緑内障によって現われる症状

記事一覧

一度発症してしまったら生涯付き合っていかなければならない緑内障

「緑内障」は発症に気付かないことも

近年「緑内障」の患者数が増加していると見られています。緑内障は目の病気の一つで、視野が欠けてしまうことで視界がかすんだり、視野の一部が欠けてしまったりといった症状が現れます。

主な原因は眼圧の上昇による視神経へのダメージですが、緑内障のタイプによっては眼圧が関係なく、何らかの要因によって視神経がダメージを受けやすい状態になってしまっていることから、視野が欠けてしまうというケースもあります。以前は緑内障というと眼圧が高くなっている病気と捉えられることが一般的でしたが、最近は眼圧が正常でも症状が現われる「正常眼圧緑内障」が増えてきているため、眼圧以外の面でも緑内障の発症について考える必要があります。

ただ、緑内障はどのような場合も自覚症状が見られず、初期段階では発症に気付かないことがほとんどです。視野が狭くなってきたように感じるなど、症状が現れ始めた頃には既に進行してしまっているので、放置しておくと失明する危険性もあります。緑内障は徐々に症状が進行していきますから、知らず知らずのうちに症状が悪化してしまっていることも珍しくありません。最悪の事態を避けるためにも、まずは早期発見・早期治療を心がけるよう、しっかり検査を受けるようにしましょう。

生涯付き合っていかなければならない病気

緑内障は自覚症状が見られない病気であるだけではなく、一度発症してしまったら完治することがない病気でもあります。つまり、皆さんは生涯緑内障という病気と付き合っていかなければならないということなので、もし発症してしまった場合には自分自身が緑内障であることを十分に理解し、適切な治療を受けていくことが大切です。

「治療を受けるのにどうして完治させることはできないの?」と思う皆さんもいるかもしれませんが、緑内障は視野が欠けてしまう病気で、視野が欠けてしまう原因にはダメージを受けた視神経が関連しています。ダメージを受けた視神経は言わば神経が死んでしまっている状態なので、視野を取り戻すには視神経を回復させなければなりません。

しかし、現代の医療では死んでしまった神経を回復させることはできないため、現段階では緑内障を完治させることは不可能となっています。ダメージを受けた視神経はそのままの状態となりますので、失われた視野は復活することはありません。緑内障の治療はあくまでもこれ以上症状を悪化させないため、視野が欠けることを防ぐために行なわれるものですから、緑内障を発症したら完治することはない、ということをまず理解するようにしましょう。

緑内障治療は現状を維持するためのもの

ただ、完治はしないと言っても眼圧を下げるための点眼薬を使ったり、手術を受けたりすることで症状を改善していくことは可能です。視野は元に戻りませんが、現状を維持するために治療を行なっていきますので、しっかり治療を受けていれば問題なく生活を送ることもできます。早期のうちに発症していることに気付き、治療をすぐに始めれば、比較的良い状態のまま現状維持することができますので、やはり定期的な検査は欠かせません。

また「病気と生涯付き合っていかなければならない」と考えるととても重苦しく感じてしまうものですが、緑内障は治療を続けている限り生活面にも問題は見られない病気です。神経質になりすぎても病気は悪化してしまう恐れがありますから、発症後はまず医師の指示の元で治療を受け、少しでも現状が良くなるよう緑内障に対して寛大な気持ちで付き合ってあげましょう。

いつもと目の調子が違う・・・少しでもおかしいと思ったらすぐ眼科へ

眼精疲労やドライアイに注意!

最近目の調子がおかしい、いつもよりも違和感がある・・・など目の不快感を感じた場合には、目に何らかの異常が現れていることが考えられます。単なる眼精疲労ということもありますが、眼精疲労も慢性化すると様々な悪影響を及ぼすものですし、目の病気を発症していることも考えられます。現代人は何かと目を酷使する場面が多く、眼精疲労を抱えている皆さんも多いのではないでしょうか?

