考えておく必要があります。眼圧が高くなるタイプの緑内障もあれば、眼圧が正常な場合にも発症する緑内障もありますし、薬の使用や服用によって発症するタイプの緑内障も実際に見られていますから、どのようなメカニズムで自分は緑内障になったのか、といったことについても目を向けてみるようにしましょう。

特に薬の使用や服用によって発症するタイプの緑内障には、薬の副作用として緑内障の症状が現れていることが考えられます。つまり、副作用が現れたことで緑内障を発症してしまったため、緑内障発症のメカニズムの原因は使用した薬、服用した薬にあるというわけです。

薬の副作用による緑内障の発症はそれほど多くはありませんが、市販されている総合風邪薬やアレルギー薬の服用、点眼薬や塗り薬などの軟膏の使用によって緑内障を発症することがあります。急激に症状が現われる場合もあれば、慢性的に症状が進行する場合もあるため、同じ副作用による発症にしてもケースによって様々です。目の状態が少しでもおかしいと感じたら、すぐに眼科を受診しましょう。

緑内障には「禁忌薬」も

このように、薬の副作用によって緑内障が発症することがありますが、緑内障を既に発症している場合にも、薬の使用や服用に注意が必要となっています。緑内障の「禁忌薬」とも呼ばれているため、発症後に薬を使用したり服用したりすることで、症状が悪化してしまう恐れがあり大変危険です。

代表的な禁忌薬としては、炎症を抑える効果のある「ステロイド剤」や「抗コリン」作用のある薬です。抗コリン作用のある薬は上記で挙げたような総合風邪薬、花粉症などのアレルギー薬、点眼薬にも含まれていることが多いので、薬に含まれている成分には十分に注意しておきましょう。

禁忌薬の使用や服用を避けるためには、市販薬の成分はしっかり調べてから使用・服用すること、市販薬は医師に相談してから使用・服用すること、病院で薬を処方してもらう時にはお薬手帳を持参することなど、薬に関する注意点も頭に入れておくようにしましょう。

普段からメガネをかけている場合はこまめな視力変化のチェックを

近視の状態は「緑内障」にかかりやすい?

一般的に近視の状態は「緑内障」にかかりやすいと考えられています。特に眼圧が高くない場合でも、近視であることが要因となって視神経がダメージを受けやすくなっており、結果的に緑内障を発症してしまうことがあるのです。このタイプの緑内障は、眼圧が正常値でも発症することから「正常眼圧緑内障」と呼ばれています。

緑内障は眼圧が上昇することで発症する、という特徴がある病気ですが、正常眼圧緑内障のように例外もあるので、もし眼圧が正常値であっても緑内障になる恐れは誰にでもある、ということをよく覚えておくようにしましょう。中でも近視である皆さんは、正常眼圧緑内障を発症しやすくなっていますので、定期的に検診を受けて目の状態をチェックしておくことをおすすめします。

緑内障は年齢が高くなるにつれて発症率が高くなるため、目安としては40代以上になったら定期的な検診を受けることを心がけておくことが大切です。初期段階では自覚症状もないので、皆さん個人では緑内障を発症しているかどうかを判断することは難しいのですが、検診を受けていれば目の状態がどのように変化しているかも分かりますし、眼圧だけではなく視野までしっかり診断してもらうことができます。眼圧だけで緑内障の症状を判断するわけではないので、眼科の医師の指示に従って必要ような検診を受けるようにしましょう。

近視の場合はこまめな視力のチェックも忘れずに

また、近視の皆さんの中にはメガネをかけている方々、コンタクトレンズを使用している方々がほとんどかと思いますが、今使用しているメガネやコンタクトレンズの度はしっかり合っているでしょうか?もし少しでもズレを感じているようであれば、再度視力検査を行なってみてください。

と言うのも、合わないメガネやコンタクトレンズを使っていると、よく見えているつもりでも目は疲れやすくなってしまっています。その疲れが慢性化すると大きな負担となり、緑内障の発症要因ともなりかねません。先ほども挙げた正常眼圧緑内障の発症には眼精疲労が関わっていることも少なくないので、現在自分の目に合わないメガネやコンタクトレンズを使っているという皆さんは、緑内障の検査だけではなく、視力検査も受けてみるようにしましょう。

もし視力検査の結果によって新しいメガネやコンタクトレンズが必要となるようであれば、迷わず新しいものに変えてください。緑内障の発症を防ぐためにはもちろん、既に緑内障を発症している皆さんにとってもこうした心がけが重要となっています。

