緑内障の症状を安定させるための主な治療法

緑内障の治療法が知りたい!

緑内障であると分かったら、眼科ではどんな治療を受けることになるのでしょうか?緑内障の治療法を教えてください。

緑内障の症状の状態によって治療法は様々です。

一般的な緑内障の治療は、まず「点眼薬」を使用することから始まります。緑内障は眼圧が高くなるタイプでも眼圧が正常値であるタイプでも、眼圧を下げないことには症状を安定させることができません。眼科で処方される点眼薬には眼圧を下げる作用がありますので、点眼薬を使っていく上で眼圧を徐々に下げていき、症状を落ち着かせていくことが重要とされています。

もちろん、点眼薬には眼圧を下げる作用があるのみですから、緑内障の症状を完全に治す効果はありません。緑内障は眼圧が高くなることやその他様々な要因が重なることで視神経がダメージを受け、視野が欠けてしまう、というメカニズムで発症しますが、一度欠けてしまった視野は眼圧を下げても回復することはありません。

つまり、一度ダメージを受けた状態の視神経は修復させることができないのです。現代の医療では緑内障を完治させることはできませんので、点眼薬での治療はあくまでも「眼圧を下げて緑内障の症状を悪化させないようにするためのもの」と捉えておくように注意しましょう。

また、症状によっては点眼薬の作用だけでは眼圧が下がらないこともあります。その場合には緑内障を治療するための手術を受けることになりますが、手術についても緑内障を完治させるために受けるものではありません。点眼薬で眼圧が下げられなかった場合の治療法なので、手術も同様に眼圧を下げることを目的として行なわれていきます。

緑内障の手術は症状によって様々な種類があり、原発開放隅角緑内障の場合は「レーザー繊維柱帯形成術」や「繊維柱帯切除」での治療、原発閉塞隅角緑内障(急性緑内障)の場合は「レーザー虹彩切開術」で急激に上昇した眼圧を下げることで、症状を安定させていきます。同じ緑内障でも使用される点眼薬の種類は異なりますし、手術の方法についてもそれぞれ違いがあるものです。まずは眼科を受診し、皆さんがどのようなメカニズムで緑内障を発症してしまったのかよく理解することから始めていきましょう。

そして医師の指示の元で適切な治療を受けることが大切です。特に点眼薬による治療は続けていくことが重要となっていますから、自分の医師で使用を止めてしまうことのないよう注意してくださいね。