緑内障の基礎知識

記事一覧

これって緑内障?自分で変化に気付いた時に眼科へ行くタイミングは

少しでも変化を感じたら眼科へ

皆さんは目の不調を感じたことはありますか?目が疲れている、充血している、涙が出る、痛みがある、視界がかすみがちになるなど様々な不調を感じることがあるかと思いますが、視野が段々狭くなってきているように感じている場合は「緑内障」を発症している恐れがあるので注意が必要です。緑内障とは徐々に視野が欠けていく病気のことで、一般的に40代以降の中高年に見られる症状と見られています。

しかし、近年では若年層にも発症傾向があり、20代や30代で緑内障を発症するケースも少なくありません。発症の原因は眼圧の上昇と見られていますが、正常な眼圧でも緑内障を発症することもありますし、一方では「目の成人病」とも呼ばれているため、普段の生活習慣が影響して緑内障になってしまうことも考えられています。

眼圧の上昇だけに限らず、様々な原因が影響して現われる病気なので、今は何の問題も見られない場合でも、将来的に緑内障を発症し、症状が進行していくことも考えられないことではありません。緑内障は初期段階では自覚症状も感じにくいため、知らず知らずのうちに症状が悪化してしまっていることも珍しくない病気ですから、まずは少しでも変化を感じたら眼科を受診して検査を受けましょう。

眼科を受診するタイミングが分からない・・・

しかし、緑内障だと感じることがあっても実際には緑内障ではなかった、ということもありますし、絶対に緑内障にはかかっていないと思っていた人が実は緑内障を発症していた、ということもあるため、皆さん自身の判断で眼科を受診するタイミングが難しい場合もありますよね。

特に症状を自覚しにくい初期の段階では、緑内障であっても生活面にはあまり影響が見られませんし、視野が一部欠けていても気付かないことがほとんどです。その段階で自分は緑内障だと自覚し、眼科を受診することは稀ですが、一番は初期症状が現れているうちに治療を始めることなので、やはり定期的に検診を受けて緑内障であるかどうかをその都度調べてもらうことが重要となります。

眼科に定期的に通うことがない皆さんにとっては非常に面倒なことかもしれませんが、目の健康を守るためにも40代を過ぎたら緑内障の検診を受けるよう心がけてください。症状が見られていないからこそ危険が潜んでいることが考えられますので、緑内障が発症しやすい中高年の皆さんは発症を予防をする気持ちで検診を受けることをおすすめします。

もちろん、若い世代の皆さんも検診を受けることで緑内障の早期発見に繋げることができます。特に「強度近視」で視力が非常に低い皆さんなどは、緑内障を発症しやすい状態であると見られています。将来緑内障を発症するリスクが高い状態ですので、念のため定期的に検診を受けておくと良いでしょう。

すぐに眼科を受診した方が良い場合

また、もし既に視野が欠けている、視野が狭くなって見えにくくなってきている、といったような自覚症状がある場合には、すぐにでも眼科を受診してください。自覚症状が現れているということは、症状がかなり進行している状態とも見ることができます。つまり、放置しておくと失明の恐れもあり非常に危険な状態です。目の異変は放っておかず、すぐに医師に診せるようにしましょう。

比較的早めに治療を始めることができれば、失明の危険も免れます。失った視野を回復させることは現代の医療では難しいですが、これ以上視野を狭めないようにするためにも、しっかり治療を受けて症状を和らげ、緑内障の症状と上手く付き合っていくようにしましょう。

急性の緑内障を発症する場合もあれば生まれつき緑内障である場合も

まずは目の変化に気付くことから

「緑内障」は徐々に時間をかけて視野や失われていく病気です。もちろん、適切な治療を受けることによって視野が欠けないよう症状の進行を抑えることはできますが、症状が現れているにもかかわらず放置し続けているとますます状態は悪化し、最終的には失明する危険性もあるので注意が必要です。緑内障が発症する原因としては、主に眼圧の上昇が挙げられます。何らかの要因によって眼圧が上がることで、視神経が傷つき、視野が欠けてしまうのです。

一度傷ついてしまった視神経は機能を回復することはないので、緑内障は生涯付き合っていなければならない病気としても知られています。症状の進行を遅らせたり、進行を抑えたりすることはできても、失った視野を取り戻すことは難しいのです。そのため、緑内障は早期発見・早期治療が大変重要なものとなっています。

