毎日を楽しく過ごすことも重要な予防策

緑内障を恐れすぎないで、毎日を楽しく過ごすことも重要な予防策

「緑内障」は怖い病気なの?

「緑内障」は目の病気の中でも発症率が高く、失明の危険性もある怖い病気です。自覚症状も少なく、気付いた頃には症状が進行してしまっていた、ということも少なくありませんし、視野が欠けていることになかなか気付くことがないため、症状を自覚した頃にはかなり視野が狭くなっていることも考えられます。この部分だけを見てみると、緑内障は非常に恐ろしい病気のように感じるかもしれませんね。

しかし、緑内障は自覚症状がなくても検査を受ければ早期発見ができる病気ですし、早い段階で治療を始めることで症状の悪化も防ぐことができるのです。もちろん失明の危険性もある病気であることに変わりはありませんが、それは症状を長い間放置し続けている場合に当てはまることです。目に異変を感じるなど少しでも不安があれば、まずは眼科で診察を受け、緑内障の検査をしてもらいましょう。

その時点で緑内障であることが分かれば、治療も比較的早くに始めることができるので、失明の危険も免れることができます。放置しておくとリスクの高い病気ですが、適切な治療を受けていればこれまで通り普通の生活を送ることもできますし、高くなった眼圧を下げることも可能です。緑内障は決して怖いだけの病気ではないので、こうした特徴もよく理解しておくようにしましょう。

緑内障を発症しやすい状態

また、緑内障は皆さん自身で予防をしていくこともできます。症状の進行を予防することはもちろん、発症をすること自体を予防するための様々な方法もありますから、緑内障を恐れすぎずに予防策を試していくことをおすすめします。緑内障は一般的に眼圧が上昇することで発症する病気であるため、発症を防ぐためにはまず眼圧を下げて正常値にすることが重要な予防策となります。眼圧がが上昇する原因には様々なものがありますが、間接的な要因からでも緑内障の発症へと繋がってしまうことがあるので注意が必要です。

例えば、過度なストレスを感じている場合などはストレスが影響して視神経がダメージを受けやすい状態になってしまうことが考えられます。その他にも眼精疲労などの疲れが溜まっている場合、食生活が不規則になってしまっている場合、睡眠不足や運動不足になっている場合、血行不良や冷え症である場合など、様々な要因が間接的に緑内障に関わっていることもあるのです。

これらの要因が直接眼圧を上昇させるわけではなく、ちょっとした眼圧でもダメージを受けやすい視神経の状態を作ってしまうことがあるため、生活面や身体面、精神面に何らかの問題を抱えている皆さんは緑内障を発症しやすくなっているのです。

楽しく過ごすことも重要な予防策

必ずしも緑内障を発症するわけではありませんが、ストレスや疲れを溜めていない場合、血行不良や冷え症ではない場合に比べれば緑内障を発症しやすい状態になっていることは確かです。ただ、その状態を少しでも改善していくことによって、緑内障を予防していくことができるようになりますので、まずは根本的な原因となり得る問題についてそれぞれが考えてみるようにしましょう。

また、緑内障という病気を恐れすぎないよう、毎日を楽しく過ごすことも重要な予防策の一つです。毎日楽しく過ごすことでストレスも減りますし、疲れも解消されていきます。ストレスや疲れが軽減されれば血流も良くなりますし、結果的に冷え症の改善へと繋げていくこともできるのです。緑内障という病気についてしっかり理解しつつ、過度に怖がることなく今できる予防策から始めてみてはいかがでしょうか?