これから使っていくメガネやコンタクトについて

緑内障を発症した要因が近視であると考えられる場合、症状を治療することの他、これから使っていくメガネやコンタクトレンズのこともよく考えておかなければなりません。目が疲れることのないよう、自分の目にあったメガネやコンタクトレンズに変えること、こまめに視力検査を受けること、近視である以外に緑内障の発症要因となり得る問題点はないかチェックすることなど、緑内障の発症後にも気をつけるべきことはたくさんあります。

こうした問題については緑内障を発症してしまったからこそ気付けることでもあるので、これ以上目に負担をかけないようにするためにも、視力とメガネやコンタクトの関係性をより良いものに変えていきましょう。目が疲れないようになれば緑内障も悪化しにくく、現状を維持することができるようになります。

ただし、緑内障は治療をしても完治する病気ではないので、一度失ってしまった視野は取り戻せません。とは言え、治療や改善法を続けていくことで状態は安定していくので、視力チェックも一つの治療法の一つとして視野に入れておくようにしましょう。

これって緑内障には禁忌なの?何か不安があればすぐに医師に相談を

緑内障発症後の治療は根気よく続けて

自覚症状がないことで有名な「緑内障」という病気は、徐々に視野が欠けていく症状が現れます。つまり、症状が進行していくにつれて見える部分が少なくなるため、最終的には失明してしまう恐れもある非常に怖い病気でもあります。もちろん、緑内障を発症した人全てが失明するわけではありませんし、視野がそれほど欠けていない段階で治療を始めることができれば、将来的に見える視野も広くなりますから、まずは早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

そのためにも眼科で定期的な検診を受けること、少しでも不安があれば医師に相談することを頭に入れておきましょう。症状が現れているにもかかわらず放置し続けると、取り返しのつかない状態になってしまいますから、何事も早めに対処することを第一に考えるようにしてください。

緑内障は完治することはありませんが、適切な治療を受けることで症状の悪化を防いでいくことができます。眼圧の状態も安定してきますし、普段通りの生活を送ることも可能です。発症後も変わらない生活を続けていきたいのであれば、医師の指示をしっかり聞いて治療を根気良く続けていくことから始めていきましょう。

緑内障の直接的な禁忌、間接的な注意点

また、発症後には緑内障の「禁忌」にも注目しておくことが必要です。緑内障を発症したことをきっかけに、皆さんには禁忌となってしまうことがいくつかあります。禁忌薬を服用してはいけない、うつ伏せの姿勢で寝てはいけない、暗い場所で作業をしては行けないなど、緑内障患者である皆さんに向けた禁忌がありますので、治療を続けながら禁忌を犯さないよう注意を払っておくことも忘れないようにしてください。

その他、禁忌という程のものではなくても、緑内障の発症後には十分に注意しておくべきこともあります。例えば、慢性的な眼精疲労は直接的に緑内障の発症に繋がるわけではありませんが、緑内障が進行しやすい状態となってしまっているため、緑内障を発症後の眼精疲労はさらに症状を悪化させてしまう危険性があります。

眼精疲労だけではなく、慢性的なストレス、睡眠不足、運動不足、血行不良といった問題についても、同様に緑内障を悪化させてしまう危険があると考えられています。緑内障の発症後は直接的に関わっている禁忌だけではなく、間接的に関わっている注意点についても目を向けておくようにしましょう。

これって緑内障には禁忌なの?と感じたら

このように、緑内障という病気は禁忌や注意点に気をつけておかなければなりませんが、どれが禁忌でどれが禁忌ではないのかよく分からない・・・と感じている皆さんも多いかと思います。個人で判断しづらいものですし、個人の判断によって勝手に決めて良いことでもありませんので、困った時にはまず医師に相談してみることをおすすめします。

「もしかしてこれって緑内障には禁忌なの?」と思うことがあれば、かかりつけの眼科を受診し、医師に尋ねてみるようにしましょう。もし皆さんが気になっていたことが禁忌であればこれからは避けるべきですし、もし禁忌ではなくても注意しておくべきことであった場合には、生活していく上で目に負担がかからないよう気をつけていくことが必要となります。