仕事では毎日のようにパソコンの画面に向かっている、携帯やスマートフォンなどの画面をずっと見ていることが多い、ゲームが好きで長時間ゲーム画面を見つめていることがある、いつも近い距離でテレビを見ているなど、現代人ならではの要因による目の疲労感もよく見られるものです。

こうした要因は目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」にも繋がりますし、目だけではなく肩こりや首こり、背中や腰の痛み、腕の筋肉痛、精神的な不安感などにも影響することがあるため十分な注意が必要です。パソコンを全く使わないことや一切ゲームをしないことなどは難しいですが、目が疲れたなと感じたらすぐに休めるようにする、画面に向かう時間をあらかじめ決めておきその都度休憩を挟むようにするなど、皆さん自身で工夫して行動することも必要です。慢性的な眼精疲労やドライアイを防ぐためにも、目を大切に使っていきましょう。

目に違和感を覚えたらすぐに眼科へ

また、慢性的な眼精疲労は「緑内障」の発症にも影響を及ぼすことがあります。直接的な影響というよりは、間接的に緑内障の発症に繋がってしまうと考えられていますが、やはり目の病気が関わっていることには変わりはありませんので、現在眼精疲労で悩んでいる皆さんは緑内障にも注意しておいてください。

緑内障は視野が徐々に欠けていく病気で、症状が悪化すると最終的には失明する恐れもある病気でもあります。視野が欠けていく、つまり見えない部分が増えていくということですので、普段通りに生活していてもふと違和感を覚えることがあれば、皆さんも緑内障である危険性を抱えているかもしれません。

視野が狭くなったように感じるとか、視野の一部がかすんで見えるといったような場合には、知らず知らずのうちに緑内障が進行してしまっていることも考えられます。もし少しでもおかしいと思ったらすぐに眼科へ行き、緑内障の検査を受けるようにしてください。

自覚症状が見られない特徴を持つ「緑内障」

目の変化というものは自分自身がよく分かるものと思いがちですが、実は緑内障のように自覚症状が見られない病気も様々あるものです。緑内障は初期段階では自覚症状が見られず、検査を受けない限り自分が緑内障であることには気付かない、という場合がほとんどです。発症していることに気付かないということなので、結果的に症状が悪化し、失明するリスクも高くなってしまうこともあるのです。

ただし、緑内障は早期に発見できればそれ程視野が狭くならずに済みますから、まずは検査で緑内障を早期発見できるよう定期的に眼科へ通うようにしましょう。緑内障は特に40代以降の中高年の皆さんによく見られる病気ですので、40歳になったら眼科で緑内障の検査を受けるようにするなど、前もった予防が大切です。もちろん中高年層だけに限らず、若年層でも緑内障を発症することがありますので、少しでも不安を感じることがあれば眼科の医師に相談し、検査を受けることを第一に考えるようにしましょう。

近年では眼圧が正常値でも発症するタイプの緑内障もあるため、眼圧以外の数値もしっかり検査することが必要となります。早期発見・早期治療のためにも検査を受けることから始めてみてくださいね。

発症の不安を感じたら自分でできる緑内障のセルフチェックを

自分では症状に気付きにくい「緑内障」

視野が欠けてしまう病気「緑内障」。放っておくと失明の危険性もあるので非常に怖い病気でもあります。症状が現れていることがすぐに分かれば良いのですが、自覚症状が乏しいことも緑内障の特徴です。緑内障であることが自覚できないことから、発症していることになかなか気付かず、症状を放置してしまうケースも珍しくありません。

ただ、気付きにくいとは言ってもしっかり検査をすることで緑内障を発症しているかどうかを調べることはできますし、皆さん自身でセルフチェックを行なうことも可能です。緑内障は40歳を超えるとかかりやすくなる病気なので、中高年層の皆さんはまず今すぐできるセルフチェックを試してみてはいかがでしょうか?

緑内障の簡単なセルフチェック

緑内障のセルフチェックは視野の確認をすることから始めていきます。まず自分の目から30センチほど離れた距離に右手の人差し指を立てておきます。その指を片目だけで見つめていてください。そして指を見つめた状態のまま、今度は左手の人差し指を上下に動かしたり、左右に動かしたりしてみましょう。

見つめ続けていた右手の人差し指だけではなく、動かしていた左手の人差し指もしっかり見えていたでしょうか?このセルフチェックを左右の目で片方ずつ行ないます。もし緑内障を発症している場合は左右で見え方に違いがあったり、違和感を感じたりすることがあります。

また、新聞紙を使ったセルフチェック方法でも、現在見えている視野を確認することができます。まず新聞紙1枚を大きく広げ、真ん中に印を付けておきます。その印を片方の目でじっと見つめてみましょう。その時に視野の一部が欠けて暗く見えたり、かすんで見えたりする場合は、緑内障を発症している恐れが考えられます。このセルフチェックも同じく片方ずつ行い、もし何らかの違和感を感じた場合はすぐに眼科を受診しましょう。