症状が現れていることに早く気付くことができれば、その分だけ早く治療を始めることもできますよね。緑内障治療は早めの対処がカギとなっていますので、自分の目に異変を感じた場合はすぐに眼科を受診しましょう。失明の危険性がある病気ですが、早期発見できれば治療によって普段通りの生活を送ることも十分可能です。まずは変化に気付くことに注意しておきましょう。

急激に眼圧が上昇し、痛みが現われる「急性緑内障」

ただ、緑内障のタイプによっては突然目の痛みが引き起こる「急性緑内障」などもあり、突如として緑内障の症状が現れる場合もあるので、様々な緑内障があるということもよく知っておく必要があります。急性緑内障は急激に眼圧が上昇し、目の痛み、頭痛、吐き気、胃痛、視力低下などの症状が現れるようになり、症状を放っておくと失明する恐れもあり大変危険です。これは急性緑内障の発作と呼ばれるもので、発作が起きたらすぐに対処することが必要とされています。

しかし、急性緑内障の発作は頭痛や吐き気といった症状が現われることから、眼科ではなく内科を受診してしまうケースも多く、症状の発見が遅れてしまうことも少なくありません。急性緑内障の発作が起きる前にも、人によっては少し目の痛みを感じることがあったり、目がかすみがちだったりすることがありますが、気付かないことがほとんどです。もし急激に目の痛みを感じるようになったら急性緑内障の発作であることが考えられますので、まずは眼科を受診して症状をよく診てもらうようにしましょう。

生まれつきの「発達緑内障」

その他、緑内障は生まれつき症状を抱えているタイプのものもあります。「先天性緑内障」とも呼ばれていますが、発達過程において発症することから「発達緑内障」と呼ばれることもあり、発達緑内障においては「早発型」と「遅発型」に分類することができます。

緑内障の症状が現れる時期の違いから早発型と遅発型に分けられるわけですが、基本的に早発型は新生児?10歳まで、遅発型は10代?20代に発症すると見られています。発症確率の傾向としては早発型が多く、特に生まれてから1年以内に発症するケースがほとんどとされています。生まれつき症状を抱えているとなると遺伝による緑内障の発症と考えてしまうかもしれませんが、発達性緑内障には遺伝性はないものと考えられています。

ただ、症状が現れたらすぐに対処することが必要となりますし、眼圧が下がらない場合は何度も手術を受けなければならないこともあります。生涯に渡って緑内障と付き合っていくことになりますので、医師とよく相談しながら適切な治療を受けるようにしましょう。

動物も緑内障になる?人間だけではなくペットの変化も見逃さないで

若年層にも増え始めている「緑内障」

徐々に視野が狭くなっていく病気「緑内障」。近年患者数に増加が見られるようになり、発症には生活習慣が影響しているとも考えられていることから「目の成人病」とも呼ばれていることが特徴的です。直接的な発症原因は、眼圧が高くなることによる視神経へのダメージですが、特に眼圧の数値に異常が見られない場合でも緑内障になることはありますし、様々な要因によって視神経がダメージを受けやすい状態になってしまっているケースもあるため、眼圧の上昇だけが緑内障に関係しているわけではありません。

眼圧が正常値であるにもかかわらず緑内障を発症してしまった場合は、やはり普段の生活習慣や慢性的な眼精疲労、ストレスなどが影響していることが考えられるので、眼圧に異常が見られない皆さんも、緑内障予防のためには日々の生活から見直していくことが大切です。40代以降の中高年の発症率が高い緑内障ですが、最近は20代や30代の患者数も増えてきています。若年層の皆さんも緑内障には十分注意しておきましょう。

動物も緑内障になるの?

