緑内障で眼科に行くタイミングは

これって緑内障?自分で変化に気付いた時に眼科へ行くタイミングは

少しでも変化を感じたら眼科へ

皆さんは目の不調を感じたことはありますか?目が疲れている、充血している、涙が出る、痛みがある、視界がかすみがちになるなど様々な不調を感じることがあるかと思いますが、視野が段々狭くなってきているように感じている場合は「緑内障」を発症している恐れがあるので注意が必要です。緑内障とは徐々に視野が欠けていく病気のことで、一般的に40代以降の中高年に見られる症状と見られています。

しかし、近年では若年層にも発症傾向があり、20代や30代で緑内障を発症するケースも少なくありません。発症の原因は眼圧の上昇と見られていますが、正常な眼圧でも緑内障を発症することもありますし、一方では「目の成人病」とも呼ばれているため、普段の生活習慣が影響して緑内障になってしまうことも考えられています。

眼圧の上昇だけに限らず、様々な原因が影響して現われる病気なので、今は何の問題も見られない場合でも、将来的に緑内障を発症し、症状が進行していくことも考えられないことではありません。緑内障は初期段階では自覚症状も感じにくいため、知らず知らずのうちに症状が悪化してしまっていることも珍しくない病気ですから、まずは少しでも変化を感じたら眼科を受診して検査を受けましょう。

眼科を受診するタイミングが分からない・・・

しかし、緑内障だと感じることがあっても実際には緑内障ではなかった、ということもありますし、絶対に緑内障にはかかっていないと思っていた人が実は緑内障を発症していた、ということもあるため、皆さん自身の判断で眼科を受診するタイミングが難しい場合もありますよね。

特に症状を自覚しにくい初期の段階では、緑内障であっても生活面にはあまり影響が見られませんし、視野が一部欠けていても気付かないことがほとんどです。その段階で自分は緑内障だと自覚し、眼科を受診することは稀ですが、一番は初期症状が現れているうちに治療を始めることなので、やはり定期的に検診を受けて緑内障であるかどうかをその都度調べてもらうことが重要となります。

眼科に定期的に通うことがない皆さんにとっては非常に面倒なことかもしれませんが、目の健康を守るためにも40代を過ぎたら緑内障の検診を受けるよう心がけてください。症状が見られていないからこそ危険が潜んでいることが考えられますので、緑内障が発症しやすい中高年の皆さんは発症を予防をする気持ちで検診を受けることをおすすめします。

もちろん、若い世代の皆さんも検診を受けることで緑内障の早期発見に繋げることができます。特に「強度近視」で視力が非常に低い皆さんなどは、緑内障を発症しやすい状態であると見られています。将来緑内障を発症するリスクが高い状態ですので、念のため定期的に検診を受けておくと良いでしょう。

すぐに眼科を受診した方が良い場合

また、もし既に視野が欠けている、視野が狭くなって見えにくくなってきている、といったような自覚症状がある場合には、すぐにでも眼科を受診してください。自覚症状が現れているということは、症状がかなり進行している状態とも見ることができます。つまり、放置しておくと失明の恐れもあり非常に危険な状態です。目の異変は放っておかず、すぐに医師に診せるようにしましょう。

比較的早めに治療を始めることができれば、失明の危険も免れます。失った視野を回復させることは現代の医療では難しいですが、これ以上視野を狭めないようにするためにも、しっかり治療を受けて症状を和らげ、緑内障の症状と上手く付き合っていくようにしましょう。