緑内障の検査もしっかり受けて

以上のような緑内障のセルフチェックによって今の自分が見えている視野を確認することができます。ただ、あくまでもセルフチェックということで、問題がない場合でも緑内障を発症しやすい状態であることも考えられますので、不安がある場合はこうした簡易的なチェックだけではなく、しっかり検査を受けるようにしましょう。

眼科では眼圧検査、眼底検査、視野検査など様々な検査を受けることによって緑内障であるかどうか診断してもらうことができます。自覚症状のない病気ですから、やはり検査を受けて始めて自分が緑内障であることに気付く人も少なくありません。自分で気付けないことだからこそ、検査を受けてハッキリとさせる必要があるので、緑内障の心配がある場合は検査を受けることを第一に考えるようにしましょう。

また、緑内障の検査は一度受けるだけではなく、定期的に受けることが重要です。もし検査を受けた際に問題がないとしても、緑内障は徐々に進行していく病気であるため、数ヶ月後や数年後にはまた状態が変化していることがあります。こうした病気の特徴についてもよく理解しておくことが大切ですから、眼科には定期的に通い、緑内障の検査を受けてその都度結果を確認するようにしましょう。

規則正しい生活習慣を送るように

その他、緑内障は生活習慣とも関わりの深い病気です。もし普段の生活習慣が不規則である場合には、皆さん自身で緑内障になりやすい状態を作ってしまっている恐れがあります。眼科で検査を受けることはもちろん、自分自身で緑内障を予防するためには規則正しい生活習慣を送ることを心がけることも忘れないようにしましょう。食生活、運動、睡眠といった基本的な習慣から、ストレスや疲れを溜めないようにする、身体が冷えないようにするなど、健康的な生活を目指していくと良いでしょう。

とにかく症状の進行を抑えることが大事!緑内障への適切な対応

緑内障の症状変化は発症後の対応次第

「緑内障」は発症後の対応次第で症状に変化が見られる病気です。発症の原因は主に眼圧の上昇となっていますが、近年では眼圧の数値に異常がない「正常眼圧緑内障」なども増加傾向にありますし、薬や病気が影響して現われる「続発緑内障」、生まれつきの発達異常によって現れる「発達緑内障」といったように様々なタイプの緑内障があります。それぞれ発症のメカニズムは異なり、治療法に違いが見られることもあります。

ただし、発症後に症状を放置し続けていると失明する危険性があるのはどのタイプの緑内障にも言えることです。発症後に適切な対応をせず、放置していることで症状はどんどん進行していってしまいますから、気付いた頃には失明する寸前の状態になってしまうことも考えられないことではありません。

もちろん、緑内障になったからといって全ての人が失明するわけではなく、適切な治療を受けることで症状の悪化を防ぎ、普段通りの生活を送ることもできます。しかし、緑内障は自覚症状が乏しい病気であるため、場合によっては症状がある程度進行するまで発症に気付かないこともあるのです。発症していることが分からない限り治療を始めることはできませんから、できるだけ早く発見するためにも、緑内障は眼科で検査を受けることが重要とされています。

眼科で受けられる緑内障の検査

眼科で受けられる緑内障の検査には、眼圧検査、眼底検査、隅角検査、視野検査などが挙げられます。眼圧検査は眼圧を測定するための検査ですし、眼底検査は緑内障の早期発見には欠かせない検査です。そして隅角検査については、原発性の緑内障である「原発開放隅角緑内障」と「原発閉塞隅角緑内障」の違いを確認することができる検査となっています。

原発開放隅角緑内障は隅角部分が広いものの、シュレム管の目詰まりが引き起こってしまうことで房水の流れが悪くなり、緑内障を発症してしまいます。反対に原発閉塞隅角緑内障においては、隅角部分が狭まっていることから眼圧が高くなってしまうため、隅角が広いか・狭いかといったポイントでどちらの緑内障を発症しているかが判断できるようになっているわけです。

原発性の緑内障は眼圧も高くなるので眼圧の検査も行ないますし、視野検査では緑内障の進行状態を診ることができますから、視野検査によって現在の症状を確認することも必要不可欠です。こうした検査は定期的に受けることが大切なので、一度だけ検査を受けるのではなく、ある程度の期間を置いてからまた検査を受け、眼圧や視野などの状態をその都度確認してもらうようにしましょう。

