緑内障にならないための予防策

記事一覧

発症する前に気をつけるべきこと、緑内障の予防策と改善法の違いは

不健康な状態は緑内障を発症しやすい傾向が

近年患者数が増加傾向にある「緑内障」は、様々な原因から発症すると見られています。主な原因は眼圧の上昇ですが、眼圧が正常値であっても「正常眼圧緑内障」を発症する恐れもありますし、眼圧が上昇するハッキリとした原因が分からないこともあります。

ただ、緑内障という病気は「目の成人病」とも呼ばれていることから、不規則な生活習慣が影響して緑内障を発症してしまう、とも考えられています。直接的な原因ではなくても、生活習慣が乱れることによって不健康な状態になり、結果的に緑内障を発症しやすくなってしまう、というわけです。

緑内障は自覚症状が見られにくく、初期段階ではほとんど発症しているかどうかが分かりません。徐々に進行していく特徴があるので、中期段階や後期段階にならなければ自覚症状が現われるようにならないのです。緑内障はできる限り早く発見することが必要ですから、もし自覚症状がない場合でも、不安があればすぐに眼科を受診しましょう。

眼科で緑内障の検査を受けることで、緑内障を発症しているかどうかを診断してもらうことができます。特に40歳以上の中高年の皆さんは年代的にも緑内障にかかりやすいと言われています。皆さんも40歳を超えたら定期的に検査を受けるよう心がけておきましょう。

まずは緑内障の発症を予防することから

このように緑内障は様々な要因が関連して発症する病気とされていますが、病気の発症をあらかじめ防ぐことは十分可能です。緑内障になりにくい状態であれば、発症のリスクを大幅に軽減させることができますし、身体的にも精神的にも健康になるので、他の病気にもかかりにくくなります。

特に生活習慣が不規則になりがちな皆さんは、今日から規則正しい生活を始めることで緑内障を予防していくことができるようになりますから、今の自分ができることから予防策を始めていくと良いでしょう。

例えば、食生活が不規則になっているようであれば、栄養バランスを考えた食事を摂るなど基本的な食生活を見直してみてはいかがでしょうか?食事からしっかりと栄養を摂ることで健康維持にも繋がっていきますので、まずは食事の面から緑内障予防を始めてみてください。

その他、ストレスが溜まっている場合はこまめに解消する、眼精疲労などの疲れはその日のうちに和らげておくなど、ストレスや疲れの対処についてもあらかじめ考えておいた方が良いでしょう。中でも眼精疲労は慢性化しやすく、目の周りの血行不良にも影響してしまうので、疲れが溜まる前に対処するよう注意しておきましょう。

緑内障は完治することがない病気

緑内障は以上で紹介したように、症状の発症を予防することができるようになっていますが、もし緑内障を発症してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?既に緑内障を発症した後には、予防策ではなく改善法が必要となるわけですが、ここでまず気をつけておかなければならないのは、緑内障は完治することがない病気という点です。

緑内障は一度発症したら完治することはなく、皆さんは生涯緑内障と付き合っていかなければなりません。緑内障の改善法は、病気自体の完治を目指すものではなく、今の状態を少しでも良くしていくために症状を抑えていくためのものとなっていますので、改善法を試しても完全に緑内障が治ることはない、ということをよく理解しておきましょう。

「どうして改善法を試しても治らないの?」と思う皆さんもいるかと思いますが、現代の医療では緑内障を治すことは難しく、できることとすれば症状が悪化しないような状態に改善させることになります。予防策と改善法の違いについてはもちろん、改善と完治の違いについてもよく覚えておくようにしましょう。

緑内障を恐れすぎないで、毎日を楽しく過ごすことも重要な予防策

「緑内障」は怖い病気なの?

