緑内障にならないための予防策

記事一覧

緑内障予防なら糖質の減量から、甘いお菓子や炭水化物の量を調整

不摂生をしている人は規則正しい生活に改善

不摂生は健康状態に大きな悪影響をもたらします。肥満症になることもありますし、様々な病気の発症にも繋がりやすくなるので一人一人が日々の生活に注意しておかなければなりません。特に食事の面では注意しておくべき点がたくさんあるものです。皆さんは普段どのような食生活を送っているでしょうか?

規則正しい食生活を送ることができていれば問題ありませんが、現代人である私達は食事を摂る時間が不規則になりがちですよね。それだけではなく、栄養バランスの偏った食事、一度の食事で摂る量なども毎日同じように調整することは難しいものです。仕事が忙しく、食事がおろそかになってしまう皆さんも多いかと思いますので、規則正しい食生活を送ることは不可能に近い、と考えてしまうことも仕方のないことです。

しかし、不規則な食生活を放っておくと、先ほど挙げたような肥満症や病気といったリスクが高くなってしまうため、まずはできることから食生活の見直しを始めることをおすすめします。

緑内障予防のための食生活の見直し

こうした食生活の見直しは、目の病気である「緑内障」の予防にも効果的なので、緑内障の予防法の一つとしても日々の食生活は規則正しく送ることを心がけていきましょう。目の病気は様々なありますが、緑内障は特に生活習慣が関連している病気と考えられています。「目の成人病」とも呼ばれていることから、不規則な生活習慣が影響して発症する恐れもあるのです。食事も基本的な生活習慣の中に当てはまりますから、自分自身の食事面で問題のあるところから改善していきましょう。

食事を摂る時間が毎日違うという皆さんはできるだけ同じ時間に食事を摂るよう努力したり、好き嫌いが多く栄養バランスが偏りがちな皆さんは食事全体の栄養バランスに注意してみたり、今から始められることから実践してみてください。決して「○○を食べたら緑内障になる」とか「○○を食べたら緑内障が治る」ということではありませんが、日頃の不摂生を改善することで緑内障を発症しにくい状態を作り出すことができます。

近年、緑内障は眼圧の上昇に限らず、眼圧が正常値である場合にも症状が現われる「正常眼圧緑内障」の患者数も増えてきています。正常眼圧緑内障は近親者からの遺伝によって発症するケースもありますし、以上で紹介したような不摂生が影響して発症するケースもあります。眼圧の数値が高くない皆さんも、毎日の生活習慣には十分注意するようにしましょう。

糖質の摂取量はしっかり調整して

また、食事においては日々エネルギー源として「糖質」を摂ることになりますが、あまりに摂り過ぎてしまうと健康に悪影響が及び、様々な病気を引き起こす原因となります。中でも「糖尿病」などの生活習慣病では、糖質の摂取量を調整することで良好な状態を保つことができるようになっていますので、目の成人病と呼ばれている緑内障においても、糖質を摂取する際は上手く減量し、1日の摂取量をしっかり調整しておくことが重要です。

ご飯やパンなどに含まれる炭水化物、甘いお菓子類にたくさん含まれている砂糖はどちらも糖質です。1日の摂取量のバランスを考えながら日々の食生活を送ってみてください。糖質の摂取量を調整することは基礎代謝を上げてくれますし、血行不良や冷え症にも良い影響を与えてくれます。

また糖尿病は網膜症だけではなく、緑内障も合併症として発症しやすくなっていますから、現在糖尿病を抱えている皆さんは合併症を引き起こさないためにも糖質摂取量の調整を行なってみると良いでしょう。かかりつけの医師と相談しながら、毎日の食生活について考えてみてくださいね。

運動不足の解消で血行不良も解決!緑内障にならないための運動習慣

緑内障と運動の関係性は

健康維持やダイエットのために運動をしている、という人は多く見られていますが、実は「緑内障」の予防にも運動は適しています。緑内障は目の病気で、症状が進行していくにつれて段々と視野が欠けていく、という症状が見られるようになります。

初期段階では自覚症状もほとんど感じないため、発見が遅れてしまうことも少なくありません。緑内障は視神経が傷ついてしまうことで発症するので、一度発症すると完治することはなく、一生病気と付き合っていかなくてはならないことも特徴的です。生活習慣病の多くもこのような特徴を持っていますが、緑内障も「目の成人病」つまりは生活習慣病の一つという考え方もされているため、普段の生活習慣が不規則になってしまっている皆さんは注意が必要です。