緑内障は進行を抑えることが大事

緑内障はとにかく症状の進行を抑えることが大事な病気です。と言うのも、緑内障を一度発症すると完治することがないからです。現代の医療では緑内障によって失われた視野を取り戻すための治療を行なうことはできません。視野は視神経がダメージを受けることで徐々に欠けていきますが、ダメージを受けた視神経を回復させることができないため、緑内障を完治させることは現段階では不可能となっているのです。

ただ、これまで見てきたように緑内障は検査を受けて早期に発見し、適切な対応をすることで症状の悪化を防ぐことができます。症状が今以上に悪化することは免れますので、まずは定期的な検査で緑内障の早期発見を心がけるようにしてください。そして医師の指示に従って治療を続けていき、緑内障と上手く付き合っていく努力も欠かさないようにしましょう。

「発達緑内障」の早発型・遅発型では症状が見られる年齢に違いが

目の構造が関係している緑内障の発症要因

「緑内障」は視野が欠けてしまう病気で、発見が遅れると失明の恐れもある大変怖い病気です。もちろん早期に発見し、適切な治療を受けることで症状の悪化を防ぐことはできますし、失明のリスクも低くすることができますが、発症後は治療をしても完治をすることはありません。症状を完治させるための治療ではなく、あくまでも症状の進行を妨げるための治療ですので、その点については十分に理解しておきましょう。

また、緑内障は発症する要因が非常に様々であることも特徴的です。原発性の緑内障には「原発閉塞隅角緑内障」と「原発開放隅角緑内障」がありますが、両者とも発症のメカニズムは異なっています。どちらも目の構造が影響して現われる緑内障ですが、緑内障の症状が慢性的なものもあり、急性的なものもあるなど症状の現れ方にも違いが見られます。

さらに眼圧が関係していることが一般的な緑内障でも、原発開放隅角緑内障の場合は眼圧が正常値でも症状を発症することもあるため、眼圧が上昇することだけが緑内障に影響しているわけでもありません。「正常眼圧緑内障」は近年増加傾向にあるので、眼圧に異常がない場合でも緑内障の危険性はある、ということもよく覚えておきましょう。

早発型と遅発型に分類される「発達緑内障」

そして緑内障の中には生まれつき症状が引き起こりやすいとされる、発育異常による緑内障のタイプも見られています。これは「発達緑内障」と呼ばれる緑内障で、生まれもった先天性の緑内障として以上で紹介したタイプの緑内障とはまた違ったメカニズムで現れます。

発達緑内障は「早発型」と「遅発型」に分類され、それぞれ発症する年齢に違いがあります。早発型の発達緑内障は、生後?10歳まで、遅発型の発達緑内障は10代?20代と幅広くなっています。それだけではなく、現われる症状にも異なる点があるため、ここからは発達緑内障の発症時に現われる症状について見ておくことにしましょう。

早発型の発達緑内障は、眼圧が高くなることによって眼球が拡大する症状が見られるようになります。他にも黒目の部分が大きく見える、黒目の部分が白く濁る、本人が光を見ると眩しがる、まぶたが痙攣している、涙が出る量が多くなるなどの症状が現われるため、もし少しでもおかしいと感じたらすぐに医師に診せるようにしましょう。

早発型の発達緑内障が発症する時期はまだ子供ですので、本人には症状が現れていても何も分からないことがほとんどです。子供の変化に気付くことが早期発見のためには重要ですから、変化を見逃さないよう注意しておきましょう。

遅発型の発達緑内障の発見にはまず検査を

では、遅発型の発達緑内障の場合はどのような症状が見られるのでしょうか?早発型の場合は様々な症状が見られるようになりますが、遅発型の場合は上記で紹介したような症状は見られず、早期に発見することが非常に難しいと考えられています。そのため気付いた頃には症状が進行してしまっていることもあるので注意が必要です。

この特徴は原発性の緑内障にもよく見られることで、検査を受けないことには詳しい状態は分かりません。個人で判断することは難しくなっていますから、まずは眼科で緑内障の検査を受けてみることから始めてみましょう。緑内障は一般的に自覚症状が見られない病気ですが、検査を受けることによって早期発見が可能となります。症状を発症していることに早めに気付くことができれば治療もすぐに始めることができますので、不安があればまず検査、ということを心がけておくと良いでしょう。

