緑内障って誰でも同じ症状が起きるの?

緑内障って誰でも同じ症状が起きる病気なの?

緑内障って視野が欠けてしまったりする病気と聞きましたが、誰でも同じ症状が起きる病気なんですか?

同じ症状が起こりますが、進行状態は人それぞれです。

緑内障は視野が欠けて、見える範囲が狭くなってしまう病気です。最悪の場合は失明してしまう恐れもありますが、緑内障を発症したからと言って必ずしも失明するというわけではなく、適切な治療を続けていれば症状の進行を抑えることはできます。

ただし、緑内障の症状が進行する状態は人それぞれ異なっていますので、同じ治療を受けていても症状が早く進行してしまうこともあれば、それほど進行スピードが早くないというケースもあります。視野が欠けて狭くなるという症状や治療内容は同じでも、進行状態は緑内障を発症している患者本人の状況によって差が現れてくることもある、ということをよく理解しておきましょう。

例えば、生活習慣は人それぞれ違いがあるものですよね。緑内障の進行状態には日々の生活習慣も大きく関わっているので、生活習慣の違いによっても緑内障が悪化するかどうかといった問題には差が現れてしまうのです。毎日規則正しい食生活をしている人と不規則な食生活を送っている人とでは栄養面は大きな差がありますし、運動をする人と運動をしない人、しっかり睡眠を取れている人と睡眠不足の人を比べても同様に健康状態には差が見られます。

緑内障は眼科での治療はもちろん大切ですが、生活習慣も改善することでより症状の進行を抑える効果があると考えられていますから、少しでも症状の進行を遅らせたいのであれば、ただ治療を受けるだけではなく自ら生活習慣を見直すなど改善策も試してみましょう。

まずは栄養バランスが整った食事を摂る、早寝早起きをする、ストレッチやウォーキングで身体を動かすなど、皆さんが今日からできることを始めてみましょう。また、三日坊主になってしまわないよう習慣付けていくことも必要です。早寝早起きなどは習慣付けやすいですが、食事や運動は日によって不規則になりがちです。どうしても続かないような場合は、どのようなことなら毎日の習慣にしていくことができるか、自分自身の性格から考え直してみても良いでしょう。