中高年になったら定期的に検診を受けて

緑内障に早く気付くためにも中高年になったら定期的に検診を受けて

中高年層は緑内障にかかりやすい!

視野が欠けてしまう病気である「緑内障」は、年齢を重ねるごとにかかりやすくなります。20代よりも30代、30代よりも40代、そして40代以上の年齢である皆さんは特に緑内障の発症率が高いと言われているので一人一人注意が必要です。40代以上の中高年層になると、様々なタイプの緑内障にかかりやすくなると考えられています。

緑内障には原発性の「原発閉塞隅角緑内障」と「原発開放隅角緑内障」、急激に眼圧が高くなって目の痛みなども現れる「急性緑内障」、眼圧が高くないにもかからわず症状が現われる「正常眼圧緑内障」などがあります。実は急性緑内障は原発閉塞隅角緑内障の一つで、正常眼圧緑内障は原発開放隅角緑内障に当てはまるタイプのものなのですが、こうした緑内障の症状は高齢になるにつれて発症しやすくなる傾向があるので気をつけておかなければなりません。

緑内障は自覚症状も乏しいため、症状を見逃してしまうことも少なくありませんし、放置したことで症状が悪化してしまうことも珍しくないものです。早期のうちに患者本人が緑内障であることに気付くには、眼科でしっかり診断してもらう必要がありますので、まずは中高年になったら定期的に検診を受けることから緑内障予防を始めていきましょう。

40代を超えたら眼科で定期的な検診を

眼科では緑内障であるかどうかを調べるため、様々な検診を受けることができます。眼圧の測定、隅角や眼底の検査、視野を確認するための検査も眼科で受けられますので、緑内障を発症しやすい年代になったら検診を受けるために定期的に眼科に通うことをおすすめします。

なかなか病院に定期的に通うことがない、という皆さんにとっては苦痛かもしれませんが、これも緑内障を予防するためです。全く自覚がなくても、ある日突然急性緑内障を発症してしまうこともありますし、気付いたら視野がかなり欠けてしまっていたということも多く見られています。緑内障は最悪の場合失明の恐れもある病気ですから、失明のリスクを低く保つためにも、定期的な検診を受けるよう心がけておきましょう。

特に日頃から眼精疲労を溜めやすい皆さん、ストレスを溜めやすい皆さん、冷え症の皆さんなどは目の周囲の血行が悪くなってしまっていることが考えられます。目の周囲の血流に問題がある場合、視神経もダメージを受けやすくなってしまっているため、ちょっとした眼圧の上昇でも緑内障を発症してしまう恐れがあります。

眼精疲労やストレスは視神経自体を脆くしてしまうことがあるので、目の健康を守ることができるような生活を送っていきましょう。また、近視の皆さんも緑内障を発症しやすい状態となっていますから、中高年層且つ近視である場合は必ず定期的な検診を受けるよう注意しておきましょう。

普段の生活習慣にも気を遣ってみて

その他、眼科で検診を受けるだけではなく、普段の生活習慣に気を遣うことも緑内障予防には最適です。緑内障は「目の成人病」と呼ばれおり、生活習慣とも大きく関わっている病気であることをご存知でしたか?緑内障は不規則な生活習慣によって悪化してしまう恐れもある病気と考えられているので、もし生活面に問題がある場合は規則正しい生活習慣へと見直していくことも忘れないようにしましょう。

食事・睡眠・運動などの習慣の改善から、先ほど挙げたような眼精疲労やストレスへの対処も心がけ、健康的な生活を送るようにしてください。眼精疲労に効く食品を摂っても良いですし、運動をして全身の血行を促進することもおすすめです。生活習慣を改めることによって、目だけではなく身体の健康も守ることができるようになりますので、これを機に皆さんも規則正しい生活を送ってみてはいかがでしょうか?