また、こうした緑内障の症状は人間だけではなく動物が発症することもあります。つまり、皆さんがペットとして飼っている犬や猫などの動物も同様に緑内障を発症してしまうことがあるのです。動物が発症する緑内障も人間と同じく眼圧の上昇が大きな原因となっていますので、発症するメカニズムには変わりはないのですが、動物は人間とは違い自ら言葉を発することができません。もし目に異変を感じても言葉にして伝えることができないため、症状の発見が遅れてしまうことも決して珍しいことではないのです。

動物の緑内障も早期発見が第一ですから、皆さんはまず大切なペットの変化にしっかり気付いてあげなくてはなりません。少しでも異変を感じたら、すぐにかかりつけの医師に診せるようにし、緑内障を発症している場合は適切な治療を受けるようにしてください。

人間の緑内障は基本的に点眼薬による治療、手術による治療を受けることになりますが、動物の場合は点眼薬と手術による治療の他、義眼手術を行なうケースもあります。緑内障を発症した眼球を摘出して義眼を挿入する手術で、特に目に痛みを感じているような場合は、手術を受けることで痛みがなくなり、その後も元気に生活していくことができるようになります。

もちろん、眼球を摘出することで目は見えなくなってしまいますが、痛みを少しでも和らげてあげたい、という場合は義眼手術を考えてみても良いでしょう。医師とよく相談しながら治療法を決めるようにしてください。

ペットの白内障にも注意を

このように緑内障は動物でもかかる病気となっていますが、動物がかかる目の病気は緑内障だけではありません。目の水晶体が白く濁ってしまう「白内障」という病気も、人間と同様に動物が発症するケースがあるので注意が必要です。白内障は緑内障以上に高齢になるにつれて発症しやすくなる病気なので、ペットが高齢である場合には目の変化に注意しておきましょう。白内障になると見た目としても白く濁って見えますし、散歩中などにも物にぶつかりやすくなるなどの変化が現れるようになります。

気付きにくいことだからこそ注意して見ておかなければなりませんから、少しでも変化を感じたら医師に診せるようにしてください。失明してしまう恐れがあっても、適切な治療を行なうことで免れることもあります。また失明してしまっても、場合によっては視力回復を見込める場合もありますので、まずは早めの対処を心がけましょう。

緑内障は現代人の悩みからも発症、目の疲れやドライアイを感じたら

近視の人は特に注意するべき「緑内障」

視野が欠けていくだけではなく、最悪の場合は失明してしまう恐れもある病気が「緑内障」です。緑内障は視神経にダメージが加わることで発症するため、視野が欠けるという症状が現れることが特徴的です。視神経へのダメージが加わる原因としては、主に眼圧の上昇が挙げられますが、特に眼圧の数値に問題がない場合にも視神経が傷ついてしまうこともあるので注意が必要です。

例えば、元々近視である皆さんの場合は、近視の状態が影響して視神経にダメージが加わることがあります。中でも視力が非常に低い「強度近視」の場合は網膜が薄くなってしまっているため、より視神経がダメージを受けやすい状態となってしまっているのです。強度近視である皆さんは、ちょっと刺激を与えただけでも視神経が傷ついてしまうことがありますので、眼圧の数値に関係なく緑内障の発症には十分注意するようにしましょう。

近年では眼圧が高くない場合でも「正常眼圧緑内障」を発症する患者が増えてきています。正常眼圧緑内障は眼圧に異常がない場合でも発症するので、眼圧検査だけではなく、眼底検査や視力検査など様々な検査を受けることが重要です。もし少しでも不安があれば、すぐに眼科を受診して検査を受けるようにしましょう。

蓄積された眼精疲労が影響する場合も

そして、緑内障は現代人である私たちの悩みが発症原因となるケースもあります。皆さんは日頃から目をよく使っているでしょうか?酷使しているとはいかずとも、目の疲れを感じたり、目が充血したり、目の周りの筋肉が痙攣したり、といった症状が現れている場合は眼精疲労が溜まっていることが考えられます。最初は少し疲れ気味に感じている場合でも、その疲れが段々と蓄積されていき、目に大きな負担をかけてしまうことも少なくないのです。

こうして溜まっていった眼精疲労によって、次第に視神経にもダメージが現れやすくなります。つまり、蓄積された眼精疲労が影響して緑内障を発症してしまう恐れがある、というわけです。眼精疲労が原因の緑内障は、特に目を酷使している状態、眼圧が一時的に高くなる状態が続くことで発症しやすいと見られています。

パソコンやスマートフォンの画面を長時間凝視している、何時間もゲーム画面に向かっている、画面に近い場所でテレビを観ている、といったような行動は現代人にありがちですが、このような行動は最も眼精疲労に繋がりやすく、緑内障発症の危険性を高める要因にもなっています。

現代人は「ドライアイ」にも注意!

