緑内障にならないようにするためには

緑内障にならないようにするためにできることはありますか?

緑内障は視野が欠けてしまう怖い病気だと聞きました。緑内障にならないようにするためにできることはありますか?

まずは定期的な検診を欠かさないようにしましょう。

緑内障の発症を予防するためには、やはり定期的に検診を受けることが欠かせません。眼科で検診を受けることによって皆さんの目の状態がどのようになっているのか数値にして診ることができますし、皆さん自身も目の状態を調べることで安心感を得られることもあります。緑内障が怖い病気だと感じている皆さんは、視野が欠けてしまうだけではなく、緑内障という病気がどのような特徴を持っているのか分からない、という部分も多いのではないでしょうか?

確かに緑内障を発症すると視野が徐々に欠けていき、自覚症状もなく進行していくという怖さがありますし、失明する恐れがある、完治しない病気であるということも緑内障を恐れてしまう原因ではないかと思います。

しかし、緑内障はしっかり予防すれば発症も防ぐことができますし、もし万が一発症してしまった場合でも治療を続けていくことで症状は安定し、普段通りの生活を送ることができるようになります。治療によって完治させることはできないものの、失明のリスクを低くすることはできるので、発症しても適切な治療を始めることができればそれほど緑内障という病気を怖がる必要はないのです。

とは言え、緑内障を発症している場合と発症していない場合とでは大きな違いがありますから、現在問題が見られていないという皆さんは、まず定期的な検診を受けることで目の状態をチェックすることから予防を始めていきましょう。眼科の定期検診では「眼圧検査」を始めとした様々な検査を受けることができるようになっていますので、緑内障を早期発見することが可能です。

緑内障は早期発見・早期治療がカギとされている病気であるため、できるだけ早く発症していることに気付き、治療を始めることが重要とされています。緑内障にならないようにするためには、検査結果を客観的に判断し、今皆さんがするべきことを医師と相談しながら実践していくことが必要です。

定期検診によって緑内障予備軍と診断されるケースもありますから、その場合は日頃の生活習慣に気をつけるなど、皆さん自身が改善していくべき点についても考えていかなければなりません。皆さんが今できることも含めて、緑内障を予防していきましょう。