お酒やタバコなどの嗜好品はなるべく避けて

お酒にタバコ、目の健康を保つためには嗜好品はなるべく避けて

間接的な緑内障の発症要因

近視で悩んでいる人もいれば、慢性的な眼精疲労で悩んでいる人もいるように、目は何らかの健康不安が見えやすいものとなっています。特に現代人は目を酷使することが増えているため、眼精疲労で悩まされている皆さんも多いのではないでしょうか?

単なる疲労だけではなく、目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」の状態になってしまっていることもありますし、眼精疲労が頭痛や肩こりに繋がることも少なくありません。度を超えた眼精疲労は全身疲労へとも影響してしまうので、できるだけ早めに対処することが必要です。

と言うのも、眼精疲労は目の病気の一つ「緑内障」の発症要因としても考えられているからです。緑内障は眼圧が高くなることで発症する病気ですが、眼精疲労が蓄積されると視神経はダメージを受けやすい状態になってしまいます。そのため、眼圧がそれほど高くない場合でも視神経が傷つき、緑内障を発症しやすくなってしまうというわけです。

眼精疲労が直接的に緑内障の発症リスクとなるわけではありませんが、間接的には関わっているものなので、眼精疲労を慢性的に感じている皆さんは疲れを少しずつ解消していくよう注意しておきましょう。この他にも、間接的に緑内障の発症リスクとして考えられている要因があります。ここからは「嗜好品」に注目してみることにしましょう。

お酒やタバコなどの嗜好品は避けるように

一般的に嗜好品というとお酒やタバコなどがまず挙げられますね。皆さんは毎日お酒を飲んだり頻繁にタバコを吸ったりしているでしょうか?お酒を飲むことでリフレッシュできる、タバコを吸うと気分がリラックスできる、といった皆さんも多いかと思いますが、こうした嗜好品は目の健康にはあまり良い影響を与えません。

お酒に含まれているアルコールやタバコに含まれているニコチンという成分は、目だけではなく身体的にも悪影響を及ぼす恐れがあるため、特にお酒を毎日飲む人、ヘビースモーカーである人は十分に注意しておきましょう。緑内障という病気は「目の成人病」とも呼ばれ、日常的な生活習慣が影響して発症する病気とも考えられています。つまり、アルコールやニコチンなどを摂りすぎることによって発症の危険性が高まってしまうので、お酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎには一人一人が気をつけておきましょう。

40代になったら定期検診もしっかり受けて

さらに緑内障は年齢が高くなるごとに発症しやすいとも言われています。40代以降の中高年層の皆さんはお酒やタバコなどの嗜好品を避けていたとしても、緑内障になる危険性はあるものです。緑内障を予防するためには、嗜好品を避けるだけではなく、定期的に検診を受けて目の状態をしっかり診てもらうことが必要となります。

緑内障は自覚症状の乏しい病気ですし、自分でも気付かない間に症状が進行してしまっていることも少なくありません。このような緑内障を発症していることに少しでも早く気付くためには、検診を受けて結果を知ることが重要となっていますので、40代になったら定期的に眼科に通うよう心がけておきましょう。

眼科では眼圧を測定する「眼圧検査」などの他、眼底検査や視野検査なども受けることができます。様々な検査を受けることで緑内障を早期発見することができるようになっていますから、何らかの不安を感じている場合はもちろん、全く不安を感じていないという皆さんもまずは眼科の受診をおすすめします。早期に発見できればすぐに治療を始めることができるため、症状の進行を最低限で食い止めることも可能です。将来の自分の目を健康な状態に維持していくためにも、今できる予防策から始めていきましょう。