また、パソコンやスマートフォン、ゲーム、テレビなどの画面を長時間凝視することは、眼精疲労の他にも「ドライアイ」を引き起こす恐れもあります。ドライアイは目の表面が乾いてしまう病気のことで、眼精疲労と同様、現代人に見られがちな症状です。パソコンやスマートフォンの画面を凝視していると、まばたきをする回数が自然と減ってしまいますよね。すると目の表面は乾きやすくなり、やがて慢性化することでドライアイになってしまうのです。

ドライアイにならないようにするためには、普段から意識的にまばたきをして目の表面が乾かないようにする、目薬を差して乾燥を防ぐ、目が疲れたらすぐに休めるなど、一人一人が今からできる予防策を始めることが大切です。ドライアイは緑内障の直接的な原因にはなりませんが、やはり眼精疲労も重なると緑内障発症のリスクは高まりますし、ドライアイと緑内障を併発することもありますので、目の不調を感じたらまずは医師に相談するようにしましょう。

糖尿病や高血圧など、様々な病気による合併症から起きる緑内障

増加傾向のある「緑内障」

目の病気の中には水晶体が白く濁る「白内障」や目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」などがありますが、「緑内障」もまた増加傾向のある病気として知られています。緑内障は視野が欠けてしまう症状が現れる病気で、症状が現れる原因としては、主に眼圧が高くなることによる視神経のダメージが挙げられます。視神経がダメージを受けたことによって機能しなくなり、結果的に視野が欠けてしまうのです。

症状の現れ方は人それぞれですが、初期段階ではほとんど自覚症状が見られません。そのため、患者自身は自分が緑内障であることに気付かず、症状を放置してしまうことも珍しくないのです。さらに緑内障は徐々に進行していく病気であることから、症状が現れていることに気付いた頃には大変危険な状態になってしまっているケースも少なくありません。

もし少しでも目に異変を感じた場合には、すぐに眼科を受診し、症状を診てもらうようにしましょう。初期段階で治療が始められれば、失明するリスクも避けることができます。まずは症状が現れていることに早く気付くためにも、定期的な検診を欠かさないようにしましょう。

糖尿病や高血圧症などの持病を抱えている場合

また、このような緑内障は他の病気による合併症として発症することもあるので、現在持病を抱えている皆さんも注意が必要です。特に糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を抱えている場合は、緑内障になりやすい状態を作り出してしまっていることになるため、発症しないよう予防をしたり、検診を受けて早めの対処を心がけたり、一人一人の努力がカギとなります。

と言うのも、緑内障は「目の成人病」とも呼ばれている病気であり、症状の発症には私たちの普段の生活習慣と大きな関連性があるのです。成人病は現在生活習慣病と呼ばれていますので、言い換えれば緑内障は「目の生活習慣病」となるわけです。不規則な食生活、睡眠不足、運動不足、日々のストレスや疲労などが影響し、視神経にダメージが加わることで、緑内障を発症してしまうリスクが大きく高まります。

近年では眼圧が正常値でも、日頃から眼精疲労が溜まりやすく、一時的に眼圧が高くなる状況が長期に渡って続いている皆さんも緑内障にかかるケースが増えてきています。これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれる症状で、現代の日本人に多く見られるタイプの緑内障です。眼圧の数値にかかわらず緑内障発症の恐れはある、ということをしっかり理解し、普段の生活習慣から見直していくことで緑内障を予防していきましょう。

緑内障は早期発見・早期治療を

緑内障は一度発症してしまうと、完治が難しい病気となっています。もちろん、緑内障の治療は眼科で行われますし、手術によって症状を改善させることもできます。しかし、ダメージを受けた視神経を治療によって回復させることはできないので、一度見えなくなってしまった視野を取り戻すことは現代の医療では不可能となっています。

ただ、視野がそれほど狭くなっていない段階で緑内障の発症に気付くことができれば、将来的に見える視野比較的広い状態を保つことができますから、やはり緑内障は早期発見が第一です。そしてこれ以上症状が悪化することのないよう、治療によって眼圧を下げたり、生活習慣を整えて身体の健康を保つ努力をしたり、症状の進行を抑えることも重要とされています。

失ってしまった視野を取り戻すことはできなくても、今以上に視野が欠けてしまうことを防ぐことはできますから、早期発見・早期治療によって緑内障としっかり向き合っていくようにしましょう。

