緑内障と眼圧の高さ・低さ

眼圧が高くても低くても発症する病気、緑内障と眼圧の関係とは

視野が欠けてしまう「緑内障」

「緑内障」は視神経がダメージを受けることによって、視野が欠けてしまう病気です。初期段階では視野が欠けていることには気付きにくく、緑内障である自覚がない場合がほとんどです。自覚症状がないため、視野が大幅に欠けてしまった頃には症状が悪化してしまっているケースも少なくありません。自分自身では気付くことが難しい病気なので、緑内障の発症を防ぐためには定期的な検診が欠かせないものとなっています。

もし検診を受けて「眼圧」が高いという結果が出た場合は、緑内障になりやすい状態ということになりますので、医師の指示に従って適切な治療を受けましょう。眼圧を下げるための点眼薬に治療が一般的ですが、症状によっては手術で緑内障を治療することもあります。

同じ緑内障という病気でも、様々な種類によって現われる症状や治療法が異なっていますから、自分自身がどのようなタイプの緑内障かしっかり理解することも大切です。緑内障は一生付き合っていかなければならない病気ですので、まずは緑内障についてよく知ることから始めてみると良いでしょう。

眼圧が低くても緑内障になるの?

以上のように、緑内障は眼圧が高くなることで起きる病気ですが、場合によっては眼圧が低くても緑内障を発症することがあります。これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれるタイプの症状で、眼圧が正常値であるにもかかわらず視神経にダメージが加えられ、結果的に緑内障を発症してしまった状態です。

以前は眼圧が高い場合のみ緑内障になると考えられていたものの、近年では眼圧が低い場合に現われる緑内障の症状が増加傾向にあるため、眼圧が正常値である皆さんも注意が必要です。眼圧の数値は「眼圧検査」を受けることで分かりますが、もし眼圧に問題がなくても視野が欠けているような場合は緑内障を発症していることが考えられます。

普段から眼精疲労を溜めやすい皆さん、血行が悪く身体が冷えている皆さん、頭痛持ちである皆さん、ストレスを溜めやすい皆さん、生活習慣が乱れやすい皆さんなどは、眼圧がそれほど高くはない状態でも視神経がダメージを受けやすく、緑内障を発症しやすい状態と見られています。

特に眼精疲労やストレスなどは一時的に眼圧を高くしてしまうため、その状態が何度も続くことによって視神経へのダメージを与えてしまうことがあるので十分に気をつけておきましょう。冷え症など血行が悪い状態である皆さんも、目詰まりによって視野が欠けて狭くなってしまうことがありますので、身体の冷えを改善するなどして緑内障の発症や症状の悪化を防ぐことが大切です。大事な目を守るためには、まず大事な身体から守っていきましょう。

生活習慣の中にも緑内障の危険性が

誰もがかかりうる病気である緑内障には眼圧の高さも関係していますが、普段の生活習慣も大きく関係しているものです。もし眼圧が高くない場合でも、生活習慣の乱れの中に緑内障の危険は潜んでいることを忘れないようにしておきましょう。そして自ら緑内障の予防をしたり、症状の改善を図ることも重要です。眼科における治療はもちろん大切ですが、生活習慣の乱れは皆さん自身で改善していくものです。

食生活、運動、ストレスや疲れの解消、睡眠など規則正しい生活を送ることが緑内障予防・改善に繋がっていきます。今は問題がない場合でも、今後緑内障を発症するリスクが高い皆さんは、まず自分自身の生活習慣から見直してみると良いでしょう。緑内障を発症している皆さんも、ストレスや疲れを溜めないよう自分自身の生活を少しでも楽なものに変えていく努力を心がけてみてくださいね。