緑内障の初期症状は自分で分かる?

緑内障の初期症状は自分で分かる?異常に気付かないことがほとんど

緑内障の初期症状は自分で分かる?

徐々に視野が狭くなっていき、最終的には失明してしまう危険性もある「緑内障」。適切な治療を受ければ問題なく生活していくことができますが、症状を放置し続けると視力を失ってしまうため、早めの対処を心がけなければならない病気でもあります。

そして緑内障は自覚症状が見られない病気であることもしっかり理解しておかなければなりません。病気を発症すると様々な症状を自覚することになりますが、緑内障においては患者自身が自分が緑内障であることを自覚することはほとんどなく、初期の段階では特に自覚することがないと考えられています。

緑内障の初期症状は自分では分からないものなので、発症しているかどうかを個人で判断することはできません。皆さんが緑内障であるかどうかを知るためには、まず眼科で検査を受けて診断結果を見てみなければなりませんから、緑内障を発症しているかもしれない・・・と気になったら、すぐに検査を受けることをおすすめします。

眼科で受ける検査は定期的に

とは言っても、初期症状が自覚できないのですから、いつ眼科を受診して検査を受けるようにすれば良いか分からない、という皆さんも多いですよね。そんな皆さんには眼科で定期的に検査を受けてみることをおすすめします。緑内障は40代以降の中高年層に多く発症する病気であるため、やはり40歳を超えたら定期的に緑内障の検査を受け、発症を見逃さないようにすることが大切です。緑内障は早期発見・早期治療がカギとなっていますから、症状が悪化しないうちに発見し、早めに治療を始めることができるように、定期的に検査を受けて変化を把握しておくようにしましょう。

もし検査結果で問題があっても、初期症状であれば点眼薬を使って眼圧を下げるなど、簡単な治療で済む場合もあります。緑内障は手術による治療も行なわれていますが、基本的には眼圧が下がった状態を保つことができれば普通どおりの生活を送ることができるので、まずは眼圧を下げるための治療を第一としています。

ただ、突如として発作が起きる「急性緑内障」の場合は、ただちに手術を行なわなければ取り返しのつかない事態になってしまうため、発作が起きたらすぐに眼科を受診し、手術を受けることが先決です。急性緑内障の発作は目の痛みの他、頭痛、胃痛、吐き気といった症状も現われるので、眼科ではなく内科を受診してしまうケースも多いのですが、目の痛みがある場合は急性緑内障であることが考えられます。24時間以内の対処が必要となりますから、できるだけ早く手術を受けるようにしてください。

進行の遅い緑内障の症状に注意

このように、緑内障は初期症状が見られず、検査を受けない限り異常が起きていることに気付かないことがほとんどとなっています。特に「原発開放隅角緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障では、慢性的な緑内障の症状となるため、症状の進行スピードも非常にゆっくりとなっています。少しずつ視野が欠けていき、気付いた頃には危険な状態になってしまっていることも少なくないので、やはり定期的に検査受けて早期発見を心がけておくことが大切です。

また、原発開放隅角緑内障の中には「正常眼圧緑内障」という眼圧に異常が見られないにもかかわらず、症状が現われるタイプの緑内障も当てはまります。正常眼圧緑内障は眼圧検査だけではなく、眼底検査を受けることが重要となっているので、医師の指示に従って適切な検査を受けるよう注意しておきましょう。眼底検査は緑内障の早期発見に大きく貢献してくれる検査ですから、少しでも発症の不安がある場合はまず眼科で検査を受けてみてくださいね。