緑内障によって現われる症状

記事一覧

目詰まりから引き起こる眼圧上昇「原発開放隅角緑内障」の症状は

目詰まりを引き起こす「原発開放隅角緑内障」

眼圧の異常は「緑内障」が発症する大きな原因となっていますが、眼圧には問題がなく、数値が正常である場合にも緑内障を発症する危険性があります。これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれる症状で、近年患者数が増加傾向にあると見られています。眼圧の上昇によって引き起こるタイプの緑内障には「原発閉塞隅角緑内障」がありますが、正常眼圧力緑内障は「原発開放隅角緑内障」のタイプに当てはまります。

原発開放隅角緑内障の特徴は「シュレム管」と呼ばれる部位が目詰まりを引き起こすことが大きな原因で、目詰まりによって房水の流れが悪くなることで眼圧が上昇する、という発症メカニズムとなります。原発閉塞隅角緑内障は「隅角」と呼ばれる部位が狭まってしまうことが原因とされていますが、原発開放隅角緑内障の場合は”開放隅角”という名称通り、隅角については開放されていて狭まることがないため、同じ原発性の緑内障でもそれぞれ発症メカニズムが異なることが分かります。

「原発閉塞隅角緑内障」との違いは

また、原発開放隅角緑内障に比べて原発閉塞隅角緑内障の方が急性で発症することが多く、この場合は「急性緑内障」として発作を抑えるための手術が必要となります。目の痛みや頭痛などの発作は急性緑内障によく見られることですが原発開放隅角緑内障については急性ではなく慢性的な傾向が強いため、徐々に症状が進行していくことが特徴的となっています。

緑内障は初期段階では自覚症状がない、という特徴がありますが、原発開放隅角緑内障ではこの特徴がより顕著に現れています。患者自身は緑内障という自覚を持たないものの、実際に検査を受けてみると視神経乳頭が窪んでいるなど、緑内障を発症する危険性の高い状態であることが分かるので、まずは検査を受けてみなければ現状は分かりません。

もし既に視野が狭くなってきているなどの症状が見られているようであれば、症状はかなり進行してしまっていることが考えられるので、すぐに眼科を受診するようにしましょう。緑内障は最悪の場合失明する恐れもある病気です。そのため、自覚症状が見られていない時だからこそ早めの検査による対処が必要というわけです。原発開放隅角緑内障は40代以降の中高年に多く見られる緑内障で、高齢になるにつれて発症確率はより高くなっていきます。中高年の皆さんは念のため定期的に検査を受け、緑内障の早期発見を心がけるようにしましょう。

緑内障を調べる様々な検査

では、ここからは緑内障における検査について少し見ておくことにしましょう。原発開放隅角緑内障においては、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、視野検査などの検査を受けることになりますが、特に重要となるのが眼圧検査、隅角検査、そして眼底検査です。眼圧検査では眼圧の固さを測定し、数値によって緑内障のタイプを診ることができます。

ただ、眼圧が高い場合は眼圧検査のみでは原発開放隅角緑内障か原発閉塞隅角緑内障かを判断することができないので、詳しい診断結果を診るために隅角検査が必要となります。隅角が広い場合は原発開放隅角緑内障、隅角が狭い場合は原発閉塞隅角緑内障と診断されます。

また、検査結果から眼圧や隅角に異常が見られない場合でも、正常眼圧緑内障の疑いが考えられるので、その場合は眼底検査を受けて視神経乳頭の状態を確認することが必要です。視神経乳頭に窪みが見られる場合には正常眼圧緑内障を発症している危険性が高く見られますし、緑内障の早期発見にも繋げていくことができる点が眼底検査の特徴です。緑内障が発症しやすい年代になってきた皆さんは、このような検査を定期的に受けて緑内障発症を早期の段階で気付けるようにしておきましょう。

頭痛や吐き気、目の痛みを伴うこともある「原発閉塞隅角緑内障」

40歳以上の女性は注意!「原発閉塞隅角緑内障」

最近視野が狭くなってきた、目が見えにくくなってきた、などと感じることはありませんか?このような症状を眼精疲労のせいだと思っている皆さんも多いかと思いますが、実際にには「緑内障」を発症していることも考えられるので注意が必要です。緑内障とは視野が欠けてしまう病気のことで、主に眼圧の高さが上昇することで発症します。”主に”と付けたのは、緑内障の中には眼圧が高くない場合でも発症する「正常眼圧緑内障」などのタイプもあるため、必ずしも眼圧の高さだけが緑内障発症の原因とは考えられていないからです。