血流に注目!目の病気である緑内障と血行不良や冷え症との関連性は

血行不良や冷え症も緑内障に関連が

皆さんは身体の冷えで悩んではいませんか?特に女性の皆さんは血行不良や冷え症などで悩むことが多いかと思いますが、こうした症状は目の病気である「緑内障」の発症とも関連性があると考えられています。どうして身体の冷えが緑内障に関係しているの?と不思議に思う皆さんも多いかもしれませんが、緑内障の発症原因は視神経へのダメージです。

視神経は主に眼圧の上昇が影響してダメージを受けやすくなるので、一見すると身体の冷えや血行不良が関連しているとは考えにくいものです。しかし、冷えや血行不良といった症状は全身に影響するものですから、冷えによって目の周りの筋肉が緊張することもありますし、目の周りの血行も悪くなってしまうこともあります。すると視神経はちょっとした刺激でも眼圧を感じやすく、結果的に冷えや血行不良がダメージを受けやすい状態を作ってしまうことになるのです。

あまり関連性のない問題に見えても、実は深いところで関係し合っている問題なので、冷えや血行不良に悩んでいる皆さんも緑内障の発症に注意しながら症状を緩和させていくと良いでしょう。

身体を温めて目の緊張も解消

特に目の周りの血行不良や冷えは直截的にも影響しやすいため、意識的に症状を和らげていくことが大切です。例えば、仕事でパソコンの画面に向かっていることが多いという皆さんは、目の周りの筋肉が緊張しやすく、知らず知らずのうちに血行不良を引き起こしてしまっていることも珍しくありません。

目が何となく疲れるだけではなく、偏頭痛、首や肩のこり、目の筋肉のこりなども同時に感じるような場合は要注意です。放っておくと慢性的な眼性疲労になってしまい、最終的には緑内障を発症してしまう恐れも考えられます。パソコンの画面を長時間凝視している状態は、非常に眼圧も高くなりやすいですし、眼精疲労もなかなか治りにくいものです。

毎日の仕事とは言え、やはり目の健康についても考えることは忘れてはなりませんので、少し疲れたなと感じたら力強くまばたきをしたり、目の周りを軽くマッサージしたり、蒸しタオルなどで目の周りを温めたりしながら、緊張した筋肉をほぐしてあげてください。

仕事の合間に行なうだけでも目の疲れは違いますし、集中力も高まるのでおすすめです。また帰宅後もゆっくり湯船に浸かって全身の冷えを解消することも結果的に緑内障予防に繋がります。全身の血行が良くなると目の周りの血行不良も解消されていきますから、様々な方法で身体を温めながら血行を改善させていきましょう。

緑内障予防には毎日の運動

そして適度な運動にも緑内障の発症を予防・改善する効果があります。緑内障は40代以降の中高年の皆さんがかかりやすい病気ですが、生活習慣病の一つとしても考えられているため、若年層の皆さんも注意しておかなければならない病気でもあります。

20代や30代の皆さんの中にも日頃から運動不足を感じている方々は多いかと思いますので、緑内障予備軍にならないようにするためにも、毎日疲れない程度に適度な運動を心がけてみてください。あまりに激しい運動はかえって逆効果となってしまいますから、軽くウォーキングをしたりランニングをしたり、長く続けていける運動を始めてみましょう。

運動をすることでも身体の冷えや血行不良は解消することができますし、冷えにくい体質への改善にも役立ちます。運動不足である皆さんはもちろん、慢性的な冷え症で悩んでいる皆さんも緑内障予防のために毎日の運動を心がけてみてくださいね。

タバコやお酒に含まれるアルコールも緑内障発症の要因の一つ

定期的に眼科に通う習慣をつけて

視野が欠けてしまう病気である「緑内障」の発症原因は、主に眼圧が高くなることによる視神経へのダメージです。何らかの要因によって眼圧が高くなると、視神経が圧迫されて傷ついてしまいます。一度傷ついてダメージを受けてしまった視神経は回復することがないため、欠けてしまった視野は元には戻りません。緑内障が完治しない病気と言われるのはそのためです。もちろん、緑内障も眼科で治療を行ないますし、点眼薬などの薬を使った治療も受けられます。

ただし、これは緑内障を完治させるための治療ではなく、緑内障の症状を少しでも和らげるために行なう治療なので、治療を行なっても失われた視野は回復しないのです。緑内障を発症しても比較的広い視野を保っておくためには、やはり症状の早期発見が第一です。発症していることが早期の段階で分かれば、緑内障の症状に対してもすぐに治療を始めることができますし、悪化もせず症状を落ち着かせることもできます。