「緑内障」は目の病気の中でも発症率が高く、失明の危険性もある怖い病気です。自覚症状も少なく、気付いた頃には症状が進行してしまっていた、ということも少なくありませんし、視野が欠けていることになかなか気付くことがないため、症状を自覚した頃にはかなり視野が狭くなっていることも考えられます。この部分だけを見てみると、緑内障は非常に恐ろしい病気のように感じるかもしれませんね。

しかし、緑内障は自覚症状がなくても検査を受ければ早期発見ができる病気ですし、早い段階で治療を始めることで症状の悪化も防ぐことができるのです。もちろん失明の危険性もある病気であることに変わりはありませんが、それは症状を長い間放置し続けている場合に当てはまることです。目に異変を感じるなど少しでも不安があれば、まずは眼科で診察を受け、緑内障の検査をしてもらいましょう。

その時点で緑内障であることが分かれば、治療も比較的早くに始めることができるので、失明の危険も免れることができます。放置しておくとリスクの高い病気ですが、適切な治療を受けていればこれまで通り普通の生活を送ることもできますし、高くなった眼圧を下げることも可能です。緑内障は決して怖いだけの病気ではないので、こうした特徴もよく理解しておくようにしましょう。

緑内障を発症しやすい状態

また、緑内障は皆さん自身で予防をしていくこともできます。症状の進行を予防することはもちろん、発症をすること自体を予防するための様々な方法もありますから、緑内障を恐れすぎずに予防策を試していくことをおすすめします。緑内障は一般的に眼圧が上昇することで発症する病気であるため、発症を防ぐためにはまず眼圧を下げて正常値にすることが重要な予防策となります。眼圧がが上昇する原因には様々なものがありますが、間接的な要因からでも緑内障の発症へと繋がってしまうことがあるので注意が必要です。

例えば、過度なストレスを感じている場合などはストレスが影響して視神経がダメージを受けやすい状態になってしまうことが考えられます。その他にも眼精疲労などの疲れが溜まっている場合、食生活が不規則になってしまっている場合、睡眠不足や運動不足になっている場合、血行不良や冷え症である場合など、様々な要因が間接的に緑内障に関わっていることもあるのです。

これらの要因が直接眼圧を上昇させるわけではなく、ちょっとした眼圧でもダメージを受けやすい視神経の状態を作ってしまうことがあるため、生活面や身体面、精神面に何らかの問題を抱えている皆さんは緑内障を発症しやすくなっているのです。

楽しく過ごすことも重要な予防策

必ずしも緑内障を発症するわけではありませんが、ストレスや疲れを溜めていない場合、血行不良や冷え症ではない場合に比べれば緑内障を発症しやすい状態になっていることは確かです。ただ、その状態を少しでも改善していくことによって、緑内障を予防していくことができるようになりますので、まずは根本的な原因となり得る問題についてそれぞれが考えてみるようにしましょう。

また、緑内障という病気を恐れすぎないよう、毎日を楽しく過ごすことも重要な予防策の一つです。毎日楽しく過ごすことでストレスも減りますし、疲れも解消されていきます。ストレスや疲れが軽減されれば血流も良くなりますし、結果的に冷え症の改善へと繋げていくこともできるのです。緑内障という病気についてしっかり理解しつつ、過度に怖がることなく今できる予防策から始めてみてはいかがでしょうか?

サプリメントは緑内障に効くの?必要な栄養素を適切に摂る方法

「緑内障」の症状を予防するためには

栄養を補給する方法の一つとして「サプリメント」の摂取が挙げられます。日頃からサプリメントを愛用している、という皆さんはとても多いかと思いますが、こうしたサプリメントは「緑内障」の症状にも効くものなのでしょうか?緑内障は目の病気の一つで、視野が徐々に欠けていく症状が見られます。

自覚症状がほとんど見られないので、初期段階では視野が欠けていることに気付かず、そのまま症状を放置してしまうケースも少なくありません。中期段階以降になると自覚症状も現れてくるようになりますが、既に症状が進行してしまっていることもあり、視野が狭くなってきて初めて気付く、という人も多く見られています。

さらに放置し続けていると失明する恐れもあり大変危険です。緑内障は早期に発見すれば症状も軽く、悪化も防ぐことができますが、最悪の場合は失明してしまうことも考えられますので、症状に少しでも早く気付くことができるよう、定期的に眼科で目の状態を診てもらうようにしましょう。そして緑内障の予防には定期的な検診の他、毎日の生活面においても注意しておくべき点は様々あるのですが、ここではまずサプリメントの緑内障に対する効能について考えていきたいと思います。