ただし、禁忌や注意点ばかりに気を取られていると、かえってストレスを感じやすくなってしまうこともあるので、あまり神経質になり過ぎないようにすることも心がけてください。緑内障になりやすい人は「緑内障気質」と言われ、真面目で几帳面な人が多いと考えられています。発症後はこのような性格を見つめ直すことも改善法の一つとされていますから、禁忌や注意点について重く考え過ぎない、ということにも気をつけておきましょう。

禁忌薬の危険を防ぐ!処方された薬はお薬手帳での管理を忘れずに

「緑内障」という病気の危険な点

「緑内障」という目の病気には危険な点がいくつかあります。まず1つ目は「自覚症状が見られない」ということです。初期段階ではほとんど症状がなく、患者自身が「自分は緑内障である」と気付くことは非常に稀です。また症状が進行しても放置してしまうkとが多く、知らず知らずのうちに悪化してしまっていることも少なくありません。気付いた頃にはかなり悪い状態になっていた、ということも考えられるので、定期的な検査での予防が重要となっています。

2つ目は症状を放置しておいた際の「失明のリスク」です。自覚症状がないことから、少しおかしいと感じても症状を放っておいてしまうことがありますが、そこには皆さんの目が将来的に見えなくなってしまう、というリスクがあります。緑内障の対処は早期発見が基本ですので、少しでも目の不調を感じたらすぐに眼科を受診しましょう。理想としては先に挙げたように定期的に検査を受けることになりますが、自分自身で感じることがあれば迷わず眼科の医師に相談するようにしてください。

そして、緑内障は「完治することがない」という特徴も持っています。これが3つ目になりますが、一度発症すると完全には治すことができないのが緑内障という病気です。治療は行なうものの、緑内障の治療は完治を目指すためのものではなく、症状を少しでも抑えていくためのものです。症状がこれ以上悪化することを防ぐための治療なので、その点をよく理解しておくことも必要です。

緑内障の「禁忌」って?

このように、緑内障には危険な点がいくつかありますが、もうひとつ「禁忌」についても見ておくことにしましょう。緑内障には「禁忌」としてしてはいけない行動があります。例えば、うつ伏せの状態で寝ると眼圧が高くなるので、緑内障を発症している場合は就寝時にうつ伏せになることは危険なこととされていますし、暗い場所に行くと隅角が塞がってしまう恐れがあるので、「原発閉塞隅角緑内障」を患っている場合は暗い場所で作業を行なうことも禁忌と言われています。

眼圧の変化や目の状態の変化に関わる問題であるため、禁忌を犯すと緑内障の悪化に繋がりやすくなるのです。特に隅角が塞がってしまうと「急性緑内障」の発作を引き起こす恐れもあるので、原発隅角緑内障である皆さんは十分に注意しておきましょう。

病院を受診する時はお薬手帳を忘れずに

また、行動としての禁忌だけではなく「禁忌薬」として、緑内障発症後に服用してはいけない薬もあります。代表的なものとしては炎症を抑える働きのある「ステロイド剤」、風邪薬や花粉症薬など「抗コリン」作用がある薬が挙げられますが、どちら服用することで眼圧を上昇させてしま恐れがあると見られています。つまり、緑内障の悪化に繋がってしまう恐れがあるということなので、禁忌薬として扱われているというわけです。

こうした禁忌薬の服用を避けるためには、まず処方された薬を「お薬手帳」でしっかりと管理しておくことが重要となります。眼科で処方してもらった薬、内科で処方してもらった薬、歯科で処方してもらった薬など様々あるかと思いますが、処方された薬に含まれているは全てお薬手帳に記しておくことが必要となります。処方箋をお願いする薬局に提示することで記入してもらうことができるので、病院を受診する際には必ずお薬手帳を持参することを忘れないようにしておきましょう。

万が一、禁忌薬を処方されそうになったとしても、眼科で処方してもらっている緑内障の点眼薬などの情報が分かれば、病院側でチェックすることができますから、自分自身の目の安全を守るためにもお薬手帳はいつも鞄に入れておくなど、分かりやすい場所に保管しておくと良いでしょう。

誰が発症してもおかしくない緑内障、予防や改善に効果的な生活を

誰が発症してもおかしくない「緑内障」

緑内障は眼圧が高い人だけが発症する病気ではありません。生活習慣病の一つでもあるため、誰が発症してもおかしくない病気とも見ることができます。年齢層としては40代以上に多く発症すると考えられていますが、近年では20代や30代の皆さんでも緑内障を発症するケースが増えてきていますので、若年層の皆さんも注意が必要です。緑内障にならないよう予防するためにも、普段の生活習慣で見直すべきところは見直し、良い方向に改善していくことを心がけていきましょう。

