緑内障って治る病気なの?

緑内障って治るの?まずは症状をこれ以上悪化させないための努力を

緑内障の発症を予防する方法

視野が欠けて狭くなる、といった症状が「緑内障」に見られる大きな特徴です。通常は問題なく全体像が見えていても、緑内障の場合は一部が欠けて見えるようになり、徐々にその範囲も広がっていきます。最初はほんの一部分だけが欠けて見えているため、自覚症状がない人がほとんどですし、緑内障自体が時間をかけて進行している病気なので、気付いた頃には症状が悪化してしまっていた、ということも珍しくありません。

そんな緑内障の発症に気付くためには、やはり早期に症状を発見することが不可欠です。眼科では緑内障の発症を調べるための検査を受けることができますので、定期的に検査を受けて緑内障の発症を予防していきましょう。もし検査を受けたことで緑内障であると分かった場合には、すぐに治療を始めることで症状の悪化を防ぐことができます。

しかし、緑内障は完治させることが難しい病気であるため、治すことを目的とするのではありません。あくまでも症状を今以上に悪化させないよう、努力を続けていくことが皆さんには求められています。

緑内障って治る病気なの?

緑内障を発症すると、よく「緑内障は治るの?」と心配される方々がいますが、残念ながら緑内障は完治することのない病気です。一度発症してしまったら生涯付き合っていかなければならない病気であるため、完全に症状を無くすことはできないのです。と言うのも、緑内障は視神経がダメージを受けることによって発症する病気なので、完治させるためには機能しなくなってしまった視神経自体を治さなくてはなりません。

現段階の医療では機能しなくなった視神経を元の状態に回復させる治療は行なえないため、一度失ってしまった視野は戻らないのです。結果、緑内障になってしまった後は残された視神経が働いている視野のみ見ることができる状態となり、既に欠けた視野を今までの状態に治すことはできないというわけです。

まずは初期段階での早期発見を

このように、緑内障は完治しない病気ではありますが、適切な治療を受けることによってこれ以上視野が狭くならないようにすることは可能です。現状を良くするというよりも、現状を保って悪化しないよう努力することが緑内障における治療となります。

そのためにも緑内障は何よりも早期発見を第一に考えなければなりません。初期段階で緑内障であることが分かれば、視野が比較的広い段階ですから、症状の悪化を防いで通常どおりの生活を送ることもできますし、生活習慣の見直しなどによっても症状を改善していくことも不可能ではないのです。

症状があまりにも進行してしまっていたような場合は、手術を受けるなどの治療も必要となりますが、一般的な緑内障の治療は点眼薬によって眼圧を下げることになります。治療によって眼圧を下げて正常な状態を保つことで問題なく生活を送ることができますので、もし緑内障を発症してしまった場合でも、初期段階であればそれほど心配する必要はありません。

生涯病気と付き合っていくこと

ただし、症状を放置し続けていると最終的には失明してしまう恐れもあるところが緑内障の怖さでもあります。失明する恐れがある、ということについてはしっかり理解した上で、現状に必要な治療を受け、症状を少しでも楽にしていくよう皆さん自身も努力していくようにしましょう。

生涯病気と付き合っていく、ということは、決して生涯ずっと病気の辛さを味わうというわけではありません。自分が緑内障であることを受け止め、症状を和らげるためにはどのように生活していけば良いかを考えることが大切です。完治はしなくても、医師と相談しながら皆さんなりに緑内障と付き合っていくようにしましょう。