緑内障・目の病気Q&A

記事一覧

緑内障になりやすい年齢は大体決まっているの?

目の病気は高齢者によく見られるそうですが、緑内障の発症にも年齢は関係しているのでしょうか。緑内障になりやすい年齢は大体決まっているものなんですか?

緑内障は40代以上の中高年層によく見られる病気です。

目の病気の中では水晶体が白く濁る「白内障」などが代表的で、高齢者が発症する傾向が強い病気と見られていますが、視野が欠けてしまう「緑内障」についても、やはり高齢になるにつれて発症リスクが高まると考えられています。年齢で見ると大体40歳前後になると緑内障を発症しやすくなると見られ、発症しないよう予防するためには眼科を定期的に受診し、その都度検診を受けることが重要とされています。

緑内障という病気は自覚症状が見られない、という特徴を持っています。そのため、もし発症していても皆さん自身で症状に気付かないことも少なくないのです。定期的に検診を受けておくと早期発見を逃すこともなく、万が一緑内障を発症していたとしてもすぐに治療を始められますから、症状の悪化も防ぐことができます。皆さんも40歳を過ぎたら定期的に検診を受けることを心がけ、緑内障の早期発見に努めていきましょう。

ただ、近年では40代以上の中高年層ではなく、20代や30代の若年層にも緑内障の発症率が高くなってきています。特に患者数が増加傾向にあるのが「正常眼圧緑内障」です。緑内障は眼圧が高くなることで発症すると見られがちですが、実は眼圧が正常値であっても発症することがあるのです。それが正常眼圧緑内障と呼ばれるタイプの緑内障となります。

正常眼圧緑内障の発症原因はハッキリとはしていないものの、何らかの要因が重なって緑内障を発症しやすい状態になっていることが考えられています。眼精疲労を抱えている、ストレスが溜まっている、血行不良や冷え症である、近視であるなど様々な要因によって視神経がダメージを受けやすい状態になってしまっているため、緑内障を発症してしまうリスクが高まるというわけです。

正常眼圧緑内障もしっかり治療を受ければ症状を安定させていくことができますし、関連している要因による問題を解決していくことで症状の進行を妨げることも可能です。まずは発症要因となり得る問題について考えておくと良いでしょう。

緑内障に効く食べ物や栄養素を教えてください!

緑内障を発症してから今までの食生活を見直すことにしました。緑内障に効く食べ物や栄養素を教えてください!

緑内障の予防・改善にはビタミン類が効果的です。

食生活が不規則な状態が続くと、緑内障を発症しやすい状態になってしまいます。これは緑内障が「目の成人病」と呼ばれていることに関係しており、毎日の食生活のバランスが崩れることによって緑内障にかかりやすくなってしまうのです。緑内障は目の病気ですが、生活習慣病の一種として考えることで予防・改善も様々な方法を試していくことができます。

特に食生活の面ではいつも食べる食材や栄養素に関して目を向けることによって、緑内障が進行しにくい身体を作ることが可能です。あくまでも健康を維持するための予防・改善法なので、「○○を食べれば緑内障が治る」というわけではありません。食べ物に含まれている栄養素自体に緑内障を治す効果は見られませんし、緑内障という病気自体が完治しないという特徴を持っています。

食生活の見直しは皆さんがこれから健康的に日々を送っていくため、緑内障の症状を進行しにくくするために必要となりますので、このようなポイントも踏まえた上で食べ物や栄養素に注意していくと良いでしょう。

一般的に緑内障には「ビタミン類」が効果的と考えられています。免疫力をアップさせてタンパク質の代謝を促すビタミンB6、粘膜を強くする働きのあるビタミンC、血行促進効果が期待できるビタミンEなど、様々なビタミン類を摂ることで緑内障にかかりにくく、緑内障が進行しにくい身体を作っていくことができます。

ただし、ビタミン類だけを摂れば良いというわけでありません。ビタミン類以外にも様々な栄養素をバランス良く摂ることで、食生活全体のバランスも保たれていきますから、どの栄養素をたくさん摂るかどうかというよりも、たくさんの栄養素をバランス良く食事に取り入れていくことを心がけてみましょう。

また、特定の栄養素を摂る際には「サプリメント」で摂取することもあるかと思いますが、できるだけ食材が持つ栄養素を摂ることをおすすめします。手軽に摂れるサプリメントは便利なものですが、食材自体に含まれている栄養素を摂ることを第一に考え、サプリメントは栄養が不足している時にのみ摂取してください。何もかもをサプリメントに頼ってしまうと、かえって症状を悪化させてしまう恐れが考えられます。栄養バランスの整った食事を摂るようにしましょう。

目が疲れていると緑内障になりやすいって本当?

