40歳を超えたら緑内障に注意

40歳を超えたら要注意!年齢を重ねるとかかりやすくなる緑内障

緑内障を発症しやすい状態

視神経へのダメージによって次第に視野が欠けていってしまうのが「緑内障」です。通常ならば見えているはずの物が見えず、視野が狭くなってしまうため、一見するとすぐにでも症状に気付きそうなものですが、緑内障は徐々に進行していくことが特徴的です。少しずつ症状が進行していくことから、初期段階では自覚症状はまだほとんど見られず、患者本人が視野の変化に気付く頃には症状がかなり進行してしまっている状態であることも少なくありません。

こうした特徴を持つ緑内障は、一般的に眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、近年では眼圧の数値に問題が見られない人でも発症する「正常眼圧緑内障」の患者数が増加傾向にあります。眼圧が正常であるにもかかわらず緑内障になってしまう原因としては、一時的に眼圧が高くなる時間が多い、強度近視である、近親者に緑内障を発症している人がいる、冷え症で血行が悪い、眼精疲労が溜まっているなど、様々なケースが挙げられます。

眼圧だけが緑内障の原因に関連しているわけではないので、緑内障にかからないようにするためにも普段の生活面から気をつけていくことを心がけていきましょう。

40歳を超えたら緑内障に要注意

そして緑内障は年齢が高くなるごとにかかりやすくなる病気でもあります。年齢でいうと40歳を超えたら要注意とされている病気ですから、40代以降の皆さんは自分自身の目に何らかの異常が現れたら、緑内障である恐れも考えておく必要があります。40歳前後の皆さんはまだまだ働き盛りですから、仕事でも忙しく日々ストレスを感じていることも多いかと思います。実はこうしたストレスも緑内障を発症する原因の一つと考えられています。

ストレスを感じることで眼圧が高くなり、視神経が圧迫されてしまう、ということから結果的に緑内障を発症してしまうリスクが高まってしまうのです。仕事におけるストレスだけではなく、日常生活における様々なストレスが眼圧を一時的に高くしてしまうこともあるので、身体的にも精神的にも過度なストレスのかからないような生活を送ることも大切です。こまめにストレスを解消しながら、緑内障の発症を予防していくと良いでしょう。

緑内障は「目の成人病」

その他、運動不足や不規則な食事など、生活習慣が乱れていることによっても緑内障の発症リスクは高くなります。皆さんは毎日規則正しい生活を送っているでしょうか?仕事の忙しさを言い訳に全く運動をしていなかったり、食事についても栄養バランスを考えていなかったり、生活軸が乱れてしまっている皆さんも多いかと思います。

生活習慣の乱れは緑内障に限らず、様々な病気を発症する原因とされていますが、緑内障もまた生活習慣病の一つとも考えられています。緑内障は「目の成人病」と言われることも多く、生活習慣が影響して発症してしまう病気としても有名です。つまり、誰もがかかりうる病気でもあるので、症状が現れないうちにしっかりと対処しておくことが必要なのです。

「自分は大丈夫」と思っている人ほど、緑内障を発症してしまいやすい傾向がありますから、まずは自分自身の生活習慣を見直し、規則正しい毎日を送れるよう努力していきましょう。食事の栄養バランスを整える、適度な運動をする、ストレスを溜めない、疲れを溜めない、睡眠を取る、といった習慣だけでも緑内障予防に繋げていくことができます。皆さんが今から始められることから緑内障の発症を防いでいきましょう。