近年では眼圧が正常値であっても「正常眼圧緑内障」を発症するケースも増えてきていますし、非常に視力の低い「強度近視」である皆さんも緑内障を発症しやすい状態となってしまっていると見られています。緑内障は眼圧の異常に限らず発症する恐れがあるので、一人一人が緑内障の予防に心がけるようにしましょう。

眼圧を下げるために運動を取り入れて

そこで運動が緑内障の予防策となるわけですが、一体どのような理由から緑内障を予防することができるのでしょうか?まず1つ目は運動をすることによって眼圧が下がる、と考えられているため、適度な運度を生活に取り入れることによって眼圧の上昇を防ぎ、正常な状態を保っていくことができるとされています。

特にウォーキングやランニングなどの「有酸素運動」は続けていくことによって眼圧を下げる効果が期待できるので、緑内障の大きな原因である眼圧の上昇を予防することが可能となっています。もちろん、既に緑内障を発症している皆さんの場合でも運動を行なうことで眼圧を下げることができますから、毎日少しでも歩いたり走ったりすることから始めてみると良いでしょう。

急な運動を行なうと身体はかえってストレスを感じてしまうものです。緑内障という病気はストレスを溜めることも良くないと言われていますので、ストレスを感じずリフレッシュできる運動を毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

適度な運動で血行不良も改善!

また、適度な運動は全身の血行を良くする効果もあるということが2つ目の理由として挙げられます。血行不良は身体の冷えやむくみ、その他にも肩こりや眼精疲労などの症状を引き起こす要因となっています。反対に全身の血行不良が改善されると、身体は冷えにくくむくみにくくなり、肩こりも楽になりますし、眼精疲労もスッキリと解消させていくことができます。

現代人の生活は目を酷使することが多く、眼精疲労が溜まりやすい傾向があります。パソコンを使う仕事、スマートフォンや携帯の使用などで目が疲れてしまってはいませんか?大丈夫だと感じていても、知らず知らずのうちに疲れは溜まり、慢性的な眼精疲労になってしまうことも少なくありません。

緑内障の原因でもある視神経へのダメージは、こうした眼精疲労による血行不良からも現われると考えられているので、緑内障を根本的に予防したいのであれば、眼精疲労を溜め込まないようにするなど目の周りの血行不良を改善する努力が必要となります。血行不良が改善されることで視神経はダメージを受けにくい状態になり、緑内障も発症しにくくなりますから、根本的な予防策として毎日の運動を日課にしてみると良いでしょう。

先ほど挙げたようなウォーキングやランニングの他、ストレッチやヨガといった運動も効果的ですし、ツボ押しなども血行不良の改善におすすめです。自宅で気軽にできる対策から緑内障を予防していきましょう。

緑内障は血行不良からも起きる病気、血液の循環を良くする方法

眼圧に問題がない場合にも発症する「緑内障」

時間をかけて徐々に視野が欠けていく病気、それが「緑内障」です。目の病気には様々なものがありますが、緑内障は一つの病気の中でもタイプによって発症のメカニズムが異なっていますし、治療法にも違いがあります。発症する原因は主に眼圧が上昇することによる視神経へのダメージとされていますが、近年では眼圧が上昇していないにもかかわらず、視神経がダメージを受けてしまうこともあると見られています。

「正常眼圧緑内障」と呼ばれるタイプの緑内障は、眼圧が正常値であるのに緑内障の症状を発症するため、眼科の検査では眼圧の測定だけではなく、眼底検査や視野検査などの検査も併せて受けることが重要です。眼圧に問題を抱えていない場合にも緑内障を発症する恐れがある、ということをよく理解しておきましょう。

血行不良が緑内障の原因になることも

そして、眼圧が正常値である場合に緑内障を発症するケースの一つに「血行不良」が原因として挙げられています。特に目の周囲の血流が悪くなっている状態は緑内障の発症に繋がる危険性が高いと見られているので、血行不良を改善することも緑内障の予防策として考えられているのです。

皆さんは常に身体の冷えを感じていたり、肩こりなどに悩まされたりしてはいませんか?その他にも目の周りの筋肉が緊張している、目が疲れているように感じる、まぶたがむくんでいるなどの症状が見られている場合も血行不良が関係しています。血行不良を引き起こしている状態は、同時に視神経がダメージを受けやすい状態にもなってしまっているため、結果的に緑内障を発症しやすい状態になっていることが考えられます。眼圧が正常値でも緑内障になってしまう原因には、このような血行不良という原因が視神経へ悪影響をもたらしていることが関係しているのです。

