緑内障の基礎知識

記事一覧

親・兄弟・親戚などの近親者からの遺伝で発症することもある緑内障

緑内障発症のメカニズム

目の病気の一つである「緑内障」の主な原因は、眼圧が高くなることによる視神経へのダメージです。眼圧が高くなると視神経が圧迫されて傷ついてしまいます。つまり、視神経はそのダメージにより正常に機能しなくなってしまうため、結果的に視野が欠けてしまう緑内障を発症してしまうというわけです。

ただし、近年では眼圧が高くなることだけが緑内障発症の原因とは言えず、眼圧が低い場合でも緑内障を発症しているケースは多く見られています。眼圧が正常であるにもかかわらず視野が欠けてしまう「正常眼圧緑内障」は、増加傾向にあるタイプの緑内障で、知らず知らずのうちに症状が進行してしまっていることがほとんどです。緑内障はどのようなタイプでも自覚症状が見られることが少なく、気付いた頃には悪化している恐れもある大変危険な病気となっています。

少しでも早く気付くことができれば、症状も悪化することなく適切な治療を受けて進行を妨げることができるのですが、症状が進行してしまってから緑内障であることに気付いても、思うように症状を改善することは難しいでしょう。最悪の場合は失明する恐れもある病気ですから、まずは早期に発見することが重要とされています。中高年の皆さんはもちろん、日頃から目を酷使している皆さんなども、定期的に検診を受けて緑内障を予防していきましょう。

近親者からの遺伝による緑内障も

また、緑内障は近親者からの「遺伝」によって発症することもあります。例えば、皆さんの親や兄弟、姉妹、祖父、祖母、親戚の叔母さんや叔父さんなどの血縁者に緑内障を発症している人がいる場合には、皆さん自身も緑内障を発症するリスクが高いと考えられます。必ずしも緑内障になるわけではありませんが、発症するリスクが高いので十分な注意が必要です。特に緑内障を発症している人が近親者の中に2人以上いる場合は遺伝する危険性が高いので、定期的に検診を受けて緑内障の早期発見を心がけるようにしておきましょう。

ただ、やはり全ての人が遺伝によって緑内障を発症しているわけではありませんから、もし近親者の中に緑内障を発症している人がいても必要以上に恐れることはありません。しっかり検査を受けていれば、万が一緑内障になっていてもすぐに治療を始めることができ、症状が悪化しないうちに進行を防ぐことが可能ですし、検査結果から緑内障になりにくい状態と分かることもあります。緑内障の原因は遺伝が全てではありませんので、あくまでも一例として覚えておくようにしましょう。

生活面から緑内障発症の予防を

緑内障はこのような遺伝よりも、皆さん自身の生活習慣などが影響していることの方が大きいので、遺伝について気にするよりも普段の生活面から緑内障を発症しないよう気をつけていくことが大切です。日頃から眼精疲労を感じやすく、目の周りの血行が悪いような場合は、遺伝ではなく生活習慣の影響による緑内障を発症しやすい状態となっています。

また近視である皆さんも、少しの刺激で視神経が傷つきやすくなっているため、視力低下による緑内障を発症してしまうことが考えられます。その他、冷え症である場合、タバコをよく吸う場合、アルコールを摂る量が多い場合、糖分を摂る量が多い場合などにも緑内障発症の危険性は潜んでいるものです。遺伝によって緑内障を発症しなくても、こうした他の原因から緑内障になってしまうこともありますので、まずは自分自身の生活習慣を見直し、身体にも目にも良い生活を送っていくようにしましょう。

近視の人は緑内障になりやすいの?視力の低下による症状の影響も

近視の人は緑内障になりやすいの?

突然ですが、皆さんの視力はどのくらいの数値でしょうか?視力は1.5や0.7などの数値で表されることになりますが、人によっては0.01など非常に数値の低い場合があります。これは「強度近視」と呼ばれる近視の症状で、緑内障になりやすい状態とも言われています。中でも「正常眼圧緑内障」になりやすいとされているため、眼圧が高くない場合でも強度近視である皆さんは緑内障の危険性が高いと見られているのです。

これまで緑内障は眼圧が高い場合にのみ現れる症状と考えられてきましたが、近年では眼圧の高さに関係なく、様々な原因によって視神経がダメージを受け、緑内障を発症するケースが増加してきています。正常眼圧緑内障はその一つで、眼圧が高いという原因ではなく、例えば強度近視によって薄くなった網膜の視神経は傷つきやすくなっていることから、少しの刺激が加わっただけでも視神経はダメージを受けてしまい、徐々に緑内障の症状が進行してしまう、というケースなどが挙げられます。

このように、眼圧の高さだけではなく視力の低下が影響して緑内障を発症することもありますので、特に強度近視である皆さんは目の健康に十分に注意していきましょう。

強度近視からの緑内障を防ぐ!

