緑内障は完治させることができますか?

緑内障になっても完治させることはできますか?

目が見えなくなることもあると聞きましたが、緑内障は完治させることができますか?完治させるためにはどんな治療を行なうのでしょうか?

残念ながら緑内障は完治させることができません。

緑内障の発症後、または緑内障予備軍であると診断された場合には、緑内障が完治するのかどうか、といった問題が気になるところかと思います。私達が発症する恐れのある病気の中には、完治させることが可能な病気もあれば完治させることが難しい、不可能であるという病気もありますよね。実は緑内障は後者に当てはまる病気で、現代の医療では完治させることが不可能となっています。

どうして緑内障は完治させることができないのかと言うと、これには緑内障の発症に大きく関係している「視神経」の修復が不可能であることがまず第一に考えられます。緑内障発症のメカニズムはいくつかのタイプによって異なるものの、最終的に視神経がダメージを受けることによって視野が欠けてしまう、という症状は変わりません。ダメージを受けた視神経を修復することができれば、緑内障を完治させることも不可能ではないのですが、現代の医療では視神経を修復することはできず、治療をすると言っても症状の進行を抑えることが精一杯というわけです。

しかし、完治させることができないからと言って全く治療を受けずに拒否することは絶対にやめておきましょう。緑内障の症状を放置しておくと、状態はどんどん悪化していき、失明してしまう恐れもあります。緑内障の治療はこうした失明のリスクを回避するためにも必要ですし、現状を維持して目の状態が少しでも改善できるように、といった目的も持っています。

全く治療を受けない状態と適切な治療を受けている状態とでは、緑内障の進行状態にも差が見られますし、何より皆さんの日常生活にも影響してきますから、発症後も今まで通りの生活を送りたいのであれば、まずは眼科を受診して適切な治療をしっかり受けることから始めていきましょう。

緑内障の治療を受ける上で注意しておくべきこととしては、やはり完治を目指すのではない、ということになります。完治ではなく改善させるという気持ちで治療に臨み、現状を維持させること、少しでも症状を楽にすること、症状を安定させていくことを目的として治療を続けていくようにしましょう。