しかし、緑内障は自覚症状が見られない病気としても知られていることから、初期段階で患者自身が緑内障であることに気付くケースはほとんどありません。早期に緑内障を発見するためには、眼科で定期的に検診を受けることが重要ですので、特に40代以降の中高年の皆さんは定期的に眼科に通う習慣をつけると良いでしょう。

タバコやお酒も緑内障発症の要因に

このように緑内障は主に眼圧による視神経へのダメージが原因と見られていますが、実は「目の成人病」と呼ばれるほど生活習慣が関わっている病気でもあります。眼圧が高くなる原因が普段の生活習慣に隠されているため、生活習慣の乱れによって緑内障を発症してしまう危険性が高まってしまうのです。特にタバコやお酒といった嗜好品は生活習慣への悪影響が大きく、緑内障を発症しやすい状態を作ってしまうので危険です。

もちろん、タバコを吸ったからといってすぐに緑内障になるわけではありませんし、お酒を毎日飲んでいる人が必ずしも緑内障になるわけでもありません。タバコやお酒は直接的な要因ではありませんが、タバコに含まれているニコチンやお酒に含まれているアルコールを摂り過ぎることによって、身体的に悪影響が現れるようになることは事実です。

タバコやお酒は様々な生活習慣病を引き起こす要因となっていますから、目の成人病と呼ばれている緑内障に関してもタバコを吸う習慣やお酒を飲む習慣が影響して発症することが多いのです。タバコやお酒を好んでいる皆さんがすぐにやめることは難しいかと思いますが、1日のタバコの量を減らしたり、徐々にお酒を飲む量を少なくしていったり、健康のことも考えながら生活を送るようにしてください。

慢性的な眼精疲労にも注意して

また、タバコやお酒の他、糖分を摂り過ぎることも緑内障を発症しやすい状態にさせてしまいますし、食事の栄養バランスが崩れている、運動不足、睡眠不足、ストレスや疲れが溜まっているなど生活面で何らかの問題を抱えている皆さんは緑内障を発症するリスクが高い状態と言えます。

中でも慢性的に眼精疲労を感じている皆さんは眼圧が高くなりやすいため、知らず知らずのうちに視神経がダメージを受け、緑内障を進行させてしまっていることも少なくありません。普段から目を酷使している皆さんは、眼精疲労が溜まらないよう休憩を取りながら作業をしたり、目の体操やツボ押しなどを試してみたりすることもおすすめです。もちろん検診を受けることも忘れずに、緑内障の発症を予防していきましょう。

40歳を超えたら要注意!年齢を重ねるとかかりやすくなる緑内障

緑内障を発症しやすい状態

視神経へのダメージによって次第に視野が欠けていってしまうのが「緑内障」です。通常ならば見えているはずの物が見えず、視野が狭くなってしまうため、一見するとすぐにでも症状に気付きそうなものですが、緑内障は徐々に進行していくことが特徴的です。少しずつ症状が進行していくことから、初期段階では自覚症状はまだほとんど見られず、患者本人が視野の変化に気付く頃には症状がかなり進行してしまっている状態であることも少なくありません。

こうした特徴を持つ緑内障は、一般的に眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、近年では眼圧の数値に問題が見られない人でも発症する「正常眼圧緑内障」の患者数が増加傾向にあります。眼圧が正常であるにもかかわらず緑内障になってしまう原因としては、一時的に眼圧が高くなる時間が多い、強度近視である、近親者に緑内障を発症している人がいる、冷え症で血行が悪い、眼精疲労が溜まっているなど、様々なケースが挙げられます。

眼圧だけが緑内障の原因に関連しているわけではないので、緑内障にかからないようにするためにも普段の生活面から気をつけていくことを心がけていきましょう。

40歳を超えたら緑内障に要注意

そして緑内障は年齢が高くなるごとにかかりやすくなる病気でもあります。年齢でいうと40歳を超えたら要注意とされている病気ですから、40代以降の皆さんは自分自身の目に何らかの異常が現れたら、緑内障である恐れも考えておく必要があります。40歳前後の皆さんはまだまだ働き盛りですから、仕事でも忙しく日々ストレスを感じていることも多いかと思います。実はこうしたストレスも緑内障を発症する原因の一つと考えられています。