血行不良を改善する眼精疲労対策

では、血行不良が関係している緑内障を予防するためにはどのように対処していけば良いのでしょうか?やはり、まずは目の疲れを防ぐこと、疲れたらすぐに休めることなど眼精疲労を根本的に解決していくことが必要となります。仕事でパソコンをよく使う皆さんなどは特に慢性的な眼精疲労になりやすくなっていますから、目に疲れを溜めないよう休憩を入れながら仕事をするように心がけたり、作業の合間に目をマッサージしたり、眼精疲労対策をしっかり取るようにしましょう。

また、1日の仕事が終わったら自宅で目をゆっくり休めるために目の周り全体を温めてあげたり、湯船に浸かって全身の血行を良くしたり、意識的に血行不良の改善を行うこともおすすめです。緊張して凝り固まった筋肉をほぐすためには温めることが一番ですので、蒸しタオルなどを使って目の周り全体を温めていきましょう。血液の循環が良くなって身体が温まりますし、自宅でも手軽にできる眼精疲労対策ですから、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

適度な運動を生活に取り入れてみて

その他、適度な運動をすることでも血行不良は改善させていくことができます。皆さんは普段どのくらい運動をしていますか?全く運動をせず、慢性的な運動不足に陥ってしまっている皆さんも多いかと思いますが、毎日少しでも身体を動かすことで血行不良の改善へと繋げていくことができます。

さらに緑内障は「目の成人病」とも呼ばれている病気です。つまり、運動不足などの生活習慣の乱れによっても引き起こる恐れのある病気なので、健康な身体を手に入れるためにも適度な運動を毎日の生活に取り入れ、不規則な習慣を見直していくようにしましょう。まずは皆さんが簡単に始められるような軽いウォーキングなどから始めてみてはいかがでしょうか?

毎日どんな生活をしてる?生活習慣の問題点を見直して緑内障予防

緑内障予防は生活習慣の問題点を見直すことから

「緑内障」は「目の成人病」と呼ばれている病気です。つまり言い換えれば「目の生活習慣病」ということになりますので、不規則な生活習慣が要因となって緑内障を発症するケースもあるというわけです。緑内障は様々ある目の病気の中でも発症率が多く、最悪の場合は失明の恐れもある大変危険な病気です。しっかり治療すれば症状の進行を防ぐことはできますが、完治することはないため、まずは予防することが重要となっています。

そこで皆さんにおすすめしたいのが、生活習慣の問題点を見直すことによる緑内障症予防です。皆さんは普段どのような生活をしているでしょうか?食事は毎日規則正しく摂っているでしょうか?睡眠不足や運動不足にはなっていませんか?現代人はこのような基本的な生活習慣も乱れやすくなっているので、まずは生活の基盤から見直していく必要があります。

生活を改善して健康的な生活へ

例えば、食生活が不規則になりがちな皆さんは、栄養バランスの取れた食事を摂ること、毎日なるべく同じ時間に食事を摂ることなど規則正しい食生活を送ることができるよう、自分の問題点を見直していくようにしましょう。栄養バランスが偏りがちな食事ばかり摂っている皆さんは多いかと思いますが、そのような場合には食事全体の栄養バランスを重視して献立を考えてみましょう。

また、睡眠不足や運動不足も大きな問題となりますので、毎日しっかり睡眠を取ること、運動不足を解消することも心がけるよう注意してください。慢性的な睡眠不足は慢性的な疲労へと繋がり、慢性的な運動不足は慢性的な冷えや血行不良に繋がっていきます。疲労や冷え、血行不良といった症状は緑内障の発症にも影響してくるので、睡眠や運動についても問題点を見直しておきましょう。その他、食事の面では甘いものや炭水化物の摂りすぎを控える、過度なストレスを溜めないようにする、タバコやアルコールなどの嗜好品を控えるといった点にも気をつける必要があります。現代人であれば誰しも生活面には何らかの問題を抱えているものですが、健康的な生活を送るためにも少しずつ改善させていくよう、一人一人が努力していきましょう。

緑内障の発見に欠かせない定期的な検診

このように、緑内障の発症予防には普段の生活習慣の見直しが効果的です。緑内障以外にも様々な病気の発症を防ぐ効果がありますので、まずは自分自身の生活をじっくり見直してみることから始めてみてください。また同時に眼科で緑内障の検診を受けてみることもおすすめします。緑内障は徐々に視野が欠けていく症状が現れますが、患者本人には自覚症状が見られないことが特徴的です。