では、強度近視による緑内障の発症を防ぐためにはどのように対処すれば良いのでしょうか?近視は視力が著しく低下している状態ですので、やはり少しでも視力を回復することが必要です。

とは言え、一度低下した視力は簡単に回復させることができるものではありませんから、まずは日頃から目を大切に扱っていくことから始めていきましょう。近視の皆さんは視力が良い人に比べて目が疲れやすく、疲労も溜まりやすくなっています。そのため、視神経にもダメージが加わりやすくなっているので、視神経を傷つけないためにも目の疲れをしっかり取ることが重要です。

例えば、目が疲れてきたなと思ったらすぐに目を閉じて休める、力強くギュッとまばたきをして目の周りの血行を良くする、蒸しタオルなどで目の周りを温める、毎日睡眠をしっかり取る、目の体操をしてリラックスさせるなど、眼精疲労が溜まらないような習慣をつけてみることをおすすめします。

緑内障予備軍にならないようにするためには

近年ではパソコンを前に仕事をする人も増えてきていますし、プライベートでもスマートフォンやタブレット端末などの画面を凝視する時間が長くなってきているものです。さらにはゲームをしたり、テレビを見たりといった習慣がある人も多く、自分が思っている以上に目を酷使してしまっていることも考えられます。

緑内障は中高年の皆さんがかかりやすい病気として知られていますが、普段から目を酷使することが多い皆さんの場合は、20代や30代でも緑内障になってしまうリスクが高い状態になります。このような「緑内障予備軍」にならないようにするためには、とにかく目を使うことは程々にしておくこと、疲れたらすぐに休めることを心がけておくことが第一です。仕事中でも目が疲れたら休み、必要以上に酷使することのないよう一人一人が気をつけておきましょう。

また、毎日の食事では眼精疲労を回復するためにしっかりと栄養を摂り、適度な運動をするなど生活習慣を正すことも緑内障予防には最適です。もちろん、既に緑内障を発症してしまった皆さんも、生活習慣を正すことによって症状の進行を抑えることが可能ですから、医師の治療を受けることと共に自分自身で生活習慣を改善していく努力も忘れないようにしましょう。

眼圧が高くても低くても発症する病気、緑内障と眼圧の関係とは

視野が欠けてしまう「緑内障」

「緑内障」は視神経がダメージを受けることによって、視野が欠けてしまう病気です。初期段階では視野が欠けていることには気付きにくく、緑内障である自覚がない場合がほとんどです。自覚症状がないため、視野が大幅に欠けてしまった頃には症状が悪化してしまっているケースも少なくありません。自分自身では気付くことが難しい病気なので、緑内障の発症を防ぐためには定期的な検診が欠かせないものとなっています。

もし検診を受けて「眼圧」が高いという結果が出た場合は、緑内障になりやすい状態ということになりますので、医師の指示に従って適切な治療を受けましょう。眼圧を下げるための点眼薬に治療が一般的ですが、症状によっては手術で緑内障を治療することもあります。

同じ緑内障という病気でも、様々な種類によって現われる症状や治療法が異なっていますから、自分自身がどのようなタイプの緑内障かしっかり理解することも大切です。緑内障は一生付き合っていかなければならない病気ですので、まずは緑内障についてよく知ることから始めてみると良いでしょう。

眼圧が低くても緑内障になるの?