ストレスを感じることで眼圧が高くなり、視神経が圧迫されてしまう、ということから結果的に緑内障を発症してしまうリスクが高まってしまうのです。仕事におけるストレスだけではなく、日常生活における様々なストレスが眼圧を一時的に高くしてしまうこともあるので、身体的にも精神的にも過度なストレスのかからないような生活を送ることも大切です。こまめにストレスを解消しながら、緑内障の発症を予防していくと良いでしょう。

緑内障は「目の成人病」

その他、運動不足や不規則な食事など、生活習慣が乱れていることによっても緑内障の発症リスクは高くなります。皆さんは毎日規則正しい生活を送っているでしょうか?仕事の忙しさを言い訳に全く運動をしていなかったり、食事についても栄養バランスを考えていなかったり、生活軸が乱れてしまっている皆さんも多いかと思います。

生活習慣の乱れは緑内障に限らず、様々な病気を発症する原因とされていますが、緑内障もまた生活習慣病の一つとも考えられています。緑内障は「目の成人病」と言われることも多く、生活習慣が影響して発症してしまう病気としても有名です。つまり、誰もがかかりうる病気でもあるので、症状が現れないうちにしっかりと対処しておくことが必要なのです。

「自分は大丈夫」と思っている人ほど、緑内障を発症してしまいやすい傾向がありますから、まずは自分自身の生活習慣を見直し、規則正しい毎日を送れるよう努力していきましょう。食事の栄養バランスを整える、適度な運動をする、ストレスを溜めない、疲れを溜めない、睡眠を取る、といった習慣だけでも緑内障予防に繋げていくことができます。皆さんが今から始められることから緑内障の発症を防いでいきましょう。

もし自分が緑内障になってしまったら、しっかり症状への対処を学んで

中高年だけではなく若年層も注意!

しっかり見えているはずの物が見えない、という状態は非常に辛いものですが、このように視野が一部欠けてしまう症状が「緑内障」の主な特徴となります。全体像を見ているはずが視野の一部が欠けてしまい、しっかりと物を見ることができなくなってしまうのです。このような緑内障は中高年に多く見られる症状で、年齢で言うと40代以降の皆さんに発症しやすい病気と見られています。

しかし、近年では緑内障の若年化も進んでいることから、40代以下の皆さんでも緑内障予備軍となっていたり、緑内障を発症してしまったり、といったケースも少なくありません。決して中高年だけが気をつければ良い病気ではありませんので、若い世代の皆さんも将来の自分ために緑内障予防を心がけていくと良いでしょう。

もし自分が緑内障になってしまったら

では、もし自分が緑内障になってしまったらどのように対処していけば良いのでしょうか?緑内障は視野が欠けてしまう病気とお話ししましたが、患者自身が自分で「視野が欠けている」と気付くのは決して初期段階ではなく、症状がある程度進行してしまってからの状態になります。つまり、視野が欠けていることに気付いた頃には緑内障が進行し、状態が悪化してしまっていることが考えられるのです。

緑内障は一度かかると完治はしません。視野が欠けるということは、視神経が死んでしまっている状態ですので、視神経が回復しない限り失った視野は戻ってこないのです。現代の医療では死んでしまった視神経を回復し、元通りの視野を得るという治療は行なえないため、緑内障の発症後は完治することがない、というわけです。

もし皆さんが緑内障になってしまった場合、まずはこのような現状をしっかりと見つめていくことが大切なので、自分が緑内障になったという事実を受け止め、緑内障という病気についての理解を深めていくことから始めていきましょう。医師の元で治療を受けることは不可欠ですし、医師の指示に従って治療を受けることで症状も和らいでいくものですが、やはり緑内障は完治することはありません。一生付き合っていかなければならない病気です。ただ治療を受けるだけではなく、皆さん自身でも緑内障とはどのような病気か、よく知ることも忘れないようにしてくださいね。

家族や友人が緑内障になってしまった時は

また、自分ではなく家族や友人などが緑内障になってしまった場合も、患者本人だけの負担にするのではなく、周囲にいる皆さんも緑内障について理解してあげることが大切です。緑内障であることに対してストレスを感じてしまう人は決して少なくありませんし、そうしたストレスによってまたさらに緑内障の症状が悪化してしまうこともあるものです。