毎日のように仕事で目を酷使しています。目が疲れやすいと緑内障になりやすいと聞いたのですが、本当ですか?

眼精疲労は緑内障の間接的な要因となっています。

現代人は何かと目を酷使することが多く、慢性的な眼精疲労である人も少なくありません。特に毎日仕事でパソコンの画面と向かい合っている場合などは、仕事に没頭するあまり、目が疲れていても放っておいてしまうことも多いかと思います。少しくらい疲れを感じていても「まだ大丈夫」と、疲れを解消せずにいる皆さんも少なくないのではないでしょうか。

このように誰もが抱える恐れのある眼精疲労は、緑内障の直接的な要因ではないものの、間接的な発症要因として考えられています。日頃から目に疲れを溜めてしまっている皆さんは、緑内障を発症しやすい状態となっていると見られますので、まずは眼精疲労をスッキリと解消していくことから緑内障の予防を始めてみると良いでしょう。

眼精疲労が溜まっている人が全て緑内障を発症するわけではなく、あくまでも緑内障になりやすい状態ということなので、その点についてはあらかじめ理解が必要ですが、緑内障は血流が悪くなることによっても発症リスクが高まる病気です。眼精疲労が溜まると目の周りの血流は悪化し、血行不良を引き起こすことがあります。

実は血行不良も緑内障の発症要因の一つで、血液の流れが悪くなることで視神経がダメージを受けやすい状態となってしまうのです。つまり、眼圧がそれほど高くなくても視神経が傷ついてしまう恐れもあることから、「正常眼圧緑内障」を発症するケースも少なくありません。眼圧が高いことだけが緑内障発症のリスクではありませんので、慢性的な眼精疲労や血行不良といった症状にも緑内障は関わっているということを覚えておきましょう。

また、慢性化されている眼精疲労を解消するためには、日頃から目のエクササイズを行なったり、目の周りのツボを押したりしながら血液の循環を良好な状態にしていくことがおすすめです。緑内障の予防にもなりますし、既に緑内障を発症している皆さんにとっては症状の進行を妨げる改善法としても実践することができます。緑内障は基本的に眼科で治療を受けることが重要とされていますが、皆さんが簡単にできる予防策や改善法も試してみると良いでしょう。

自分の力で緑内障を改善させることはできる?

緑内障は眼科で治療をしなければならないそうですが、自分の力で緑内障を改善させることもできるんでしょうか?

基本は眼科での治療ですが、改善法も必要です。

緑内障の症状が現われる原因は、主に「眼圧」の上昇です。眼圧が高くなることで視神経がダメージを受けてしまうため、視野が欠けて緑内障が発症してしまうのです。ここでまず必要となるのは、眼圧を下げるための治療です。自分の力で緑内障を改善させたい、という気持ちも大切なものではありますが、高くなった眼圧を下げないことには緑内障の症状を安定させることはできませんし、ますます症状は悪化していく一方です。

眼科では眼圧を下げるために点眼薬を使用した治療を受けることができますので、緑内障の発症後は眼科を受診し、点眼薬を処方してもらうことから治療を始めなければなりません。自分の力で眼圧を下げようとすることもできないことではありませんが、眼圧を下げる効果のある改善法は薬のような即効性はありませんから、高くなった眼圧を正常な状態にまで戻すためにはやはり点眼薬を使用するか、眼科で手術を受けるかの治療が必要となります。

ただし、眼圧の数値が落ち着いているようであれば、改善法によって自分の力で眼圧を安定させる努力も効果があります。例えば、適度な運動を続けることによって眼圧を下げることができると考えられていますし、眼精疲労やストレスを解消することで緑内障が進行しにくい目の状態にしていくこともできます。眼精疲労やストレスが直接緑内障の発症原因となっているわけではありませんが、緑内障に間接的に関わっていることから、疲れを解消することで症状の進行を抑制させる効果があるとされています。

その他、血行を良くすること、不規則な食生活を改善していくことなども緑内障の改善法の一つです。と言っても、緑内障は一度発症すると完治しない病気ですので、改善と完治との違いについてもあらかじめ理解しておくようにしましょう。

完治とは緑内障の症状が完全に治るということですが、改善というのは緑内障であるけれど症状をある程度安定させることができている状態ということで、緑内障を発症している状態であることに変わりはありません。生涯病気と付き合っていくためにも、緑内障について十分に理解しながら症状を改善させていきましょう。

緑内障にならないようにするためにできることはありますか?

