パソコンやスマートフォンの画面にも注意

緑内障の大敵は目の疲れ!パソコンやスマートフォンの画面にも注意

パソコンの画面による眼精疲労に注意!

現代人である私達の生活は、何かと眼精疲労が溜まりやすくなっています。仕事上パソコンを使うという皆さんはとても多いかと思いますが、1日中パソコンの画面と向き合っているととても目が疲れてしまいますよね。疲れていないように感じていても、目の疲れは積み重なっていってしまいます。

知らず知らずのうちに蓄積された眼精疲労は、目の周りの血行不良にも繋がりますし、視神経にも影響を及ぼしてしまう恐れもあります。視神経がダメージを受けることで視野が狭くなる「緑内障」という病気は、眼圧が高くなることが大きな原因と考えられていますが、眼精疲労による血行不良はそれ事態がダメージを受けやすい視神経の状態を作り出してしまっていることがあるので、結果的に眼精疲労が原因となって緑内障を発症してしまうこともあるのです。

近年では特に眼圧が正常値でも発症する「正常眼圧緑内障」の患者数が増加傾向にあり、病状にはこうした目の血行不良などが影響していると考えられています。もし日頃から眼精疲労を溜めやすいという皆さんは、非常に緑内障を発症しやすい状態となっていますから、まずは眼精疲労を溜めないよう予防すること、そして溜まった疲れはスッキリと解消させてしまうことを心がけるようにしましょう。

眼精疲労が慢性化しやすいスマートフォン

また、仕事以外にもプライベートでパソコンを使うことがある、スマートフォンやタブレット端末を使うことが多いという皆さんも眼精疲労には注意が必要です。最近ではスマートフォンでSNSを楽しんだりゲームをしたりする人も多いかと思いますが、夢中になるとどうしても目を休めることを忘れてしまいますよね。気付いたら長時間画面と向き合っていた、という皆さんも多いのではないでしょうか?

このような状態が毎日のように続くと、眼精疲労も慢性化し、身体的や精神的にも悪影響が現れてくるようになります。肩こりや頭痛を引き起こすこともありますし、精神的に不安定になったり、イライラしたりすることが増える場合もあるものです。眼精疲労が眼精疲労だけであるうちはまだ良いとしても、このように他の症状まで現われるようになってきてしまうと、今すぐにでも対処が必要です。

自分自身で疲れを自覚する前に目を休めることはもちろん、眼精疲労が溜まりに溜まってしまっている場合もまずは目をしっかり休めてあげることが大切です。疲れ目対策として目薬を差しても良いですし、疲れてしまった目は血行が悪くなっていますので蒸しタオルなどで温めることもおすすめです。

目を温めることで緊張した筋肉をほぐしていくことができるため、頭痛なども解消できますし、肩こりや首こりの症状も和らいでいきます。眼精疲労が肩や首にも悪影響を及ぼしてしまっている場合には、肩や首も重点的に温めてあげると良いでしょう。

ストレス解消で緑内障を予防

以上のように、パソコンやスマートフォンは思っている以上に眼精疲労を溜めやすいものとなっています。日常的に使うのであればより注意が必要ですから、適度に目を休めることを心がけながらパソコンやスマートフォンを活用していきましょう。

また、パソコンやスマートフォンの画面と向き合うことは時として大きなストレスとなることもあります。実は過度なストレスも緑内障には関係していて、ストレスを感じることによって緑内障の症状が悪化してしまうケースもあるため、眼精疲労だけではなくストレスも溜めないよう健康的な生活を送っていくようにしましょう。溜まった眼精疲労をスッキリさせるだけではなく、その日のストレスはその日のうちに解消することも大切です。自分なりのストレス解消法で緑内障を予防していきましょう。