緑内障の予防策と改善法の違いは

発症する前に気をつけるべきこと、緑内障の予防策と改善法の違いは

不健康な状態は緑内障を発症しやすい傾向が

近年患者数が増加傾向にある「緑内障」は、様々な原因から発症すると見られています。主な原因は眼圧の上昇ですが、眼圧が正常値であっても「正常眼圧緑内障」を発症する恐れもありますし、眼圧が上昇するハッキリとした原因が分からないこともあります。

ただ、緑内障という病気は「目の成人病」とも呼ばれていることから、不規則な生活習慣が影響して緑内障を発症してしまう、とも考えられています。直接的な原因ではなくても、生活習慣が乱れることによって不健康な状態になり、結果的に緑内障を発症しやすくなってしまう、というわけです。

緑内障は自覚症状が見られにくく、初期段階ではほとんど発症しているかどうかが分かりません。徐々に進行していく特徴があるので、中期段階や後期段階にならなければ自覚症状が現われるようにならないのです。緑内障はできる限り早く発見することが必要ですから、もし自覚症状がない場合でも、不安があればすぐに眼科を受診しましょう。

眼科で緑内障の検査を受けることで、緑内障を発症しているかどうかを診断してもらうことができます。特に40歳以上の中高年の皆さんは年代的にも緑内障にかかりやすいと言われています。皆さんも40歳を超えたら定期的に検査を受けるよう心がけておきましょう。

まずは緑内障の発症を予防することから

このように緑内障は様々な要因が関連して発症する病気とされていますが、病気の発症をあらかじめ防ぐことは十分可能です。緑内障になりにくい状態であれば、発症のリスクを大幅に軽減させることができますし、身体的にも精神的にも健康になるので、他の病気にもかかりにくくなります。

特に生活習慣が不規則になりがちな皆さんは、今日から規則正しい生活を始めることで緑内障を予防していくことができるようになりますから、今の自分ができることから予防策を始めていくと良いでしょう。

例えば、食生活が不規則になっているようであれば、栄養バランスを考えた食事を摂るなど基本的な食生活を見直してみてはいかがでしょうか?食事からしっかりと栄養を摂ることで健康維持にも繋がっていきますので、まずは食事の面から緑内障予防を始めてみてください。

その他、ストレスが溜まっている場合はこまめに解消する、眼精疲労などの疲れはその日のうちに和らげておくなど、ストレスや疲れの対処についてもあらかじめ考えておいた方が良いでしょう。中でも眼精疲労は慢性化しやすく、目の周りの血行不良にも影響してしまうので、疲れが溜まる前に対処するよう注意しておきましょう。

緑内障は完治することがない病気

緑内障は以上で紹介したように、症状の発症を予防することができるようになっていますが、もし緑内障を発症してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?既に緑内障を発症した後には、予防策ではなく改善法が必要となるわけですが、ここでまず気をつけておかなければならないのは、緑内障は完治することがない病気という点です。

緑内障は一度発症したら完治することはなく、皆さんは生涯緑内障と付き合っていかなければなりません。緑内障の改善法は、病気自体の完治を目指すものではなく、今の状態を少しでも良くしていくために症状を抑えていくためのものとなっていますので、改善法を試しても完全に緑内障が治ることはない、ということをよく理解しておきましょう。

「どうして改善法を試しても治らないの?」と思う皆さんもいるかと思いますが、現代の医療では緑内障を治すことは難しく、できることとすれば症状が悪化しないような状態に改善させることになります。予防策と改善法の違いについてはもちろん、改善と完治の違いについてもよく覚えておくようにしましょう。