ただ、以前から中高年の皆さんには眼圧が上昇することによる緑内障の症状が見られるため、40歳以上の皆さんは定期的に検診を受けるなどして緑内障の発症を予防していくことが必要です。特に40歳以上の女性は「原発閉塞隅角緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障の発症率が高く、急な発作が起きるケースもあるので十分に注意しておきましょう。ここからは原発閉塞隅角緑内障の症状や対処法について見ていきたいと思います。

「原発閉塞隅角緑内障」は発作が起きることも

原発性の緑内障は大きく2つに分類されます。1つは「原発開放隅角緑内障」もう1つは「原発閉塞隅角緑内障」です。どちらも原発性の緑内障ですが、原発開放隅角緑内障は「シュレム管」と呼ばれる部位が目詰まりを起こすことによって発症するタイプの緑内障で、原発閉塞隅角緑内障とはまた違った発症メカニズムとなっています。原発閉塞隅角緑内障は、隅角と呼ばれる部分が狭くなり房水の流れが悪くなってしまうことが原因で眼圧が上昇する、というメカニズムで現われる緑内障です。

先に挙げた原発開放隅角緑内障に比べて眼圧の上昇傾向も強く、場合によっては「急性緑内障」となり、発作が起きる危険性もあると考えられています。急性緑内障は目の痛み、頭痛、吐き気、胃痛、視力低下などの症状が発作的に起こり、対処を誤ると失明してしまう恐れもあり大変危険です。緑内障はどのようなタイプの症状でも放置しておけば失明の危険性がある病気ですが、急性緑内障の場合は24時間以内の対処がカギとなっていますので、もし発作が現れたらすぐに眼科を受診し、手術を行なうことが必要となります。

手術によって房水の流れを改善させ、眼圧を下げることで発作は治まっていきますが、緑内障は一度発症すると完治することがない病気です。失われた視野は取り戻すことができませんし、手術後も眼圧が上がらないよう治療を受け、症状の進行を抑えておかなければなりません。一緒う病気と付き合っていかなければならない、という点についてもしっかり理解しておくようにしましょう。

発症後は医師の指示に従って治療を

また、急性緑内障が発症するのではなく、元から原発閉塞隅角緑内障と診断されていた場合には、適切な治療を受けることで眼圧を下げて、視神経へのダメージを抑えておくことによって発作を予防することができるようになります。発作が起きにくい状態を保つことができれば、目の痛みや頭痛といった症状も現れませんし、普段どおりの生活を送ることができます。

もし原発閉塞隅角緑内障を発症してしまった場合は、まず医師の指示に従って治療を受け、通常の生活を送ることができる状態を保っていく努力をしましょう。少しでも異変が見られたらすぐに診てもらうなど、ちょっとした変化に気付くことも大切です。ただ、あまりに神経質になってしまうとかえって健康に良くありませんので、神経質になりすぎず、緑内障と上手く付き合っていくと良いでしょう。

眼圧が正常なのに・・・患者が急増中の「正常眼圧緑内障」の危険性

近年急増中の「正常眼圧緑内障」とは

これまで「緑内障」の発症原因には、眼圧の上昇が深く関わっていると考えられてきました。実際に眼圧が高くなることで視神経がダメージを受け、結果的に緑内障になるケースは見られていますし、治療法としてもまずは眼圧を下げることが先決とされています。

しかし、近年では眼圧に問題がなく、正常値である場合にも緑内障を発症するケースが増加してきており、必ずしも眼圧の上昇だけが緑内障を引き起こす原因とは言い切れない状況ともなっています。このような眼圧が正常でも症状を発症するタイプの緑内障を「正常眼圧緑内障」と呼びます。

その名称どおり、眼圧が正常であるにもかかわらず緑内障の症状が見られるので、一般的に見られる眼圧上昇が原因による緑内障とは症状が起きるメカニズムも異なっています。ここからは正常眼圧緑内障について詳しく見ていくことにしましょう。

正常眼圧緑内障の原因・検査

正常眼圧緑内障の原因はハッキリと解明されているわけではありませんが、視神経の血流が悪くなっていることが原因で、視神経がダメージを受けやすくなり、緑内障を発症するリスクが高い状態を作り出してしまっていることが理由として考えられています。さらに詳しく見てみると、視神経乳頭が窪んでしまうことによって視神経がダメージを受け、結果緑内障の発症に繋がってしまうと見られています。