緑内障は一度発症すると完治することのない病気ですが、治療を受けることで現状を維持し、症状の悪化を防いでいくことができます。つまり、緑内障の症状を緩和させるために行なう治療が、緑内障の悪化を予防する役割も果たしているということです。症状が完全になくなることはないものの、眼圧を下げるなど症状を和らげることができれば、普段通りの生活を送ることも可能です。

反対に症状を放置し続けていると、最終的には失明してしまう恐れもあります。少しでも早く対処をすることが緑内障には必要ですから、早期発見・早期治療を第一に考えるようにしてくださいね。

発症後は規則正しい生活を心がけて

そして先ほども述べたように、緑内障は生活習慣が影響して発症することがある病気です。不規則な食生活や運動不足が日常化してしまっている皆さん、睡眠不足に悩まされている皆さん、疲れやストレスが溜まっている皆さんは、緑内障を発症しやすい状態となってしまっていますし、現在緑内障を発症している皆さんがこのような状態である場合は、ますます症状が悪化してしまうことが考えられます。例え治療を受けて症状を安定させていても、生活習慣に問題が見られるようであれば、治療の効果も十分に得られません。

眼科における緑内障の治療は主に点眼薬を使用して眼圧を下げることになりますが、眼圧を下げるだけではなく、皆さんが自ら眼圧が上昇しにくい状態を作っていくことが大切です。生活習慣の改善には眼圧の状態を安定させる効果が期待できますし、身体的にも精神的にも健康な生活を送ることができるようになりますから、緑内障の発症後はとにかく規則正しい生活を送るよう心がけるようにしましょう。

嗜好品、眼精疲労にも注意を

また、基本的な生活習慣の他、皆さんそれぞれに当てはまる問題点についても見つめ直してみることが大切です。例えば、普段からお酒やタバコなどの嗜好品が好きで、毎日のようにお酒を飲んでいる、タバコを吸っているという場合には、少しずつ飲む量や吸う量を減らしていくことをおすすめします。アルコールやニコチンが直接的に緑内障の原因になるわけではありませんが、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎは生活習慣病の多くに関係していますよね。緑内障を改善させる妨げになってしまうので、お酒やタバコは控えておきましょう。

その他、いつも仕事でパソコンと向き合っていて目が疲れている、という皆さんも注意が必要です。溜まった眼精疲労は緑内障の発症原因である視神経のダメージに影響してしまう恐れがあるため、できるだけ眼精疲労を溜めないようにすることも症状を改善させる一つの方法です。

もちろん、眼精疲労が溜まると緑内障がますます悪化する、といった単純な問題ではなく、間接的に影響する恐れがあるので注意が必要ということになりますが、蓄積された眼性疲労は頭痛や肩こりなど他の症状にも発展しやすいものです。健康的な身体を保つためにも、眼精疲労の慢性化にも注意しておくようにしましょう。

緑内障に疲れは禁物!必要以上に目を酷使しないように気をつけて

様々な要因が重なって発症する「緑内障」

「緑内障」は目の病気の中でも発症率の高い病気として知られています。別名では「目の成人病」とも呼ばれていることから、普段の生活習慣が影響して発症するとも考えられ、不規則な生活が要因となって緑内障を発症しているケースも少なくありません。緑内障の直接的な原因は視神経へのダメージですが、視神経にダメージを加える要因としては眼圧が高くなることが関係していると考えられています。

しかし、これはごく一般的な見解で、眼圧が高くなっていない場合でも発症するタイプの緑内障もあるため、眼圧の上昇だけが緑内障の大きな原因というわけではありません。様々な要因が重なることで視神経が傷つきやすくなり、その結果として緑内障が発症してしまうのです。緑内障の発症に関わる間接的な要因は非常に多くあるので、皆さんが送っている生活の中にも緑内障を発症するリスクは隠されているかもしれません。

眼圧の数値だけを見るのではなく、他方から目の状態を見ることが大切なので、少しでも不安があればまずは眼科を受診するようにしましょう。眼科では眼圧測定はもちろん、視野検査や眼底検査など様々な検査によって緑内障を診断することができるようになっています。予防のためにも定期的な検査を心がけてくださいね。