緑内障は視野が欠けてしまう怖い病気だと聞きました。緑内障にならないようにするためにできることはありますか?

まずは定期的な検診を欠かさないようにしましょう。

緑内障の発症を予防するためには、やはり定期的に検診を受けることが欠かせません。眼科で検診を受けることによって皆さんの目の状態がどのようになっているのか数値にして診ることができますし、皆さん自身も目の状態を調べることで安心感を得られることもあります。緑内障が怖い病気だと感じている皆さんは、視野が欠けてしまうだけではなく、緑内障という病気がどのような特徴を持っているのか分からない、という部分も多いのではないでしょうか?

確かに緑内障を発症すると視野が徐々に欠けていき、自覚症状もなく進行していくという怖さがありますし、失明する恐れがある、完治しない病気であるということも緑内障を恐れてしまう原因ではないかと思います。

しかし、緑内障はしっかり予防すれば発症も防ぐことができますし、もし万が一発症してしまった場合でも治療を続けていくことで症状は安定し、普段通りの生活を送ることができるようになります。治療によって完治させることはできないものの、失明のリスクを低くすることはできるので、発症しても適切な治療を始めることができればそれほど緑内障という病気を怖がる必要はないのです。

とは言え、緑内障を発症している場合と発症していない場合とでは大きな違いがありますから、現在問題が見られていないという皆さんは、まず定期的な検診を受けることで目の状態をチェックすることから予防を始めていきましょう。眼科の定期検診では「眼圧検査」を始めとした様々な検査を受けることができるようになっていますので、緑内障を早期発見することが可能です。

緑内障は早期発見・早期治療がカギとされている病気であるため、できるだけ早く発症していることに気付き、治療を始めることが重要とされています。緑内障にならないようにするためには、検査結果を客観的に判断し、今皆さんがするべきことを医師と相談しながら実践していくことが必要です。

定期検診によって緑内障予備軍と診断されるケースもありますから、その場合は日頃の生活習慣に気をつけるなど、皆さん自身が改善していくべき点についても考えていかなければなりません。皆さんが今できることも含めて、緑内障を予防していきましょう。

緑内障の治療法が知りたい!

緑内障であると分かったら、眼科ではどんな治療を受けることになるのでしょうか?緑内障の治療法を教えてください。

緑内障の症状の状態によって治療法は様々です。

一般的な緑内障の治療は、まず「点眼薬」を使用することから始まります。緑内障は眼圧が高くなるタイプでも眼圧が正常値であるタイプでも、眼圧を下げないことには症状を安定させることができません。眼科で処方される点眼薬には眼圧を下げる作用がありますので、点眼薬を使っていく上で眼圧を徐々に下げていき、症状を落ち着かせていくことが重要とされています。

もちろん、点眼薬には眼圧を下げる作用があるのみですから、緑内障の症状を完全に治す効果はありません。緑内障は眼圧が高くなることやその他様々な要因が重なることで視神経がダメージを受け、視野が欠けてしまう、というメカニズムで発症しますが、一度欠けてしまった視野は眼圧を下げても回復することはありません。

つまり、一度ダメージを受けた状態の視神経は修復させることができないのです。現代の医療では緑内障を完治させることはできませんので、点眼薬での治療はあくまでも「眼圧を下げて緑内障の症状を悪化させないようにするためのもの」と捉えておくように注意しましょう。

また、症状によっては点眼薬の作用だけでは眼圧が下がらないこともあります。その場合には緑内障を治療するための手術を受けることになりますが、手術についても緑内障を完治させるために受けるものではありません。点眼薬で眼圧が下げられなかった場合の治療法なので、手術も同様に眼圧を下げることを目的として行なわれていきます。

緑内障の手術は症状によって様々な種類があり、原発開放隅角緑内障の場合は「レーザー繊維柱帯形成術」や「繊維柱帯切除」での治療、原発閉塞隅角緑内障(急性緑内障)の場合は「レーザー虹彩切開術」で急激に上昇した眼圧を下げることで、症状を安定させていきます。同じ緑内障でも使用される点眼薬の種類は異なりますし、手術の方法についてもそれぞれ違いがあるものです。まずは眼科を受診し、皆さんがどのようなメカニズムで緑内障を発症してしまったのかよく理解することから始めていきましょう。

そして医師の指示の元で適切な治療を受けることが大切です。特に点眼薬による治療は続けていくことが重要となっていますから、自分の医師で使用を止めてしまうことのないよう注意してくださいね。

緑内障になる原因にはどんなものがあるの?

