生涯付き合っていかなければならない緑内障

一度発症してしまったら生涯付き合っていかなければならない緑内障

「緑内障」は発症に気付かないことも

近年「緑内障」の患者数が増加していると見られています。緑内障は目の病気の一つで、視野が欠けてしまうことで視界がかすんだり、視野の一部が欠けてしまったりといった症状が現れます。

主な原因は眼圧の上昇による視神経へのダメージですが、緑内障のタイプによっては眼圧が関係なく、何らかの要因によって視神経がダメージを受けやすい状態になってしまっていることから、視野が欠けてしまうというケースもあります。以前は緑内障というと眼圧が高くなっている病気と捉えられることが一般的でしたが、最近は眼圧が正常でも症状が現われる「正常眼圧緑内障」が増えてきているため、眼圧以外の面でも緑内障の発症について考える必要があります。

ただ、緑内障はどのような場合も自覚症状が見られず、初期段階では発症に気付かないことがほとんどです。視野が狭くなってきたように感じるなど、症状が現れ始めた頃には既に進行してしまっているので、放置しておくと失明する危険性もあります。緑内障は徐々に症状が進行していきますから、知らず知らずのうちに症状が悪化してしまっていることも珍しくありません。最悪の事態を避けるためにも、まずは早期発見・早期治療を心がけるよう、しっかり検査を受けるようにしましょう。

生涯付き合っていかなければならない病気

緑内障は自覚症状が見られない病気であるだけではなく、一度発症してしまったら完治することがない病気でもあります。つまり、皆さんは生涯緑内障という病気と付き合っていかなければならないということなので、もし発症してしまった場合には自分自身が緑内障であることを十分に理解し、適切な治療を受けていくことが大切です。

「治療を受けるのにどうして完治させることはできないの?」と思う皆さんもいるかもしれませんが、緑内障は視野が欠けてしまう病気で、視野が欠けてしまう原因にはダメージを受けた視神経が関連しています。ダメージを受けた視神経は言わば神経が死んでしまっている状態なので、視野を取り戻すには視神経を回復させなければなりません。

しかし、現代の医療では死んでしまった神経を回復させることはできないため、現段階では緑内障を完治させることは不可能となっています。ダメージを受けた視神経はそのままの状態となりますので、失われた視野は復活することはありません。緑内障の治療はあくまでもこれ以上症状を悪化させないため、視野が欠けることを防ぐために行なわれるものですから、緑内障を発症したら完治することはない、ということをまず理解するようにしましょう。

緑内障治療は現状を維持するためのもの

ただ、完治はしないと言っても眼圧を下げるための点眼薬を使ったり、手術を受けたりすることで症状を改善していくことは可能です。視野は元に戻りませんが、現状を維持するために治療を行なっていきますので、しっかり治療を受けていれば問題なく生活を送ることもできます。早期のうちに発症していることに気付き、治療をすぐに始めれば、比較的良い状態のまま現状維持することができますので、やはり定期的な検査は欠かせません。

また「病気と生涯付き合っていかなければならない」と考えるととても重苦しく感じてしまうものですが、緑内障は治療を続けている限り生活面にも問題は見られない病気です。神経質になりすぎても病気は悪化してしまう恐れがありますから、発症後はまず医師の指示の元で治療を受け、少しでも現状が良くなるよう緑内障に対して寛大な気持ちで付き合ってあげましょう。