緑内障になる年齢は決まっているの?

緑内障になりやすい年齢は大体決まっているの?

目の病気は高齢者によく見られるそうですが、緑内障の発症にも年齢は関係しているのでしょうか。緑内障になりやすい年齢は大体決まっているものなんですか?

緑内障は40代以上の中高年層によく見られる病気です。

目の病気の中では水晶体が白く濁る「白内障」などが代表的で、高齢者が発症する傾向が強い病気と見られていますが、視野が欠けてしまう「緑内障」についても、やはり高齢になるにつれて発症リスクが高まると考えられています。年齢で見ると大体40歳前後になると緑内障を発症しやすくなると見られ、発症しないよう予防するためには眼科を定期的に受診し、その都度検診を受けることが重要とされています。

緑内障という病気は自覚症状が見られない、という特徴を持っています。そのため、もし発症していても皆さん自身で症状に気付かないことも少なくないのです。定期的に検診を受けておくと早期発見を逃すこともなく、万が一緑内障を発症していたとしてもすぐに治療を始められますから、症状の悪化も防ぐことができます。皆さんも40歳を過ぎたら定期的に検診を受けることを心がけ、緑内障の早期発見に努めていきましょう。

ただ、近年では40代以上の中高年層ではなく、20代や30代の若年層にも緑内障の発症率が高くなってきています。特に患者数が増加傾向にあるのが「正常眼圧緑内障」です。緑内障は眼圧が高くなることで発症すると見られがちですが、実は眼圧が正常値であっても発症することがあるのです。それが正常眼圧緑内障と呼ばれるタイプの緑内障となります。

正常眼圧緑内障の発症原因はハッキリとはしていないものの、何らかの要因が重なって緑内障を発症しやすい状態になっていることが考えられています。眼精疲労を抱えている、ストレスが溜まっている、血行不良や冷え症である、近視であるなど様々な要因によって視神経がダメージを受けやすい状態になってしまっているため、緑内障を発症してしまうリスクが高まるというわけです。

正常眼圧緑内障もしっかり治療を受ければ症状を安定させていくことができますし、関連している要因による問題を解決していくことで症状の進行を妨げることも可能です。まずは発症要因となり得る問題について考えておくと良いでしょう。