緑内障ってどんなことがきっかけで発症する病気なのでしょうか?緑内障になる原因にはどんなものがあるのか教えてください。

緑内障の主な発症原因は眼圧の上昇です。

緑内障は視野が欠けてしまう病気ですが、その発症原因は人によって様々です。主な発症原因は眼圧の上昇とされていますが、近年では眼圧の上昇に関係なく緑内障を発症することもあるため、眼圧が正常値である場合も注意が必要となっています。眼圧が上昇することによって発症するタイプの緑内障は原発性の緑内障と言われ、隅角が塞がることによって発症する「原発閉塞隅角緑内障」やシュレム管が目詰まりを引き起こすことで発症する「原発開放隅角緑内障」が挙げられます。

どちらも同じく原発性の緑内障ではありますが、隅角が塞がっているかまたは開放しているかによって発症のメカニズムが異なっていることが特徴的です。眼圧の上昇傾向としては、原発閉塞隅角緑内障の方が高くなりやすいと見られており、緑内障の急性発作が起きるケースもあります。緑内障の発作はそれほど多く見られるわけではありませんが、急激な眼圧上昇によって目の痛みや頭痛といった症状が現れるようになるので、もし発作が引き起こった場合はすぐに眼科を受診しましょう。

では、眼圧の上昇に関係なく発症するタイプの緑内障はどのような原因で発症するのでしょうか?これは「正常眼圧緑内障」と呼ばれる緑内障になりますが、眼圧が正常値である場合でも何らかの要因が重なることで緑内障を発症してしまうことがあります。

眼圧が正常値で問題がないと診断されても、検査によって視神経に問題が見られているような場合は正常眼圧緑内障を発症していると診断されます。血行不良や眼精疲労などが慢性化されている、強度近視である、生活が不規則になっているなどの問題を抱えている皆さんは、眼圧の数値が正常でも緑内障を発症しやすい状態になっているので注意しておきましょう。

このような問題が直接的な発症原因となるわけではありませんが、眼圧がそれほど高くなっていなくても視神経がダメージを受けやすくなってしまっているので、緑内障を発症しやすい状態となっているのです。緑内障の発症原因は眼圧の上昇だけに限らない、ということをよく理解しておきましょう。

その他、緑内障は薬の副作用などが原因で発症することもありますし、生まれつき緑内障である場合、遺伝によって緑内障になる場合もあります。様々な原因によって引き起こる病気であることも覚えておくと良いでしょう。

緑内障になっても完治させることはできますか?

目が見えなくなることもあると聞きましたが、緑内障は完治させることができますか?完治させるためにはどんな治療を行なうのでしょうか?

残念ながら緑内障は完治させることができません。

緑内障の発症後、または緑内障予備軍であると診断された場合には、緑内障が完治するのかどうか、といった問題が気になるところかと思います。私達が発症する恐れのある病気の中には、完治させることが可能な病気もあれば完治させることが難しい、不可能であるという病気もありますよね。実は緑内障は後者に当てはまる病気で、現代の医療では完治させることが不可能となっています。

どうして緑内障は完治させることができないのかと言うと、これには緑内障の発症に大きく関係している「視神経」の修復が不可能であることがまず第一に考えられます。緑内障発症のメカニズムはいくつかのタイプによって異なるものの、最終的に視神経がダメージを受けることによって視野が欠けてしまう、という症状は変わりません。ダメージを受けた視神経を修復することができれば、緑内障を完治させることも不可能ではないのですが、現代の医療では視神経を修復することはできず、治療をすると言っても症状の進行を抑えることが精一杯というわけです。

しかし、完治させることができないからと言って全く治療を受けずに拒否することは絶対にやめておきましょう。緑内障の症状を放置しておくと、状態はどんどん悪化していき、失明してしまう恐れもあります。緑内障の治療はこうした失明のリスクを回避するためにも必要ですし、現状を維持して目の状態が少しでも改善できるように、といった目的も持っています。

全く治療を受けない状態と適切な治療を受けている状態とでは、緑内障の進行状態にも差が見られますし、何より皆さんの日常生活にも影響してきますから、発症後も今まで通りの生活を送りたいのであれば、まずは眼科を受診して適切な治療をしっかり受けることから始めていきましょう。

緑内障の治療を受ける上で注意しておくべきこととしては、やはり完治を目指すのではない、ということになります。完治ではなく改善させるという気持ちで治療に臨み、現状を維持させること、少しでも症状を楽にすること、症状を安定させていくことを目的として治療を続けていくようにしましょう。

もし緑内障になってしまった時はどうしたらいい?