緑内障発症のリスクは薬に含まれる成分や病気による影響からも

緑内障が引き起こる要因は様々

一般的に眼圧の上昇によって引き起こることが「緑内障」の特徴ですが、場合によっては眼圧の上昇の他、様々な影響が重なって緑内障を発症するケースもあります。例えば「正常眼圧緑内障」と呼ばれる緑内障は、眼圧の数値が正常であるにもかかわらず視野が欠けるなど緑内障の症状が現われるようになります。

この場合は眼圧による視神経のダメージではなく、他の要因によって視神経がダメージを受けやすい状態になり、結果的に緑内障を発症してしまう、というメカニズムだと考えられています。要因としては血行不良であること、頭痛持ちであること、冷え症であること、眼精疲労やストレスを溜め込んでいること、生活習慣が乱れていることなどが挙げられ、中高年層だけではなく若年層の皆さんも発症する恐れがあり大変危険です。

緑内障は「目の成人病」とも言われているほど生活習慣と深く関わっている病気です。不規則な生活を続けている皆さんは緑内障を発症しやすい状態を自分自身で作ってしまっていることになるので、まずは生活習慣の改善から緑内障を予防していくことをおすすめします。

食生活の見直しや運動不足・睡眠不足の解消など、今から始められる予防策はたくさんあります。緑内障は一度発症すると生涯病気と付き合っていなければならない病気ですから、とにかく発症を防ぐことが大切です。もし発症してしまっても、症状の進行を抑えることで悪化を防ぐことは可能です。緑内障と生活習慣の関係についてもしっかり考えておくようにしましょう。

病気の合併症として現われる緑内障

また、緑内障は様々な病気の合併症として発症することもあるため、現在持病を抱えている皆さんは合併症による緑内障にも気をつけておく必要があります。

例えば「網膜色素変性症」や「黄斑変性症」などの目の病気は、悪化するにつれて緑内障を発症しやすくなっていきますし、「ぶどう膜炎」なども合併症として緑内障の症状が現われることが多く見られています。ぶどう膜炎については緑内障だけではなく、水晶体が白く濁ってしまう「白内障」も発症しやすいと考えられているので、症状の悪化や再発には十分注意しておかなければなりません。

その他、目の病気以外では「糖尿病」や「高血圧症」を患っている皆さんも緑内障を合併する危険性があります。糖尿病の合併症として代表的な症状に網膜症が挙げられますが、この網膜症が悪化することによって最終的には緑内障を引き起こしてしまうケースがあるのです。

つまり、網膜症の症状が進行していくにつれて緑内障を発症し、結果的に失明してしまう恐れがあるというわけです。このように緑内障は様々な病気と合併して引き起こることもあるので、持病を抱えている皆さんは緑内障を発症しないしないよう、医師の元で適切な治療を続けていきましょう。

病気や薬の影響による「続発緑内障」

緑内障は非常に様々な要因から現われる病気ですから、どのような要因から発症しているのか、といった点に目を向けてみることは非常に重要です。眼圧の上昇や他の病気との合併症だけではなく、薬の成分が影響して緑内障になることもあります。

病気や薬の成分の影響によって発症するタイプの緑内障は「続発緑内障」と呼ばれ、正常眼圧緑内障や急性緑内障が引き起こる原発性の緑内障とはまた違ったメカニズムで発症しています。原発性の緑内障は目の構造が影響して現われる緑内障ですが、続発緑内障は元々の原因が病気や薬の成分なので、同じ緑内障でも症状が現われる要因には大きな違いがあることをよく理解しておくようにしましょう。

眼圧が急激に上昇する「急性緑内障」によって起こる発作の症状

急性発作が起こることもある緑内障

「緑内障」は目の病気の一つで、40歳以上の中高年の皆さんが発症しやすい病気とされています。緑内障の発症原因は、眼圧が高くなることによって視神経が傷つくことと考えられていますが、近年では眼圧に問題がない場合でも発症するケースもあり、様々なタイプの緑内障が見られています。緑内障はそれぞれのタイプによって発症するメカニズムに違いがあるので、自分の緑内障がどのようなメカニズムで発症しているのか知ることも重要です。治療法にも違いが見られるものですし、それぞれの緑内障別の特徴をよく知っておくと良いでしょう。

