「急性緑内障」によって起こる発作の症状

眼圧が急激に上昇する「急性緑内障」によって起こる発作の症状

急性発作が起こることもある緑内障

「緑内障」は目の病気の一つで、40歳以上の中高年の皆さんが発症しやすい病気とされています。緑内障の発症原因は、眼圧が高くなることによって視神経が傷つくことと考えられていますが、近年では眼圧に問題がない場合でも発症するケースもあり、様々なタイプの緑内障が見られています。緑内障はそれぞれのタイプによって発症するメカニズムに違いがあるので、自分の緑内障がどのようなメカニズムで発症しているのか知ることも重要です。治療法にも違いが見られるものですし、それぞれの緑内障別の特徴をよく知っておくと良いでしょう。

近年増えてきているのは正常な眼圧の状態でも発症する「正常眼圧緑内障」ですが、やはり眼圧の急激な上昇が発症に深く関わっている「原発閉塞隅角緑内障」も、高齢になるにつれて発症しやすくなるタイプの緑内障ですので、40歳を過ぎたら定期的に検診を受けて緑内障の発症を見逃さないようにする努力も忘れないようにしましょう。

また、原発閉塞隅角緑内障は場合によっては急性発作を引き起こすこともあります。「急性緑内障」と呼ばれる症状で、対処を誤ると最悪の事態に陥ってしまう危険性もあるため、ここからは急性緑内障で引き起こる発作の症状や対処法について見ていくことにしましょう。

「急性緑内障」は原発閉塞隅角緑内障の一つ

急性緑内障は、隅角が狭まり房水の流れが悪くなることによって発症する原発閉塞隅角緑内障の一種となっています。原発性の緑内障には「原発開放隅角緑内障」という症状もありますが、この場合は隅角には問題がなく、シュレム管の目詰まりが影響して発症するので大きな違いがあることをまず理解しておきましょう。

そして原発開放隅角緑内障は慢性的な緑内障の症状が現われることが特徴的で、原発閉塞隅角緑内障は急性的に発症することが特徴的とも言われています。そのため急性緑内障は原発閉塞隅角緑内障の場合に起こりやすいというわけです。

自分自身が緑内障であることに気付かず、急性発作を引き起こす場合もあれば、既に原発閉塞隅角緑内障と診断されている場合でも、症状の悪化によって発作を引き起こすこともありますが、どちらの場合もまずは眼圧を下げるために房水の流れを改善させるために眼科で手術を受けることが先決となります。緑内障は放置しておくと失明する危険があります。急性緑内障の場合はその危険性がより高くなるため、24時間以内に対処する必要があるのです。

急性緑内障で現われる発作の症状

ただ、自分自身が緑内障であることに気付いていない場合には、急性緑内障であるにもかかわらず内科を受診してしまうことがあるので、まずは発作によって現われる症状に注意しておかなければなりません。急性緑内障を発症した際に現われる主な症状としては、目の痛み、頭痛、胃痛、吐き気、視力低下などが現れますが、頭痛や吐き気の症状が強い場合には緑内障が原因で症状が現れていることに気付かない場合があるため、眼科ではなく内科を受診してしまう恐れがあります。

しかし、目の痛みや視力低下などの症状が見られる場合には原発閉塞隅角緑内障の急性発作であることが考えられますので、その場合は迷わず眼科を受診するようにしましょう。

緑内障の急性発作によって引き起こっている症状であることが分かれば、すぐに手術を受けて対処することになりますが、手術を受けたからといって緑内障が完治するわけではありません。緑内障は発症すると完治することはなく、生涯付き合っていかなければならない病気でもあります。もちろん眼圧を下げるための治療を続けていれば悪化は防ぐことができますから、手術後も医師の指示に従ってしっかり治療を続けていくようにしましょう。