「原発閉塞隅角緑内障」は目が痛むことも

頭痛や吐き気、目の痛みを伴うこともある「原発閉塞隅角緑内障」

40歳以上の女性は注意!「原発閉塞隅角緑内障」

最近視野が狭くなってきた、目が見えにくくなってきた、などと感じることはありませんか?このような症状を眼精疲労のせいだと思っている皆さんも多いかと思いますが、実際にには「緑内障」を発症していることも考えられるので注意が必要です。緑内障とは視野が欠けてしまう病気のことで、主に眼圧の高さが上昇することで発症します。”主に”と付けたのは、緑内障の中には眼圧が高くない場合でも発症する「正常眼圧緑内障」などのタイプもあるため、必ずしも眼圧の高さだけが緑内障発症の原因とは考えられていないからです。

ただ、以前から中高年の皆さんには眼圧が上昇することによる緑内障の症状が見られるため、40歳以上の皆さんは定期的に検診を受けるなどして緑内障の発症を予防していくことが必要です。特に40歳以上の女性は「原発閉塞隅角緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障の発症率が高く、急な発作が起きるケースもあるので十分に注意しておきましょう。ここからは原発閉塞隅角緑内障の症状や対処法について見ていきたいと思います。

「原発閉塞隅角緑内障」は発作が起きることも

原発性の緑内障は大きく2つに分類されます。1つは「原発開放隅角緑内障」もう1つは「原発閉塞隅角緑内障」です。どちらも原発性の緑内障ですが、原発開放隅角緑内障は「シュレム管」と呼ばれる部位が目詰まりを起こすことによって発症するタイプの緑内障で、原発閉塞隅角緑内障とはまた違った発症メカニズムとなっています。原発閉塞隅角緑内障は、隅角と呼ばれる部分が狭くなり房水の流れが悪くなってしまうことが原因で眼圧が上昇する、というメカニズムで現われる緑内障です。

先に挙げた原発開放隅角緑内障に比べて眼圧の上昇傾向も強く、場合によっては「急性緑内障」となり、発作が起きる危険性もあると考えられています。急性緑内障は目の痛み、頭痛、吐き気、胃痛、視力低下などの症状が発作的に起こり、対処を誤ると失明してしまう恐れもあり大変危険です。緑内障はどのようなタイプの症状でも放置しておけば失明の危険性がある病気ですが、急性緑内障の場合は24時間以内の対処がカギとなっていますので、もし発作が現れたらすぐに眼科を受診し、手術を行なうことが必要となります。

手術によって房水の流れを改善させ、眼圧を下げることで発作は治まっていきますが、緑内障は一度発症すると完治することがない病気です。失われた視野は取り戻すことができませんし、手術後も眼圧が上がらないよう治療を受け、症状の進行を抑えておかなければなりません。一緒う病気と付き合っていかなければならない、という点についてもしっかり理解しておくようにしましょう。

発症後は医師の指示に従って治療を

また、急性緑内障が発症するのではなく、元から原発閉塞隅角緑内障と診断されていた場合には、適切な治療を受けることで眼圧を下げて、視神経へのダメージを抑えておくことによって発作を予防することができるようになります。発作が起きにくい状態を保つことができれば、目の痛みや頭痛といった症状も現れませんし、普段どおりの生活を送ることができます。

もし原発閉塞隅角緑内障を発症してしまった場合は、まず医師の指示に従って治療を受け、通常の生活を送ることができる状態を保っていく努力をしましょう。少しでも異変が見られたらすぐに診てもらうなど、ちょっとした変化に気付くことも大切です。ただ、あまりに神経質になってしまうとかえって健康に良くありませんので、神経質になりすぎず、緑内障と上手く付き合っていくと良いでしょう。