「緑内障」ってどんな病気?

「緑内障」ってどんな病気?自覚症状がないまま進行することも

目の病気には様々な症状がありますが、中でも「緑内障」は誰もがかかりうる病気とされています。40代以上の中高年の皆さんはもちろん、近年では若年層の皆さんも注意しておくべき病気と言われているため、一人一人が注意を払っておかなければなりません。では、緑内障は一体どのような病気なのでしょうか?よく聞く病名ではあるものの、緑内障になるとどのような症状が現われるのか、緑内障は治すことができるのか、よく知らないという皆さんも多いかと思います。ここからは緑内障という病気について詳しく見ていくことにしましょう。

「緑内障」ってどんな病気?

「緑内障」とは、簡単に言うと視野が欠けてしまう病気です。正常な視野では全体像をしっかり見ることができますが、緑内障になると視野の一部が欠けてしまうのです。さらに症状が進行すると視野の欠けた部分も多くなり、最終的には失明してしまう恐れもある大変危険な病気でもあります。

緑内障は眼圧が正常な状態よりも高くなることによって「視神経」がダメージを受けることで発症しますが、眼圧が低い場合でも何らかの原因によって視神経が傷つき、緑内障になってしまうケースも見られています。また一度ダメージを受けた視神経は再生することができないため、緑内障は生涯付き合っていかなければならない病気とも言われています。症状を改善したり、症状の進行を防いだりすることはできるものの、完全に治すことは難しく、一度発症してしまうと完治することはありません。

もし緑内障になってしまった場合には、少しでも症状の進行を遅らせることができるよう、薬を使用した治療を行なうことが必要ですし、生活習慣など皆さんの努力によって症状の改善を試みることも重要となっています。緑内障は完治することがない病気ですが、症状が悪化することを防ぐことは可能な病気ですので、まずは早期に発見することができるように定期的な検診を受けるなど、皆さん自身で緑内障という病気に向き合っていくことが大切です。

自覚症状がないまま進行する緑内障

ただし、緑内障はほとんどの場合自覚症状がなく進行していくため、気付いた頃には大変危険な状態になってしまっていることも少なくありません。緑内障の症状は発症している本人には気付きにくく、初期の段階で気付くことは非常に珍しいことでもあります。視野が欠けていると気付いた時には、既に症状が進行してしまっていて、早期発見とはいかないケースもあるのです。

緑内障は何よりも早期発見が肝心となっている病気ですから、知らぬ間に症状が進行してしまうことを防ぐためにも、定期的な検診が必要というわけです。緑内障は年齢を重ねるごとにかかりやすくなる病気ですから、中高年の皆さんはかかりつけの眼科で定期的に検診を受け、症状が発症していないかどうかをしっかり診てもらうようにしましょう。もし緑内障になってしまっていたとしても、発症していることが早めに分かれば治療もすぐに始められますし、症状も悪化することなく日常生活を送れるようになります。

現在「緑内障かもしれない」と少しでも思い当たる節があれば、ぜひすぐに眼科を受診することをおすすめします。受診した結果、緑内障を発症していれば早期発見になりますし、緑内障を発症していない場合でも目の異変は他の病気が隠れていることが考えられますので、何事も早めの対処を心がけるようにしましょう。自分の大切な目を守るためにも、身体に現れている変化を見落とさないよう注意してくださいね。