近年増えてきているのは正常な眼圧の状態でも発症する「正常眼圧緑内障」ですが、やはり眼圧の急激な上昇が発症に深く関わっている「原発閉塞隅角緑内障」も、高齢になるにつれて発症しやすくなるタイプの緑内障ですので、40歳を過ぎたら定期的に検診を受けて緑内障の発症を見逃さないようにする努力も忘れないようにしましょう。

また、原発閉塞隅角緑内障は場合によっては急性発作を引き起こすこともあります。「急性緑内障」と呼ばれる症状で、対処を誤ると最悪の事態に陥ってしまう危険性もあるため、ここからは急性緑内障で引き起こる発作の症状や対処法について見ていくことにしましょう。

「急性緑内障」は原発閉塞隅角緑内障の一つ

急性緑内障は、隅角が狭まり房水の流れが悪くなることによって発症する原発閉塞隅角緑内障の一種となっています。原発性の緑内障には「原発開放隅角緑内障」という症状もありますが、この場合は隅角には問題がなく、シュレム管の目詰まりが影響して発症するので大きな違いがあることをまず理解しておきましょう。

そして原発開放隅角緑内障は慢性的な緑内障の症状が現われることが特徴的で、原発閉塞隅角緑内障は急性的に発症することが特徴的とも言われています。そのため急性緑内障は原発閉塞隅角緑内障の場合に起こりやすいというわけです。

自分自身が緑内障であることに気付かず、急性発作を引き起こす場合もあれば、既に原発閉塞隅角緑内障と診断されている場合でも、症状の悪化によって発作を引き起こすこともありますが、どちらの場合もまずは眼圧を下げるために房水の流れを改善させるために眼科で手術を受けることが先決となります。緑内障は放置しておくと失明する危険があります。急性緑内障の場合はその危険性がより高くなるため、24時間以内に対処する必要があるのです。

急性緑内障で現われる発作の症状

ただ、自分自身が緑内障であることに気付いていない場合には、急性緑内障であるにもかかわらず内科を受診してしまうことがあるので、まずは発作によって現われる症状に注意しておかなければなりません。急性緑内障を発症した際に現われる主な症状としては、目の痛み、頭痛、胃痛、吐き気、視力低下などが現れますが、頭痛や吐き気の症状が強い場合には緑内障が原因で症状が現れていることに気付かない場合があるため、眼科ではなく内科を受診してしまう恐れがあります。

しかし、目の痛みや視力低下などの症状が見られる場合には原発閉塞隅角緑内障の急性発作であることが考えられますので、その場合は迷わず眼科を受診するようにしましょう。

緑内障の急性発作によって引き起こっている症状であることが分かれば、すぐに手術を受けて対処することになりますが、手術を受けたからといって緑内障が完治するわけではありません。緑内障は発症すると完治することはなく、生涯付き合っていかなければならない病気でもあります。もちろん眼圧を下げるための治療を続けていれば悪化は防ぐことができますから、手術後も医師の指示に従ってしっかり治療を続けていくようにしましょう。

症状を放置していると最終的には失明してしまう恐れもある緑内障

「緑内障」には様々なタイプが

最近視界がかすみがち、視野が狭くなったように感じる、などの症状が見られている場合は「緑内障」を発症していることが考えられます。こうした症状だけでは疲れが溜まったことによる眼精疲労だと感じることも多いですが、単なる眼精疲労が緑内障発症の原因に繋がってしまうこともあるので注意が必要です。緑内障の主な原因は眼圧の上昇で、特に「原発閉塞隅角緑内障」と呼ばれるタイプの症状では眼圧が急激に高くなり、急性発作を引き起こすこともあります。

ただ、眼圧の上昇だけが緑内障の原因ではなく、眼圧の数値が正常である場合も緑内障を発症するケースもあるため、眼圧が正常値?低い数値である場合にも発症の危険が潜んでいることも考えられます。「原発開放隅角緑内障」というタイプの症状は慢性的であることが特徴ですが、眼圧が正常値である場合にも発症することがあるという特徴も挙げられます。

これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障で、何らかの要因によって視神経がダメージを受けやすい状態となることから、視野が狭くなってしまうという症状が見られます。全ての緑内障に眼圧の上昇が関わっているわけではないので、緑内障には様々な種類があることをしっかり理解しておくようにしましょう。

放置しておくと失明してしまう恐れも

そして、緑内障は症状を放置しておくと失明の恐れがある病気だということについても理解しておかなければなりません。緑内障には様々なタイプがありますが、どの場合でも症状を放っておくと知らず知らずの間に進行し、悪化していきます。症状の悪化は結果的に失明の状態を引き起こしてしまうことになるため、緑内障は何よりも早期発見・早期治療が重要とされています。

