眼精疲労を感じたらその日のうちに解消を

慢性的な疲れになる前に、眼精疲労を感じたらその日のうちに解消を

目の病気である「緑内障」の危険性

様々ある目の病気の中でも「緑内障」は発症率の高い病気の一つです。年代としては高齢になるにつれて発症しやすいことが特徴的で、40代以上の皆さんは特に注意必要です。緑内障という病気は徐々に視野が狭くなる症状が現われますが、この症状は自覚が見られないこともあり、発見が遅れることも少なくありません。

初期段階の緑内障は患者本人に自覚症状が見られにくく、気付いた頃には症状が悪化してしまっていることも珍しくないのです。緑内障は最悪の場合失明する恐れもある病気ですから、できるだけ早く症状を発症していることに気付くよう、眼科で定期的に検診を受けるなどして発症を予防していくことが重要です。

ただ緑内障は視神経がダメージを受けてしまうことによって発症する病気であるため、一度発症すると完治することはありません。しかし早期発見・早期治療を行なうことで症状の悪化を防ぐことは可能なので、まずは検診を受けて現在の状態をチェックすることから始めていきましょう。

眼精疲労は視神経自体ががダメージを受けやすい状態に

こうした緑内障の主な発症原因は「眼圧の上昇」と見られていますが、近年は眼圧が正常値であるにもかかわらず緑内障を発症してしまう「正常眼圧緑内障」の患者数も増加傾向にあります。

眼圧が上がることで視神経がダメージを受け、その結果として緑内障が発症する、というメカニズムが一般的に知られていましたが、眼圧が正常値である場合に発症するタイプの緑内障は、何らかの要因によって視神経自体がダメージを受けやすい状態となっていることが大きな原因と考えられています。つまり、眼圧によって視神経がダメージを受けるのではなく、他の要因が影響して視神経が傷つきやすくなってしまっているというわけです。

その要因の一つに「眼精疲労」が挙げられます。現代人にはよく見られる症状ですし、皆さんの中にも慢性的な眼精疲労で悩んでいる方々はたくさんいることかと思います。仕事や勉強による目の疲れ、スマートフォンや携帯、ゲームなどによる目の疲れは放っておくとどんどん蓄積されていきます。

さらに目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」などの症状も併せて見られることが多いですから、生活習慣が影響している目の疲れは早めに対処し、健康は皆さん自身で守ることが大切です。眼精疲労を感じたらその日のうちに解消することが必要ですので、ここからは眼精疲労対策について見ていくことにしましょう。

眼精疲労対策で緑内障を予防

眼精疲労を感じている場合、目の周りの筋肉は緊張して凝り固まっている状態です。筋肉が緊張していると血行不良になりやすく、視神経にも悪影響が現れやすくなります。血行不良の改善にはやはりしっかり温めることが一番なので、目の周囲全体を蒸しタオルなどで温める、湯船に浸かって全身を温めるなど、血流を良くしていくことから始めてみると良いでしょう。

目の周囲を温めるとスッキリしますし、疲れも取れて夜もぐっすり眠ることができるようになります。眼精疲労は頭痛や肩こりも伴いやすいので、症状が派生しないうちにまずは目の疲れを解消していくようにしましょう。

また、目の周囲の筋肉を意識的に動かすことでも眼精疲労は解消されていきます。力強くまばたきを繰り返すなど筋肉を動かして血行不良を改善していきましょう。その他、目の周囲全体を優しくマッサージする、目の周囲のツボを押すなどの対策もおすすめです。少し疲れたなと感じた時に行なっておくことがベストですので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。