万が一、緑内障を発症してしまった時の対処法が知りたいです。もし緑内障になってしまったらどうしたらいいですか?

緑内障の発症後はまず眼科を受診しましょう。

緑内障は目の病気ですので、発症してしまったらまずは眼科を受診することが先決です。しかし、緑内障は自覚症状のない病気であるという特徴を持っています。つまり、皆さん自身が「緑内障になってしまった」と気付かない場合がほとんどというわけです。そのため眼科に行かなければならない状況であるにもかかわらず、自分が緑内障ではないと思っていることから、対処が遅れてしまうことも珍しくありません。

特に初期段階の緑内障は自覚症状がないに等しい状態なので、眼科で検査を受けない限りは緑内障を発症しているかどうかを判断することはできません。ただ、緑内障には慢性的なものと急性的なものがありますから、症状が現われるメカニズムの違いによっても緑内障の発症段階は異なってきます。

慢性的に症状が進行していくタイプの緑内障の場合は、初期段階から中期段階、後期段階と進行していきますが、先ほども述べたように初期段階で緑内障を発症していることに気付くケースは非常に稀です。中期段階、後期段階になるにつれて自覚症状が徐々に現れるようになるものの、既に症状が悪化してしまっていることも多く、すぐに治療を始めなければ失明するリスクが高い状態となってしまい大変危険です。

慢性的な緑内障は患者本人でも気付かない、という特徴がありますから、定期的に眼科に通って目の状態をチェックすることがまずやるべき対処法です。対処というよりも予防の側面が強いですが、緑内障は予防することも対処の一つです。検査は発症していることに早く気付くために必要なので、まずは眼科で検査を受けましょう。

では、急性的に現われる緑内障の対処法はどうすれば良いのでしょうか?「急性緑内障」は発作が現れることが特徴的であるため、発作が起きたら24時間以内に対処することが不可欠とされています。目の痛みを感じる、頭痛や吐き気がするなどの症状が急に現れた場合は、急性緑内障を発症していることが考えられます。放置しておくと失明のリスクはどんどん高まります。すぐに眼科を受診して適切な処置を取ってもらうようにしましょう。

緑内障ってどんな状態になる病気なんですか?

目の病気には白内障や網膜症がありますが、緑内障の詳しい症状がよく分かりません。緑内障ってどんな状態になる病気なんですか?

「緑内障」は視野が徐々に欠けていく病気です。

様々な目の病気の中には、よく耳にする病名であっても具体的にどのような症状が現われるのか分からない、という病気も多いものです。「緑内障」もその中の一つで、詳しい症状についてよく知らない、という皆さんも多いかと思います。緑内障は一言で言うと視野が徐々に欠けていく病気のことで、眼圧が高くなることが発症の主な原因として考えられています。

眼圧が高くなると網膜にある視神経はダメージを受けることになり、傷ついてしまいます。その結果、視神経が正常に機能しなくなって視野が欠けてしまうというわけです。

緑内障の状態は視野が欠ける、つまり見えない部分が増えていくことになるので、最悪の場合は失明する恐れもある怖い病気でもあります。緑内障という病気がどのような特徴を持っているかよく知らなかった、という皆さんは、失明のリスクもある病気であることをよく覚えておきましょう。

ただし、緑内障を発症したからといって必ずしも失明するわけではありません。あくまでも症状を放置しておいた場合に失明するリスクが高まるということなので、しっかり治療を受けていれば症状も徐々に安定していきます。緑内障は早期発見することができればすぐに治療を始めることができ、最終的に見える視野もそれほど狭くならず済みますから、できるだけ早く症状に気付くことができるよう、眼科で定期的に検診を受けて目の状態の変化を診てもらうようにしましょう。

また、緑内障という病気は完治することがない病気であることも理解しておく必要があります。眼科では治療を行いますが、緑内障における治療は症状を完治させるために治療ではなく、症状の進行を抑えるための治療になります。現代の医療では緑内障を完全に治すことはできないため、症状が今以上に悪化しないようにするために行なう治療となっているのです。完全に症状がなくなることはありませんが、現状を維持して症状を安定させることはできるので、まずは眼科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

<1 2