緑内障における禁忌や注意点にも目を向けて

また、既に緑内障を発症後である場合は、禁忌や注意点にも目を向けておかなければなりません。ここで言う「禁忌」とは簡単に言えば「してはいけない行動」ということで、緑内障を発症している状態である行動を取ると、より緑内障の症状が悪化してしまう恐れがあるものです。直截的に緑内障の悪化に繋がる禁忌もあれば、直截的ではないにしても目の健康を守るための注意点もありますが、どちらにせよ目に良い影響を与えていないことは事実です。

禁忌や注意点についての理解が低い場合は、しっかり治療を受けていても生活していく上で目に負担をかけてしまっていることが考えられるため、非常に危険です。緑内障を発症している場合は、医師の指示に従って治療を続けていくだけではなく、禁忌や注意点についての話をよく聞き、自ら考えていくことも忘れないようにしておきましょう。

必要以上に目を酷使しないように

中でも緑内障を発症した目を酷使し続けると、ますます緑内障が進行しやすい状態を作り出してしまうことがあるので注意が必要です。視野が欠けていく病気である緑内障は、目を酷使することによる眼精疲労、血行不良などが要因となっても発症すると考えられていますから、緑内障を発症後は目を疲れさせない生活を心がけることが大切です。緑内障の目に疲れは禁物ですし、現在は緑内障を発症している心配がない皆さんでも、眼精疲労や血行不良が影響して緑内障予備軍となってしまうことも少なくありません。

眼精疲労や血行不良は、眼圧に関係なくダメージを受けやすい視神経の状態にしてしまうため、眼圧が低い場合でも視神経は傷つきやすくなっています。その状態が長く続くことで緑内障も徐々に進行していってしまうので、目を疲れさせないようにすること、血流を改善することが重要となっているのです。

緑内障の予防も交えてお話ししましたが、緑内障を発症している目は予防段階よりも注意しておかなければなりません。緑内障は現状維持がカギとなる病気です。必要以上に目を酷使して症状が悪化することのないよう、普段の生活を送る上で目を休めるクセをつけたり、目のエクササイズなどで血行不良を改善したり、皆さん自身で眼精疲労対策を行なっていきましょう。

毎日やっていることに危険が・・・日常生活における緑内障の注意点

緑内障は視神経へのダメージを減らすことが重要

「緑内障」は自分でも知らない間に進行してしまっていることがあります。特に初期段階では自覚症状がなく、検査を受けない限り発症に気付かない、ということは決して珍しくありません。症状が自覚できるようになってきた段階では、既に症状が進行し、悪化してしまっている恐れも考えられますので、予防法としては定期的に検査を受けることが第一とされています。

「自分は大丈夫」と思っている人ほど発症の危険について考えておかなければなりませんから、不安に感じることがある皆さんはもちろん、目の状態はいたって健康だと感じている皆さんも、まずは眼科で緑内障の検査を受けましょう。

緑内障は主に眼圧が高くなることで発症すると見られていますが、近年では眼圧が正常値である場合でも緑内障を発症するケースが増加傾向にあります。これは「正常眼圧緑内障」というタイプの緑内障で、眼圧が高くないにもかかわらず、視神経がダメージを受けてしまい、結果的に視野が欠けてしまう、という症状が現れます。

ハッキリとした原因は分かっていないものの、視神経がダメージを受けやすい状態にしてしまう要因はいくつか考えられているため、正常眼圧緑内障を発症しないようにするためには、視神経へのダメージを減らすための治療や改善法を行なっていく必要があります。

日常生活における緑内障悪化の危険性

そこで皆さん自身にも始められるのが、生活習慣を改善するという方法なのですが、実は皆さんが日常生活を送っている中で緑内障の症状を悪化させてしまう危険性の高い行動があります。緑内障はただ治療を続けていれば症状が落ち着く、というわけではなく、患者本人である皆さん自身が緑内障という病気にしっかり向き合い、その上で生活習慣を見直し改善していくことが重要視されていますので、治療を受ける他皆さんそれぞれで生活を見直すなどの注意が必要です。

例えば、食生活においては栄養バランスの偏った食事を摂っていると緑内障の症状を改善させる大きな妨げとなってしまいます。緑内障の症状を緩和させるためには、やはり食事から身体に必要な栄養をしっかり摂ることが大切ですから、不規則な食生活を見直し、栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけていかなければなりません。

また、運動や睡眠といった基本的な生活習慣が乱れている場合も同様です。運動不足や睡眠不足を解消することで緑内障を進行しにくい状態にしていくことができますので、これまでの生活習慣を見直していく努力を怠らないようにしましょう。