初期症状はほとんど見られませんし、自分の視野が欠けていることに気付くことの方が珍しいほどですから、検診を受けない限りは緑内障を発症しているかどうかが分からない、ことも少なくありません。中期以降になると自覚症状も現われるようになるものの、やはりこの段階まで来てしまうと症状がかなり進行してしまっていることも考えられるため、できるだけ早めに治療を始めなければなりません。

眼科で受ける緑内障の検診では初期段階で発見することも十分可能なので、緑内障の心配がない場合でも念のため検診を受けてみてください。特に中高年層の皆さんは緑内障を発症しやすい年代とされているので、定期的に検診を受けて目の状態をチェックしておきましょう。もし緑内障であることが分かった場合には、適切な治療を受けることで上手く緑内障と付き合っていくことができるようになります。症状の悪化を防ぐためにも必要な検診ですから、面倒がらず眼科を受診するようにしましょう。

緑内障に早く気付くためにも中高年になったら定期的に検診を受けて

中高年層は緑内障にかかりやすい!

視野が欠けてしまう病気である「緑内障」は、年齢を重ねるごとにかかりやすくなります。20代よりも30代、30代よりも40代、そして40代以上の年齢である皆さんは特に緑内障の発症率が高いと言われているので一人一人注意が必要です。40代以上の中高年層になると、様々なタイプの緑内障にかかりやすくなると考えられています。

緑内障には原発性の「原発閉塞隅角緑内障」と「原発開放隅角緑内障」、急激に眼圧が高くなって目の痛みなども現れる「急性緑内障」、眼圧が高くないにもかからわず症状が現われる「正常眼圧緑内障」などがあります。実は急性緑内障は原発閉塞隅角緑内障の一つで、正常眼圧緑内障は原発開放隅角緑内障に当てはまるタイプのものなのですが、こうした緑内障の症状は高齢になるにつれて発症しやすくなる傾向があるので気をつけておかなければなりません。

緑内障は自覚症状も乏しいため、症状を見逃してしまうことも少なくありませんし、放置したことで症状が悪化してしまうことも珍しくないものです。早期のうちに患者本人が緑内障であることに気付くには、眼科でしっかり診断してもらう必要がありますので、まずは中高年になったら定期的に検診を受けることから緑内障予防を始めていきましょう。

40代を超えたら眼科で定期的な検診を

眼科では緑内障であるかどうかを調べるため、様々な検診を受けることができます。眼圧の測定、隅角や眼底の検査、視野を確認するための検査も眼科で受けられますので、緑内障を発症しやすい年代になったら検診を受けるために定期的に眼科に通うことをおすすめします。

なかなか病院に定期的に通うことがない、という皆さんにとっては苦痛かもしれませんが、これも緑内障を予防するためです。全く自覚がなくても、ある日突然急性緑内障を発症してしまうこともありますし、気付いたら視野がかなり欠けてしまっていたということも多く見られています。緑内障は最悪の場合失明の恐れもある病気ですから、失明のリスクを低く保つためにも、定期的な検診を受けるよう心がけておきましょう。

特に日頃から眼精疲労を溜めやすい皆さん、ストレスを溜めやすい皆さん、冷え症の皆さんなどは目の周囲の血行が悪くなってしまっていることが考えられます。目の周囲の血流に問題がある場合、視神経もダメージを受けやすくなってしまっているため、ちょっとした眼圧の上昇でも緑内障を発症してしまう恐れがあります。

眼精疲労やストレスは視神経自体を脆くしてしまうことがあるので、目の健康を守ることができるような生活を送っていきましょう。また、近視の皆さんも緑内障を発症しやすい状態となっていますから、中高年層且つ近視である場合は必ず定期的な検診を受けるよう注意しておきましょう。

普段の生活習慣にも気を遣ってみて

その他、眼科で検診を受けるだけではなく、普段の生活習慣に気を遣うことも緑内障予防には最適です。緑内障は「目の成人病」と呼ばれおり、生活習慣とも大きく関わっている病気であることをご存知でしたか?緑内障は不規則な生活習慣によって悪化してしまう恐れもある病気と考えられているので、もし生活面に問題がある場合は規則正しい生活習慣へと見直していくことも忘れないようにしましょう。

食事・睡眠・運動などの習慣の改善から、先ほど挙げたような眼精疲労やストレスへの対処も心がけ、健康的な生活を送るようにしてください。眼精疲労に効く食品を摂っても良いですし、運動をして全身の血行を促進することもおすすめです。生活習慣を改めることによって、目だけではなく身体の健康も守ることができるようになりますので、これを機に皆さんも規則正しい生活を送ってみてはいかがでしょうか?

<1 2