眼圧を下げる効果のある栄養素

眼圧を下げる効果のある栄養素を摂って緑内障になりにくい体質に

不規則になりがちな食生活を見直して

一般的に緑内障は眼圧が高く上昇してしまうことで発症すると考えられています。近年では「正常眼圧緑内障」など、眼圧が正常値でも緑内障にかかることがありますが、やはり第一に注目するべき点は眼圧です。眼圧の上昇が原因で引き起こる緑内障の治療は、まず眼圧を下げることが先決となっていますので、眼科では眼圧を下げる目的で点眼薬が処方されますし、生活を送っていく上で眼圧が高くならないよう、医師から様々な注意を受けることになります。

とは言っても、あまり神経質になってしまうと、かえって症状を悪化させてしまう恐れもあるため、気をつけるべき点には注意し、他の面では皆さんなりに楽しく過ごすことができるよう、普段通りの生活を送っていくようにしましょう。また、緑内障は「目の成人病」と呼ばれているほど、生活習慣とも関わりの深い病気です。そのため、生活習慣が不規則になってしまっている場合は緑内障にかかりやすい状態とされていますので、現在の皆さんの生活を見直してみることも忘れてはなりません。

皆さんは普段どのような生活を送っていますか?現代人は何かと不規則な生活になりがちですが、不規則な生活を放置せず、自分なりに改善できる点を探していくことが大切です。ここでは特に不規則になりがちな食生活の見直しとして、食事から摂る栄養素について見ていくことにしましょう。

眼圧を下げる効果のある栄養素「ビタミン」

私達は毎日様々な食材から栄養を摂っていますが、その食材にはそれぞれ異なる栄養素が含まれています。三大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質をはじめ、鉄分、ミネラル、ビタミン、亜鉛などの栄養素も多くの食材に含まれていますよね。このような栄養素の中には、実は眼圧を下げる効果が高いと見られている栄養素もあるので、ここからは眼圧を下げる効果のある栄養素について紹介していきたいと思います。

まず1つ目は「ビタミンB6」という栄養素です。ビタミン類の一種で、免疫力アップやタンパク質の代謝を促す効果もある栄養素となっています。肉類、魚類、乳製品、豆類など多くの食材に含まれているので、皆さんもビタミンB6を積極的に摂ってみるようにしましょう。

次に2つ目に紹介するのは「ビタミンC」です。ビタミン類の中でも特に有名な栄養素は、粘膜を強くする働きがあるため、緑内障や白内障といった目の病気にも効果的とされています。果物や野菜に多く含まれているビタミンCはサプリメントから摂る皆さんも多いかと思いますが、やはり生の食材から摂ることが一番です。

3つ目の「ビタミンE」に関しても、緑黄色野菜や豆類には良質のものが含まれています。ビタミンEにはドロドロになってしまった血液をサラサラにしていく効果があり、血行を促進することよって緑内障を予防していくことができると考えられています。血流が悪いと緑内障を発症しやすくなってしまいますので、血液の流れを改善していくためにもビタミンEを摂るようにしましょう。

食事は全体の栄養バランスを考えて

以上のように、眼圧を下げる効果のある栄養素としては主にビタミン類が挙げられます。しっかりと栄養を摂ることで緑内障になりにくい体質へ変えていくこともできますので、まずは食事面から緑内障を予防していくと良いでしょう。

ただし、ビタミン類ばかりを摂れば良いというわけではありません。食事は何と言ってもバランスが大事ですから、全体の栄養バランスをよく考えながら毎日の食生活を送ってみてください。健康を維持するためには、好き嫌いをせず何でも美味しく食べることが重要です。様々な食材から多くの栄養を摂れるよう、なるべく好き嫌いをせずに食事を摂ってみてくださいね。