緑内障の禁忌についてもしっかり理解を

その他、緑内障においては眼圧を上昇させてしまう恐れのある禁忌となる行為がいくつかあります。普段の生活においても、緑内障の禁忌が関係していることがあるので、自分自身の生活習慣と照らし合わせてみるようにしましょう。

例えば、就寝時にうつ伏せの状態になって寝る、という皆さんは多いかと思いますが、長時間うつ伏せの状態を続けていると眼圧が高くなってしまうため、緑内障を発症している場合は禁忌となっています。必ずしも眼圧が高くなるというわけではありませんが、急激に眼圧が高くなった場合は発作を引き起こす恐れもあるので大変危険です。目の健康を守るためにも、うつ伏せで寝ることは避けておきましょう。

また、暗い場所で作業をすること、目を酷使すること、禁忌薬と呼ばれている薬を服用することも避けながら生活を送ることが必要です。普段の生活において緑内障の禁忌と呼ばれている行動を取っていないか、しっかり注意しておくようにしましょう。

運動は続けてこそ効果が、緑内障改善には何事も持続を心がけて

緑内障を発症したらまずは眼科で治療を

視野が徐々に欠けていく病気「緑内障」。中でも40代以上の中高年層に発症しやすいと見られている病気ですが、近年では若年層の皆さんも緑内障を発症する危険性があると考えらえています。緑内障は「目の成人病」とも呼ばれているほど生活習慣との関わりが深い病気であるため、生活習慣が乱れやすい現代人は年齢に関係なく発症しやすくなってしまっているのです。まだ若いからといって緑内障発症の危険性がないとは言い切れませんので、症状が現われる前にしっかり対処し、予防していくよう心がけていきましょう。

まずは眼科で緑内障の検査を受け、目の状態をしっかりチェックしてみることから始めてみてください。眼科では緑内障の症状を調べるための様な検査を受けることができるようになっていますので、検査結果によってその後の対処を考えていきましょう。もし緑内障を発症していた場合には速やかに治療を始める必要がありますし、緑内障を発症しやすい状態である「緑内障予備軍」である場合にも、適切な方法で予防が必要となります。

完治しない病気である緑内障は、少しでも症状の悪化を防ぐことが重要な治療となりますから、症状が進行してしまうことのないよう、医師の元で治療を続けていきましょう。

緑内障の改善には何事も持続を心がけて

また、緑内障は治療を続けていくだけではなく、皆さん自身が自分なりに改善法を続けていくことも必要不可欠となっています。まずは眼科を受診して適切な治療を受けることが先決ですが、治療だけに頼らず、皆さん自身でも緑内障を改善していくための対策法を考えていかなければなりません。そしてその対策法も治療と同様に継続していかなければ効果を成さないため、緑内障を発症したら何事も続けていくという努力をすることを心に留めておきましょう。

例えば、適度な運動には眼圧を下げる効果があると考えられていますが、適度な運動を数回した程度では順調に症状を落ち着かせていくことはできませんし、運動をすることを持続せず、すぐに辞めてしまっても同様に効果を成しません。眼圧が下がったから運動を辞めても良い、というわけではなく、眼圧が下がっている状態を維持するために適度な運動を定期的に続けていくことが重要なのです。

自分のペースでできる適度な運動を

そのためにも、まずは自分に合った適度な運動を見つけなければなりません。「適度な運動」とは、運動という行為自体の効果も重要ですが、毎日皆さんが楽しみながら続けていくことができる運動でなければならないので、辛くて続けていけないような運動は向きませんし、反対にストレスがかかって眼圧を上昇させてしまうことも考えられるため、選ぶ運動の種類には注意が必要です。理想としては軽いウォーキングやランニングがおすすめですから、毎日少しでも良いので運動をする時間を作り、緑内障の症状を改善させていきましょう。

できれば毎日同じ時間に運動をする習慣をつけることがベストですが、どうしても運動することができない日があれば、その日はしっかり休むなど身体に負担をかけすぎないようにすることも忘れてはなりません。緑内障を改善するために行なっている運動がストレスになってしまっては元も子もありませんので、皆さんのペースで適度な運動を続けていきましょう。

このように、緑内障は治療を受けることの他、眼圧を下げて安定させる、という改善法も重要なものとなっています。改善法も緑内障治療の一貫として考え、毎日地道に運動を続けていく努力を心がけてみてください。

1 2 >