しかし、緑内障は失明の恐れがある病気であるだけでなく、自覚症状がほとんど見られない病気であるという特徴もあるものです。つまり、もし緑内障を発症していても、自覚症状がないため発症に気付かず、発見が遅れてしまうことも珍しくないのです。特に初期段階ではちょっとした視野の変化が現れるだけですし、眼精疲労が溜まっているのだと感じて放置してしまうケースも少なくありません。

中期以降になると視野が大幅に欠けてくるようになるので、自覚症状も徐々に現れるようになりますが、やはり発症に気付くことが遅れてしまうと将来的に見える視野も狭くなってしまいますから、できるだけ早く発見することが緑内障の悪化を防ぐためには必要となっています。

緑内障の検査は定期的に受けて

そこで皆さんにおすすめしたいのが、定期的に緑内障の検査を受けることです。眼科では緑内障を診断するための様々な検査を受けることができますので、まずは検査を受けて自分が緑内障を発症しているか・していないかを診断してもらうようにしましょう。自覚症状が見られない緑内障は、個人の判断で症状の確認をすることはできないため、必ず検査を受けて結果を知ることが大切です。さらに1度の検査ではなく、定期的に検査を受けることも大きなポイントです。

もし検査を受けて緑内障の恐れがなかったとしても、今後緑内障の症状が進行していくことも考えられます。緑内障は高齢になるにつれて発症しやすいと言われていますので、40代以降の中高年の皆さんは定期的に検査を受けて緑内障の早期発見を心がけるようにしてください。早期に発見できれば症状の悪化を予防することができますし、失明する恐れもなくなります。適切な治療を受けていれば問題なく生活できる病気ですので、病気に対する理解を深めながら緑内障をしっかり予防していきましょう。

慢性的に進行していく緑内障、中期・後期に現われる様々な症状

自覚症状が見られない「緑内障」の初期段階

緑内障の大きな特徴には「自覚症状が見られない」という点が挙げられます。私達は病気を発症すると、様々な自覚症状を感じるようになりますが、緑内障の場合はほとんど自覚症状がなく、自分でも緑内障を発症していることに気付かない、ということは決して少なくありません。

しかし、これは初期段階の緑内障の場合です。緑内障は5?10年をかけて徐々に進行していくため、自分でも気付きにくいスピードで異変が起きていることが考えられます。あまりに進行が遅いため、気付いた頃には症状が中期、後期となっていき、最悪の場合は失明してしまう恐れもある病気です。

もちろん、適切な治療を受けることで失明の危機は免れることができますし、中期の段階で対処することで進行を抑えることも可能です。ただ、やはり中期以降でも症状を放っておいてしまうケースも多く、検査も受けないということもあるものです。緑内障は何よりも早期発見が大切と考えられているので、まずは定期的に検査を受けて緑内障の発症に気付くことが必要です。緑内障が発症しやすくなる40歳以上の皆さんは、定期的な検査で緑内障予防をしていきましょう。

緑内障の中期、後期に見られる症状の変化

では、緑内障は中期、後期と症状が進行するとどのような状態へと変化していくのでしょうか?初期症状はほとんど見られず、日常生活にも支障がない状態ですが、実はこの段階でも既に視野は欠け始めています。徐々に視野が欠けていくので生活をしていく上では変化がないように見られますが、初期症状としては少し視界がかすんで見えるなどの変化が見られることもありますので、ちょっとした変化を見逃さないことで早期発見することができる場合もあります。

そして中期以降になると、視界のかすみはさらに強くなり、視野が欠ける範囲も徐々に広くなっていきます。約4分の1の視野が欠けてしまうとも考えられているので、初期段階と比べて中期段階に入ると自覚症状も感じやすくなります。中期段階のうちに眼科を受診し治療を始めることができれば、これ異常視野が狭くなることはありませんし、失明するリスクも低くなりますが、このまま放置し続けてしまうと症状は後期段階へと進み、大変危険な状態となります。

ほとんど視野が欠けてしまっていることから、普通に歩いていても壁や物にぶつかってしまったり、日常生活にも悪影響が現れたり、できるだけ早く進行を抑えることが重要です。場合によっては手術を受けなければ失明してしまう恐れもありますので、眼科を受診後は医師の指示に従って早急に治療を始めるようにしましょう。