緑内障は眼圧が高くなることによって視神経が刺激され、ダメージを受けることで現われる病気ですが、ストレスは眼圧を高くする原因にもなってしまいます。例え眼圧が正常でも一時的に眼圧が高くなる状態が続けば、結果的に緑内障になってしまうリスクも高まります。ストレスの解消も緑内障の予防策の一つですし、ストレスを溜めないようにすることで症状の進行を妨げることもできるようになります。

皆さんが大切に思う人達が緑内障になってしまった時には、ストレスの解消に付き合ってあげるなど、緑内障の症状が少しでも和らぐような協力をしてみてはいかがでしょうか?軽く気分転換をするだけでも緑内障に対するストレスは解消されていきますから、病気に対する理解はもちろんのこと、症状の悪化に繋がらないような生活を送る力になってあげてくださいね。

緑内障って治るの?まずは症状をこれ以上悪化させないための努力を

緑内障の発症を予防する方法

視野が欠けて狭くなる、といった症状が「緑内障」に見られる大きな特徴です。通常は問題なく全体像が見えていても、緑内障の場合は一部が欠けて見えるようになり、徐々にその範囲も広がっていきます。最初はほんの一部分だけが欠けて見えているため、自覚症状がない人がほとんどですし、緑内障自体が時間をかけて進行している病気なので、気付いた頃には症状が悪化してしまっていた、ということも珍しくありません。

そんな緑内障の発症に気付くためには、やはり早期に症状を発見することが不可欠です。眼科では緑内障の発症を調べるための検査を受けることができますので、定期的に検査を受けて緑内障の発症を予防していきましょう。もし検査を受けたことで緑内障であると分かった場合には、すぐに治療を始めることで症状の悪化を防ぐことができます。

しかし、緑内障は完治させることが難しい病気であるため、治すことを目的とするのではありません。あくまでも症状を今以上に悪化させないよう、努力を続けていくことが皆さんには求められています。

緑内障って治る病気なの?

緑内障を発症すると、よく「緑内障は治るの?」と心配される方々がいますが、残念ながら緑内障は完治することのない病気です。一度発症してしまったら生涯付き合っていかなければならない病気であるため、完全に症状を無くすことはできないのです。と言うのも、緑内障は視神経がダメージを受けることによって発症する病気なので、完治させるためには機能しなくなってしまった視神経自体を治さなくてはなりません。

現段階の医療では機能しなくなった視神経を元の状態に回復させる治療は行なえないため、一度失ってしまった視野は戻らないのです。結果、緑内障になってしまった後は残された視神経が働いている視野のみ見ることができる状態となり、既に欠けた視野を今までの状態に治すことはできないというわけです。

まずは初期段階での早期発見を

このように、緑内障は完治しない病気ではありますが、適切な治療を受けることによってこれ以上視野が狭くならないようにすることは可能です。現状を良くするというよりも、現状を保って悪化しないよう努力することが緑内障における治療となります。

そのためにも緑内障は何よりも早期発見を第一に考えなければなりません。初期段階で緑内障であることが分かれば、視野が比較的広い段階ですから、症状の悪化を防いで通常どおりの生活を送ることもできますし、生活習慣の見直しなどによっても症状を改善していくことも不可能ではないのです。

症状があまりにも進行してしまっていたような場合は、手術を受けるなどの治療も必要となりますが、一般的な緑内障の治療は点眼薬によって眼圧を下げることになります。治療によって眼圧を下げて正常な状態を保つことで問題なく生活を送ることができますので、もし緑内障を発症してしまった場合でも、初期段階であればそれほど心配する必要はありません。

生涯病気と付き合っていくこと

ただし、症状を放置し続けていると最終的には失明してしまう恐れもあるところが緑内障の怖さでもあります。失明する恐れがある、ということについてはしっかり理解した上で、現状に必要な治療を受け、症状を少しでも楽にしていくよう皆さん自身も努力していくようにしましょう。

生涯病気と付き合っていく、ということは、決して生涯ずっと病気の辛さを味わうというわけではありません。自分が緑内障であることを受け止め、症状を和らげるためにはどのように生活していけば良いかを考えることが大切です。完治はしなくても、医師と相談しながら皆さんなりに緑内障と付き合っていくようにしましょう。

1 2 >