以上のように、緑内障は眼圧が高くなることで起きる病気ですが、場合によっては眼圧が低くても緑内障を発症することがあります。これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれるタイプの症状で、眼圧が正常値であるにもかかわらず視神経にダメージが加えられ、結果的に緑内障を発症してしまった状態です。

以前は眼圧が高い場合のみ緑内障になると考えられていたものの、近年では眼圧が低い場合に現われる緑内障の症状が増加傾向にあるため、眼圧が正常値である皆さんも注意が必要です。眼圧の数値は「眼圧検査」を受けることで分かりますが、もし眼圧に問題がなくても視野が欠けているような場合は緑内障を発症していることが考えられます。

普段から眼精疲労を溜めやすい皆さん、血行が悪く身体が冷えている皆さん、頭痛持ちである皆さん、ストレスを溜めやすい皆さん、生活習慣が乱れやすい皆さんなどは、眼圧がそれほど高くはない状態でも視神経がダメージを受けやすく、緑内障を発症しやすい状態と見られています。

特に眼精疲労やストレスなどは一時的に眼圧を高くしてしまうため、その状態が何度も続くことによって視神経へのダメージを与えてしまうことがあるので十分に気をつけておきましょう。冷え症など血行が悪い状態である皆さんも、目詰まりによって視野が欠けて狭くなってしまうことがありますので、身体の冷えを改善するなどして緑内障の発症や症状の悪化を防ぐことが大切です。大事な目を守るためには、まず大事な身体から守っていきましょう。

生活習慣の中にも緑内障の危険性が

誰もがかかりうる病気である緑内障には眼圧の高さも関係していますが、普段の生活習慣も大きく関係しているものです。もし眼圧が高くない場合でも、生活習慣の乱れの中に緑内障の危険は潜んでいることを忘れないようにしておきましょう。そして自ら緑内障の予防をしたり、症状の改善を図ることも重要です。眼科における治療はもちろん大切ですが、生活習慣の乱れは皆さん自身で改善していくものです。

食生活、運動、ストレスや疲れの解消、睡眠など規則正しい生活を送ることが緑内障予防・改善に繋がっていきます。今は問題がない場合でも、今後緑内障を発症するリスクが高い皆さんは、まず自分自身の生活習慣から見直してみると良いでしょう。緑内障を発症している皆さんも、ストレスや疲れを溜めないよう自分自身の生活を少しでも楽なものに変えていく努力を心がけてみてくださいね。

徐々に現れてくる視神経へのダメージ、緑内障にかかる主な原因

緑内障は早期発見が大切

中高年層によく見られる「緑内障」ですが、近年では若年層にも現れやすくなっているため、より注意が必要です。緑内障は視野が欠けてしまう病気のことで、徐々に進行していくことが特徴的です。患者自身が気付かない間に進行していってしまうので、自覚症状がないまま症状が悪化してしまうことも珍しくありません。そのため、まずは症状が現れていることに早く気付くことが大切とされています。

眼科では検診を受けることによって緑内障を発症しているかどうかを調べることができるようになっていますから、中高年の皆さんはもちろん、若年層の皆さんも定期的に検診を受けることを心がけるようにしましょう。緑内障の予防にもなりますし、早期発見できた場合はすぐに治療を始めることも可能です。症状が悪化しないうちに対処できるよう、かかりつけの眼科を探しておくと良いでしょう。

緑内障が発症する主な原因

では、こうした緑内障はどのような原因によって発症する病気なのでしょうか?緑内障の直接的な原因としては、眼圧が正常よりも高くなることによって視神経が徐々にダメージを受けることが挙げられるのですが、特に眼圧が高くない場合でも何らかの刺激が加わることによって視神経にダメージが与えられ、結果的に緑内障を発症してしまうこともあります。

例えば、仕事で長時間パソコンの画面に向き合っていたり、スマートフォンや携帯電話の画面を凝視することが多かったりする場合は、眼精疲労が溜まり、一時的に眼圧が高くなることがあります。眼圧が高い状態が続いているわけではなく、一日のうちに眼圧が急激に高くなる時間がある場合には緑内障発症の恐れが考えられますので、日頃から眼精疲労を溜めやすい皆さんは目の疲れをしっかり取るよう注意しておきましょう。

その他、皆さんの中には近視である方々も多いかと思いますが、近視の皆さんも緑内障になりやすいと考えられていますし、体温が低かったり冷え症であったり体内の血流が悪い状態にも緑内障発症の危険性があるとされています。日本人に見られる緑内障の多くは、眼圧が正常であるにもかかわらず発症してしまう「正常眼圧緑内障」と言われているため、眼圧に問題がなくても症状が見られることは決して珍しいことではありません。眼圧が正常である場合、低い場合にも緑内障の危険が隠されていることをしっかり理解しておくようにしましょう。