緑内障の進行状態を調べる「視野検査」

最初は自覚症状がなく、進行スピードも遅い緑内障ですが、中期や後期の段階に入ると患者自身にも徐々に自覚症状が見られてくることになります。眼科では緑内障の自覚症状を確認するために「視野検査」なども行なっていますので、既に皆さん自身に自覚症状が見られている場合には、どのくらい症状が進行しているのかを調べる視野検査が必須ということをよく覚えておきましょう。

また、緑内障の早期発見には「眼底検査」も用いられます。緑内障は眼圧の高さが影響して現われる病気なので、眼圧を測定するための「眼圧検査」を受けるものだと思いがちですが、眼圧検査の他にも先に挙げた視野検査や眼底検査も重要な診断ポイントとなっているのです。少しでも早く発症していることに気付くためにも、このような緑内障の検査を定期的に受け、失明の危機を防いでいきましょう。

緑内障の初期症状は自分で分かる?異常に気付かないことがほとんど

緑内障の初期症状は自分で分かる?

徐々に視野が狭くなっていき、最終的には失明してしまう危険性もある「緑内障」。適切な治療を受ければ問題なく生活していくことができますが、症状を放置し続けると視力を失ってしまうため、早めの対処を心がけなければならない病気でもあります。

そして緑内障は自覚症状が見られない病気であることもしっかり理解しておかなければなりません。病気を発症すると様々な症状を自覚することになりますが、緑内障においては患者自身が自分が緑内障であることを自覚することはほとんどなく、初期の段階では特に自覚することがないと考えられています。

緑内障の初期症状は自分では分からないものなので、発症しているかどうかを個人で判断することはできません。皆さんが緑内障であるかどうかを知るためには、まず眼科で検査を受けて診断結果を見てみなければなりませんから、緑内障を発症しているかもしれない・・・と気になったら、すぐに検査を受けることをおすすめします。

眼科で受ける検査は定期的に

とは言っても、初期症状が自覚できないのですから、いつ眼科を受診して検査を受けるようにすれば良いか分からない、という皆さんも多いですよね。そんな皆さんには眼科で定期的に検査を受けてみることをおすすめします。緑内障は40代以降の中高年層に多く発症する病気であるため、やはり40歳を超えたら定期的に緑内障の検査を受け、発症を見逃さないようにすることが大切です。緑内障は早期発見・早期治療がカギとなっていますから、症状が悪化しないうちに発見し、早めに治療を始めることができるように、定期的に検査を受けて変化を把握しておくようにしましょう。

もし検査結果で問題があっても、初期症状であれば点眼薬を使って眼圧を下げるなど、簡単な治療で済む場合もあります。緑内障は手術による治療も行なわれていますが、基本的には眼圧が下がった状態を保つことができれば普通どおりの生活を送ることができるので、まずは眼圧を下げるための治療を第一としています。

ただ、突如として発作が起きる「急性緑内障」の場合は、ただちに手術を行なわなければ取り返しのつかない事態になってしまうため、発作が起きたらすぐに眼科を受診し、手術を受けることが先決です。急性緑内障の発作は目の痛みの他、頭痛、胃痛、吐き気といった症状も現われるので、眼科ではなく内科を受診してしまうケースも多いのですが、目の痛みがある場合は急性緑内障であることが考えられます。24時間以内の対処が必要となりますから、できるだけ早く手術を受けるようにしてください。

進行の遅い緑内障の症状に注意

このように、緑内障は初期症状が見られず、検査を受けない限り異常が起きていることに気付かないことがほとんどとなっています。特に「原発開放隅角緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障では、慢性的な緑内障の症状となるため、症状の進行スピードも非常にゆっくりとなっています。少しずつ視野が欠けていき、気付いた頃には危険な状態になってしまっていることも少なくないので、やはり定期的に検査受けて早期発見を心がけておくことが大切です。

また、原発開放隅角緑内障の中には「正常眼圧緑内障」という眼圧に異常が見られないにもかかわらず、症状が現われるタイプの緑内障も当てはまります。正常眼圧緑内障は眼圧検査だけではなく、眼底検査を受けることが重要となっているので、医師の指示に従って適切な検査を受けるよう注意しておきましょう。眼底検査は緑内障の早期発見に大きく貢献してくれる検査ですから、少しでも発症の不安がある場合はまず眼科で検査を受けてみてくださいね。

1 2 >