最終的には失明する恐れもある緑内障

症状を放置していると最終的には失明してしまう恐れもある緑内障

「緑内障」には様々なタイプが

最近視界がかすみがち、視野が狭くなったように感じる、などの症状が見られている場合は「緑内障」を発症していることが考えられます。こうした症状だけでは疲れが溜まったことによる眼精疲労だと感じることも多いですが、単なる眼精疲労が緑内障発症の原因に繋がってしまうこともあるので注意が必要です。緑内障の主な原因は眼圧の上昇で、特に「原発閉塞隅角緑内障」と呼ばれるタイプの症状では眼圧が急激に高くなり、急性発作を引き起こすこともあります。

ただ、眼圧の上昇だけが緑内障の原因ではなく、眼圧の数値が正常である場合も緑内障を発症するケースもあるため、眼圧が正常値?低い数値である場合にも発症の危険が潜んでいることも考えられます。「原発開放隅角緑内障」というタイプの症状は慢性的であることが特徴ですが、眼圧が正常値である場合にも発症することがあるという特徴も挙げられます。

これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障で、何らかの要因によって視神経がダメージを受けやすい状態となることから、視野が狭くなってしまうという症状が見られます。全ての緑内障に眼圧の上昇が関わっているわけではないので、緑内障には様々な種類があることをしっかり理解しておくようにしましょう。

放置しておくと失明してしまう恐れも

そして、緑内障は症状を放置しておくと失明の恐れがある病気だということについても理解しておかなければなりません。緑内障には様々なタイプがありますが、どの場合でも症状を放っておくと知らず知らずの間に進行し、悪化していきます。症状の悪化は結果的に失明の状態を引き起こしてしまうことになるため、緑内障は何よりも早期発見・早期治療が重要とされています。

しかし、緑内障は失明の恐れがある病気であるだけでなく、自覚症状がほとんど見られない病気であるという特徴もあるものです。つまり、もし緑内障を発症していても、自覚症状がないため発症に気付かず、発見が遅れてしまうことも珍しくないのです。特に初期段階ではちょっとした視野の変化が現れるだけですし、眼精疲労が溜まっているのだと感じて放置してしまうケースも少なくありません。

中期以降になると視野が大幅に欠けてくるようになるので、自覚症状も徐々に現れるようになりますが、やはり発症に気付くことが遅れてしまうと将来的に見える視野も狭くなってしまいますから、できるだけ早く発見することが緑内障の悪化を防ぐためには必要となっています。

緑内障の検査は定期的に受けて

そこで皆さんにおすすめしたいのが、定期的に緑内障の検査を受けることです。眼科では緑内障を診断するための様々な検査を受けることができますので、まずは検査を受けて自分が緑内障を発症しているか・していないかを診断してもらうようにしましょう。自覚症状が見られない緑内障は、個人の判断で症状の確認をすることはできないため、必ず検査を受けて結果を知ることが大切です。さらに1度の検査ではなく、定期的に検査を受けることも大きなポイントです。

もし検査を受けて緑内障の恐れがなかったとしても、今後緑内障の症状が進行していくことも考えられます。緑内障は高齢になるにつれて発症しやすいと言われていますので、40代以降の中高年の皆さんは定期的に検査を受けて緑内障の早期発見を心がけるようにしてください。早期に発見できれば症状の悪化を予防することができますし、失明する恐れもなくなります。適切な治療を受けていれば問題なく生活できる病気ですので、病気に対する理解を深めながら緑内障をしっかり予防していきましょう。