少しでもおかしいと思ったらすぐ眼科へ

いつもと目の調子が違う・・・少しでもおかしいと思ったらすぐ眼科へ

眼精疲労やドライアイに注意!

最近目の調子がおかしい、いつもよりも違和感がある・・・など目の不快感を感じた場合には、目に何らかの異常が現れていることが考えられます。単なる眼精疲労ということもありますが、眼精疲労も慢性化すると様々な悪影響を及ぼすものですし、目の病気を発症していることも考えられます。現代人は何かと目を酷使する場面が多く、眼精疲労を抱えている皆さんも多いのではないでしょうか?

仕事では毎日のようにパソコンの画面に向かっている、携帯やスマートフォンなどの画面をずっと見ていることが多い、ゲームが好きで長時間ゲーム画面を見つめていることがある、いつも近い距離でテレビを見ているなど、現代人ならではの要因による目の疲労感もよく見られるものです。

こうした要因は目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」にも繋がりますし、目だけではなく肩こりや首こり、背中や腰の痛み、腕の筋肉痛、精神的な不安感などにも影響することがあるため十分な注意が必要です。パソコンを全く使わないことや一切ゲームをしないことなどは難しいですが、目が疲れたなと感じたらすぐに休めるようにする、画面に向かう時間をあらかじめ決めておきその都度休憩を挟むようにするなど、皆さん自身で工夫して行動することも必要です。慢性的な眼精疲労やドライアイを防ぐためにも、目を大切に使っていきましょう。

目に違和感を覚えたらすぐに眼科へ

また、慢性的な眼精疲労は「緑内障」の発症にも影響を及ぼすことがあります。直接的な影響というよりは、間接的に緑内障の発症に繋がってしまうと考えられていますが、やはり目の病気が関わっていることには変わりはありませんので、現在眼精疲労で悩んでいる皆さんは緑内障にも注意しておいてください。

緑内障は視野が徐々に欠けていく病気で、症状が悪化すると最終的には失明する恐れもある病気でもあります。視野が欠けていく、つまり見えない部分が増えていくということですので、普段通りに生活していてもふと違和感を覚えることがあれば、皆さんも緑内障である危険性を抱えているかもしれません。

視野が狭くなったように感じるとか、視野の一部がかすんで見えるといったような場合には、知らず知らずのうちに緑内障が進行してしまっていることも考えられます。もし少しでもおかしいと思ったらすぐに眼科へ行き、緑内障の検査を受けるようにしてください。

自覚症状が見られない特徴を持つ「緑内障」

目の変化というものは自分自身がよく分かるものと思いがちですが、実は緑内障のように自覚症状が見られない病気も様々あるものです。緑内障は初期段階では自覚症状が見られず、検査を受けない限り自分が緑内障であることには気付かない、という場合がほとんどです。発症していることに気付かないということなので、結果的に症状が悪化し、失明するリスクも高くなってしまうこともあるのです。

ただし、緑内障は早期に発見できればそれ程視野が狭くならずに済みますから、まずは検査で緑内障を早期発見できるよう定期的に眼科へ通うようにしましょう。緑内障は特に40代以降の中高年の皆さんによく見られる病気ですので、40歳になったら眼科で緑内障の検査を受けるようにするなど、前もった予防が大切です。もちろん中高年層だけに限らず、若年層でも緑内障を発症することがありますので、少しでも不安を感じることがあれば眼科の医師に相談し、検査を受けることを第一に考えるようにしましょう。

近年では眼圧が正常値でも発症するタイプの緑内障もあるため、眼圧以外の数値もしっかり検査することが必要となります。早期発見・早期治療のためにも検査を受けることから始めてみてくださいね。