「緑内障」という病気に見られる症状

緑内障ってどんな状態になる病気なんですか?

目の病気には白内障や網膜症がありますが、緑内障の詳しい症状がよく分かりません。緑内障ってどんな状態になる病気なんですか?

「緑内障」は視野が徐々に欠けていく病気です。

様々な目の病気の中には、よく耳にする病名であっても具体的にどのような症状が現われるのか分からない、という病気も多いものです。「緑内障」もその中の一つで、詳しい症状についてよく知らない、という皆さんも多いかと思います。緑内障は一言で言うと視野が徐々に欠けていく病気のことで、眼圧が高くなることが発症の主な原因として考えられています。

眼圧が高くなると網膜にある視神経はダメージを受けることになり、傷ついてしまいます。その結果、視神経が正常に機能しなくなって視野が欠けてしまうというわけです。

緑内障の状態は視野が欠ける、つまり見えない部分が増えていくことになるので、最悪の場合は失明する恐れもある怖い病気でもあります。緑内障という病気がどのような特徴を持っているかよく知らなかった、という皆さんは、失明のリスクもある病気であることをよく覚えておきましょう。

ただし、緑内障を発症したからといって必ずしも失明するわけではありません。あくまでも症状を放置しておいた場合に失明するリスクが高まるということなので、しっかり治療を受けていれば症状も徐々に安定していきます。緑内障は早期発見することができればすぐに治療を始めることができ、最終的に見える視野もそれほど狭くならず済みますから、できるだけ早く症状に気付くことができるよう、眼科で定期的に検診を受けて目の状態の変化を診てもらうようにしましょう。

また、緑内障という病気は完治することがない病気であることも理解しておく必要があります。眼科では治療を行いますが、緑内障における治療は症状を完治させるために治療ではなく、症状の進行を抑えるための治療になります。現代の医療では緑内障を完全に治すことはできないため、症状が今以上に悪化しないようにするために行なう治療となっているのです。完全に症状がなくなることはありませんが、現状を維持して症状を安定させることはできるので、まずは眼科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。