緑内障の予防・改善、そして治療

緑内障の主な原因には異常のようなことが挙げられますが、まずは緑内障にならないための予防対策をしっかり行なっておくこと、もし緑内障になってしまっても適切な治療を受けて症状の悪化を防ぐことで、最悪の事態は免れることができます。緑内障は症状を放置しておくと最終的には失明してしまう危険性がある病気です。一度発症すると完治はしませんが、治療をしない限り症状は進行していくばかりですので、早めの対処が重要であることを覚えておきましょう。

皆さん自身でできることとしては、やはり生活習慣の見直しなど体調を整えることが大切です。上記で挙げたような眼精疲労などは特に気をつけておくべきことですから、目の疲れはその日のうちに解消しておくようにしましょう。また、緑内障は急性発作を引き起こす恐れもあるため、急に目の痛みを感じたり、頭痛や吐き気といった症状が現れたりすることもあるものです。

緑内障一つを取っても患者それぞれ症状の進行スピードは異なりますし、症状の現れ方にも違いがあります。自分自身にとって適切な治療を受けることが必要ですので、まずは信頼して治療を任せられる医師に相談し、症状を緩和させていくことを第一に考えていきましょう。

「緑内障」ってどんな病気?自覚症状がないまま進行することも

目の病気には様々な症状がありますが、中でも「緑内障」は誰もがかかりうる病気とされています。40代以上の中高年の皆さんはもちろん、近年では若年層の皆さんも注意しておくべき病気と言われているため、一人一人が注意を払っておかなければなりません。では、緑内障は一体どのような病気なのでしょうか?よく聞く病名ではあるものの、緑内障になるとどのような症状が現われるのか、緑内障は治すことができるのか、よく知らないという皆さんも多いかと思います。ここからは緑内障という病気について詳しく見ていくことにしましょう。

「緑内障」ってどんな病気?

「緑内障」とは、簡単に言うと視野が欠けてしまう病気です。正常な視野では全体像をしっかり見ることができますが、緑内障になると視野の一部が欠けてしまうのです。さらに症状が進行すると視野の欠けた部分も多くなり、最終的には失明してしまう恐れもある大変危険な病気でもあります。

緑内障は眼圧が正常な状態よりも高くなることによって「視神経」がダメージを受けることで発症しますが、眼圧が低い場合でも何らかの原因によって視神経が傷つき、緑内障になってしまうケースも見られています。また一度ダメージを受けた視神経は再生することができないため、緑内障は生涯付き合っていかなければならない病気とも言われています。症状を改善したり、症状の進行を防いだりすることはできるものの、完全に治すことは難しく、一度発症してしまうと完治することはありません。

もし緑内障になってしまった場合には、少しでも症状の進行を遅らせることができるよう、薬を使用した治療を行なうことが必要ですし、生活習慣など皆さんの努力によって症状の改善を試みることも重要となっています。緑内障は完治することがない病気ですが、症状が悪化することを防ぐことは可能な病気ですので、まずは早期に発見することができるように定期的な検診を受けるなど、皆さん自身で緑内障という病気に向き合っていくことが大切です。

自覚症状がないまま進行する緑内障

ただし、緑内障はほとんどの場合自覚症状がなく進行していくため、気付いた頃には大変危険な状態になってしまっていることも少なくありません。緑内障の症状は発症している本人には気付きにくく、初期の段階で気付くことは非常に珍しいことでもあります。視野が欠けていると気付いた時には、既に症状が進行してしまっていて、早期発見とはいかないケースもあるのです。

緑内障は何よりも早期発見が肝心となっている病気ですから、知らぬ間に症状が進行してしまうことを防ぐためにも、定期的な検診が必要というわけです。緑内障は年齢を重ねるごとにかかりやすくなる病気ですから、中高年の皆さんはかかりつけの眼科で定期的に検診を受け、症状が発症していないかどうかをしっかり診てもらうようにしましょう。もし緑内障になってしまっていたとしても、発症していることが早めに分かれば治療もすぐに始められますし、症状も悪化することなく日常生活を送れるようになります。

現在「緑内障かもしれない」と少しでも思い当たる節があれば、ぜひすぐに眼科を受診することをおすすめします。受診した結果、緑内障を発症していれば早期発見になりますし、緑内障を発症していない場合でも目の異変は他の病気が隠れていることが考えられますので、何事も早めの対処を心がけるようにしましょう。自分の大切な目を守るためにも、身体に現れている変化を見落とさないよう注意してくださいね。

<1 2