こうした症状は、頭痛、血行不良、冷え症などを抱えていることが要因として挙げられており、普段から頭痛持ちである皆さん、血行不良で身体が冷えやすい皆さんなどは、眼圧が正常でも緑内障になりやすいと見られているのです。緑内障の検査では眼圧の検査が行なわれますが、正常眼圧緑内障では眼圧には特に異常が見られない他、隅角にも異常が見られないことが特徴なので、検査においては「眼底検査」が重要事項となっています。

眼底検査は視神経乳頭が窪んでいるか・窪んでいないかを直接調べることができる検査方法なので、正常眼圧緑内障であるかどうかを判断するためには欠かせない検査となっています。もし眼圧や隅角に異常がない場合には、眼底検査が緑内障の早期発見を左右することになりますから、まずはしっかり検査を受けて結果を待つようにしましょう。

もし検査結果に問題がある場合は、早めに治療を始めることが必要となります。緑内障はどのようなタイプの症状でも、早期発見・早期治療が大切です。定期的に検査を受けて、緑内障の進行を予防していきましょう。

正常眼圧緑内障にならないようにするための予防策

また、正常眼圧緑内障にならないようにするためにも様々な予防策を取っておくことが必要です。視神経の血流が悪くなることが発症原因の一つと考えられているため、まずは血流を改善し血行不良を解消していくことから始めてみましょう。私達は眼精疲労が溜まると目の周りの血流が悪くなってしまうので、目が疲れたなと感じた時にはすぐに対処することをおすすめします。

繰り返し力強くまばたきをする、緊張した筋肉をほぐすように目の周りをマッサージする、目の周り全体を温めるなど、血流を良くするための改善方法をこまめに試してみてください。その他、目の周りだけではなく、全身の血行を良くするために毎日の生活に適度な運動を取り入れることも忘れてはなりません。

運動不足は身体の冷えにも影響しますし、生活習慣病の発症にも繋がりやすいものです。緑内障は「目の成人病」とも言われる病気です。つまり、目の生活習慣病とうことですので、予防策としてもやはり生活習慣の改善が重要となっているのです。まずは血行不良や冷えの改善から正常眼圧緑内障の予防を始めてみてくださいね。

症状の違いをチェック!種類によって異なる症状が現われる緑内障

放置しておくと危険な状態になり得る「緑内障」

視野が狭くなり、最終的には失明してしまう恐れもあるのが「緑内障」の怖いところです。さらに自覚症状もほとんど見られないということで、初期段階で自らが緑内障であることに気付くケースは非常に稀です。単なる眼精疲労だと感じてしまっている人も多く、気付いた頃には症状が悪化していることも少なくありません。

このような緑内障の発症を防ぐためには、やはり定期的な検診を受けて目の状態を把握しておくこと、生活習慣に気を遣い健康的な日々を送ること、疲労やストレスを溜め込まないことが必要です。

緑内障は生活習慣とも関わりが

緑内障は「目の成人病」とも呼ばれるほど、普段の生活習慣との関わりが深い病気です。私達は生活習慣の乱れによって様々な病気を発症しやすくなりますが、緑内障もその一つというわけですね。緑内障は目の病気ですが、食生活の乱れや運動不足といった不規則な生活によっても引き起こる病気ですので、自ら始められる予防策としても生活習慣の見直しは欠かさないようにしておきましょう。もちろん、緑内障を発症後も規則正しい生活習慣を送ることは必須です。症状が悪化しないよう、治療を続けながら健康的な生活を心がけていきましょう。

以上のような特徴のある緑内障ですが、実は非常に様々なタイプのある病気でもあります。一口に緑内障と言っても全ての人に同じ症状が現われるわけではなく、症状が現われる原因や時期、治療法などについてもそれぞれ異なる点があるものです。ここからは緑内障の種類について見ていくことにしましょう。

原発性の緑内障、急性の緑内障

まずは原発性の緑内障である「原発開放隅角緑内障」と「原発閉塞隅角緑内障」です。原発開放隅角緑内障は「シュレム管」が詰まってしまうことで眼圧が上昇し、症状を発症してしまうタイプの緑内障で、一般的に近視の人がなりやすい緑内障とされています。特に「強度近視」など非常に視力が低下している状態の皆さんは注意しておきましょう。また近親者に緑内障を発症している人がいる場合も、遺伝によって原発開放隅角緑内障を発症しやすいと見られています。

では、原発閉塞隅角緑内障はどのような緑内障なのでしょうか?同じ原発性の緑内障でも”閉塞隅角”ということで、隅角と呼ばれる部分が塞がり房水の流れが悪くなることが原因で起こります。突然目の痛みや頭痛などの症状が発生する「急性緑内障」もこのタイプの緑内障となります。反対に原発開放隅角緑内障は慢性的な症状が多く、眼精疲労が長く続くなどの症状が徐々に強まり、結果的に緑内障を発症してしまうケースが見られています。

