緑内障のセルフチェックを

発症の不安を感じたら自分でできる緑内障のセルフチェックを

自分では症状に気付きにくい「緑内障」

視野が欠けてしまう病気「緑内障」。放っておくと失明の危険性もあるので非常に怖い病気でもあります。症状が現れていることがすぐに分かれば良いのですが、自覚症状が乏しいことも緑内障の特徴です。緑内障であることが自覚できないことから、発症していることになかなか気付かず、症状を放置してしまうケースも珍しくありません。

ただ、気付きにくいとは言ってもしっかり検査をすることで緑内障を発症しているかどうかを調べることはできますし、皆さん自身でセルフチェックを行なうことも可能です。緑内障は40歳を超えるとかかりやすくなる病気なので、中高年層の皆さんはまず今すぐできるセルフチェックを試してみてはいかがでしょうか?

緑内障の簡単なセルフチェック

緑内障のセルフチェックは視野の確認をすることから始めていきます。まず自分の目から30センチほど離れた距離に右手の人差し指を立てておきます。その指を片目だけで見つめていてください。そして指を見つめた状態のまま、今度は左手の人差し指を上下に動かしたり、左右に動かしたりしてみましょう。

見つめ続けていた右手の人差し指だけではなく、動かしていた左手の人差し指もしっかり見えていたでしょうか?このセルフチェックを左右の目で片方ずつ行ないます。もし緑内障を発症している場合は左右で見え方に違いがあったり、違和感を感じたりすることがあります。

また、新聞紙を使ったセルフチェック方法でも、現在見えている視野を確認することができます。まず新聞紙1枚を大きく広げ、真ん中に印を付けておきます。その印を片方の目でじっと見つめてみましょう。その時に視野の一部が欠けて暗く見えたり、かすんで見えたりする場合は、緑内障を発症している恐れが考えられます。このセルフチェックも同じく片方ずつ行い、もし何らかの違和感を感じた場合はすぐに眼科を受診しましょう。

緑内障の検査もしっかり受けて

以上のような緑内障のセルフチェックによって今の自分が見えている視野を確認することができます。ただ、あくまでもセルフチェックということで、問題がない場合でも緑内障を発症しやすい状態であることも考えられますので、不安がある場合はこうした簡易的なチェックだけではなく、しっかり検査を受けるようにしましょう。

眼科では眼圧検査、眼底検査、視野検査など様々な検査を受けることによって緑内障であるかどうか診断してもらうことができます。自覚症状のない病気ですから、やはり検査を受けて始めて自分が緑内障であることに気付く人も少なくありません。自分で気付けないことだからこそ、検査を受けてハッキリとさせる必要があるので、緑内障の心配がある場合は検査を受けることを第一に考えるようにしましょう。

また、緑内障の検査は一度受けるだけではなく、定期的に受けることが重要です。もし検査を受けた際に問題がないとしても、緑内障は徐々に進行していく病気であるため、数ヶ月後や数年後にはまた状態が変化していることがあります。こうした病気の特徴についてもよく理解しておくことが大切ですから、眼科には定期的に通い、緑内障の検査を受けてその都度結果を確認するようにしましょう。

規則正しい生活習慣を送るように

その他、緑内障は生活習慣とも関わりの深い病気です。もし普段の生活習慣が不規則である場合には、皆さん自身で緑内障になりやすい状態を作ってしまっている恐れがあります。眼科で検査を受けることはもちろん、自分自身で緑内障を予防するためには規則正しい生活習慣を送ることを心がけることも忘れないようにしましょう。食生活、運動、睡眠といった基本的な習慣から、ストレスや疲れを溜めないようにする、身体が冷えないようにするなど、健康的な生活を目指していくと良いでしょう。