もし自分が緑内障になってしまったら

もし自分が緑内障になってしまったら、しっかり症状への対処を学んで

中高年だけではなく若年層も注意!

しっかり見えているはずの物が見えない、という状態は非常に辛いものですが、このように視野が一部欠けてしまう症状が「緑内障」の主な特徴となります。全体像を見ているはずが視野の一部が欠けてしまい、しっかりと物を見ることができなくなってしまうのです。このような緑内障は中高年に多く見られる症状で、年齢で言うと40代以降の皆さんに発症しやすい病気と見られています。

しかし、近年では緑内障の若年化も進んでいることから、40代以下の皆さんでも緑内障予備軍となっていたり、緑内障を発症してしまったり、といったケースも少なくありません。決して中高年だけが気をつければ良い病気ではありませんので、若い世代の皆さんも将来の自分ために緑内障予防を心がけていくと良いでしょう。

もし自分が緑内障になってしまったら

では、もし自分が緑内障になってしまったらどのように対処していけば良いのでしょうか?緑内障は視野が欠けてしまう病気とお話ししましたが、患者自身が自分で「視野が欠けている」と気付くのは決して初期段階ではなく、症状がある程度進行してしまってからの状態になります。つまり、視野が欠けていることに気付いた頃には緑内障が進行し、状態が悪化してしまっていることが考えられるのです。

緑内障は一度かかると完治はしません。視野が欠けるということは、視神経が死んでしまっている状態ですので、視神経が回復しない限り失った視野は戻ってこないのです。現代の医療では死んでしまった視神経を回復し、元通りの視野を得るという治療は行なえないため、緑内障の発症後は完治することがない、というわけです。

もし皆さんが緑内障になってしまった場合、まずはこのような現状をしっかりと見つめていくことが大切なので、自分が緑内障になったという事実を受け止め、緑内障という病気についての理解を深めていくことから始めていきましょう。医師の元で治療を受けることは不可欠ですし、医師の指示に従って治療を受けることで症状も和らいでいくものですが、やはり緑内障は完治することはありません。一生付き合っていかなければならない病気です。ただ治療を受けるだけではなく、皆さん自身でも緑内障とはどのような病気か、よく知ることも忘れないようにしてくださいね。

家族や友人が緑内障になってしまった時は

また、自分ではなく家族や友人などが緑内障になってしまった場合も、患者本人だけの負担にするのではなく、周囲にいる皆さんも緑内障について理解してあげることが大切です。緑内障であることに対してストレスを感じてしまう人は決して少なくありませんし、そうしたストレスによってまたさらに緑内障の症状が悪化してしまうこともあるものです。

緑内障は眼圧が高くなることによって視神経が刺激され、ダメージを受けることで現われる病気ですが、ストレスは眼圧を高くする原因にもなってしまいます。例え眼圧が正常でも一時的に眼圧が高くなる状態が続けば、結果的に緑内障になってしまうリスクも高まります。ストレスの解消も緑内障の予防策の一つですし、ストレスを溜めないようにすることで症状の進行を妨げることもできるようになります。

皆さんが大切に思う人達が緑内障になってしまった時には、ストレスの解消に付き合ってあげるなど、緑内障の症状が少しでも和らぐような協力をしてみてはいかがでしょうか?軽く気分転換をするだけでも緑内障に対するストレスは解消されていきますから、病気に対する理解はもちろんのこと、症状の悪化に繋がらないような生活を送る力になってあげてくださいね。