眼圧に問題がない「正常眼圧緑内障」

また、その他「正常眼圧緑内障」と呼ばれる詳しい原因が解明されていないタイプの緑内障もあります。元来、緑内障というと眼圧が高くなることで発症する病気と考えられていましたが、正常眼圧緑内障の場合は眼圧に問題がないにもかかわらず、緑内障を発症してしまう病気となっています。上記の原発性緑内障の中では、原発開放隅角緑内障の方に当てはまるタイプですが、眼圧と隅角には問題がなく、また違った問題を抱えていることが原因だと考えられています。

例えば頭痛持ちである、慢性的な眼精疲労を抱えている、冷え症である、血行不良であるなどの症状を抱えている場合は、眼圧や隅角に問題がなくても緑内障にかかる恐れが高いと見られています。このような症状があることで視神経が傷つきやすく、緑内障になりやすい状態となってしまっているのです。同じ緑内障でも様々なタイプがあることをよく知っておくようにしましょう。

身体が発しているサインに気づいて!緑内障は早期発見が大切

緑内障は早期発見することが大切

目の病気の一つである「緑内障」の症状は、自覚が見られないことが大きな特徴として挙げられます。何らかの病気を発症すると、身体には様々な不調が現われるようになり、患者本人も不調を自覚することになりますが、緑内障の場合は自覚症状がほとんど見られません。

むしろ、自覚症状が現われるようになった場合は既に症状が進行し、悪化していることが考えられます。放置しておくとどんどん症状は進行していってしまうので、緑内障においてまず大切なことは早期発見することです。症状が現れていることに気付かず、放っておくことで進行する病気ですから、少しでも早く発症に気付くことで緑内障の悪化を妨げることができるのです。

そのためには定期的な検診を受けることなど、皆さん自身で判断をせず、眼科の医師に直接相談してみることが必要です。緑内障を発症している意識がなくても、検診を受けた結果、緑内障を発症していたというケースは決して少なくありません。自覚症状が現われる前に検診を受け、発症していれば治療をすぐに始めることが第一です。早期発見・早期治療を心がけ、緑内障が悪化しないよう皆さん自身で予防していくようにしましょう。

身体が発しているサインに気付いて!

そして、しっかりと症状を予防するためには身体が発しているサインに気付くこともまた大切です。自覚症状は見られない緑内障ですが、緑内障のタイプなど場合によっては発症するサインを身体が発していることもあるので、できるだけ早くそのサインに気付くことで症状の悪化を防ぐことも可能です。

例えば、急激な眼圧上昇による目の痛みなどが起きる「急性緑内障」の場合は、目の痛みの他、頭痛や吐き気などの症状が現われることが特徴的ですが、こうした症状が現われることを急性緑内障の発作と呼びます。発作が起きてしまった場合、24時間以内に対処することができれば失明の危険は免れますが、症状を放置した状態が続くと視力を失ってしまう恐れもあるので注意が必要です。

ただ、発作が起きる前に目のかすみを感じたり、軽い目の痛みを感じたり、身体が発作を起こすサインを送っていることもあります。サインを発せられていることに気付かない場合もありますし、発作を起こしても急性緑内障であるとは分からず、内科を受診してしまうこともありますが、目の痛みを感じるようであれば緑内障を発症している確率は高いと見て良いでしょう。もし目の痛みを少しでも感じるようであれば、すぐに眼科を受診してください。

眼精疲労やストレスの慢性化にも注意して

また、身体が発しているサインとしては、眼精疲労やストレスなども挙げられます。直截的に緑内障の原因になるというよりも、慢性的に眼精疲労やストレスを感じていることが原因で、緑内障を発症しやすい状態になってしまうことがあります。つまり、眼精疲労やストレスを感じている時点で緑内障への危険が高まっていると見られるので、目が疲れていたりストレスが溜まっていたりするような場合は、まず今感じている疲れやストレスを解消することを第一に考えるようにしましょう。

目の健康や身体の健康を守ることで緑内障の発症を防ぐことができますから、身体が不調を訴えている場合は仕事などの作業を控え、しっかり休ませるようにしてください。身体の不調が続くとそれだけでストレスを感じてしまうものですし、眼精疲労が慢性化すると近視のリスクも高くなります。近視の状態は緑内障になりやすいと言われているので、現段階で近視である皆さんはもちろん、近視になりかけている皆さんも十分に注意しておきましょう。

<1 2