「アントシアニン」や「ルテイン」はサプリメントで

サプリメントは栄養を補給するために摂取するもので、非常にたくさんの種類があることが特徴的です。ビタミン類のサプリメント、亜鉛や鉄分を摂るためのサプリメントなど皆さんが補給したい栄養素を手軽に摂取することができるようになっているので、栄養バランスを整えたい時や栄養が不足しがちな時などにはとても役立ちますよね。

近年ではこのような栄養素を重点的に摂るサプリメントの他、様々な栄養素を併せて摂ることができるタイプのサプリメントも多く、栄養素を集中して摂りたい時にはぴったりのものとなっていますし、基本的な栄養素だけではなく、様々な悩みに効く栄養素を摂ることができるサプリメントも人気となっています。

皆さんは「アントシアニン」や「ルテイン」といった栄養素を聞いたことがあるでしょうか?アントシアニンやルテインは視力低下を予防する栄養素とされており、緑内障の予防にも繋げていくことができると考えられています。実はこうした栄養素もサプリメントで手軽に摂ることができるようになっているので、アントシアニンやルテインを集中して摂りたいという時には、サプリメントに栄養サポートしてもらうことをおすすめします。

サプリメントは適切に栄養を摂るための方法

ただし、サプリメントはあくまでも栄養を補給するためのもので、食事の代わりになるものではありません。本来は食事から摂る栄養バランスが偏っている、食事から摂る栄養だけでは不足している、という場合に取り入れるものなのですが、最近ではサプリメントを食事代わりにしてしまっている人も見られています。もちろんサプリメントでは様々な栄養素を摂ることができますし、手軽に摂れる点もメリットが高くなっています。

しかし、サプリメントだけで良質の栄養素が摂れるわけではないので、まずは食事から摂る栄養を第一に考えておかなければなりません。緑内障の予防についても、栄養バランスはとても重要なものとなっていますから、何よりも先に栄養バランスの整えた食事を摂ることを心がけ、もしも栄養が足りない場合にはそのサポートとしてサプリメントを摂るようにしましょう。

何もかもサプリメントに頼ってしまうことはかえって健康状態の悪化に繋がってしまいますので、必要な栄養素を適切に摂るための方法として、上手くサプリメントを活用するように注意してくださいね。

お酒にタバコ、目の健康を保つためには嗜好品はなるべく避けて

間接的な緑内障の発症要因

近視で悩んでいる人もいれば、慢性的な眼精疲労で悩んでいる人もいるように、目は何らかの健康不安が見えやすいものとなっています。特に現代人は目を酷使することが増えているため、眼精疲労で悩まされている皆さんも多いのではないでしょうか?

単なる疲労だけではなく、目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」の状態になってしまっていることもありますし、眼精疲労が頭痛や肩こりに繋がることも少なくありません。度を超えた眼精疲労は全身疲労へとも影響してしまうので、できるだけ早めに対処することが必要です。

と言うのも、眼精疲労は目の病気の一つ「緑内障」の発症要因としても考えられているからです。緑内障は眼圧が高くなることで発症する病気ですが、眼精疲労が蓄積されると視神経はダメージを受けやすい状態になってしまいます。そのため、眼圧がそれほど高くない場合でも視神経が傷つき、緑内障を発症しやすくなってしまうというわけです。

眼精疲労が直接的に緑内障の発症リスクとなるわけではありませんが、間接的には関わっているものなので、眼精疲労を慢性的に感じている皆さんは疲れを少しずつ解消していくよう注意しておきましょう。この他にも、間接的に緑内障の発症リスクとして考えられている要因があります。ここからは「嗜好品」に注目してみることにしましょう。

お酒やタバコなどの嗜好品は避けるように

一般的に嗜好品というとお酒やタバコなどがまず挙げられますね。皆さんは毎日お酒を飲んだり頻繁にタバコを吸ったりしているでしょうか?お酒を飲むことでリフレッシュできる、タバコを吸うと気分がリラックスできる、といった皆さんも多いかと思いますが、こうした嗜好品は目の健康にはあまり良い影響を与えません。

お酒に含まれているアルコールやタバコに含まれているニコチンという成分は、目だけではなく身体的にも悪影響を及ぼす恐れがあるため、特にお酒を毎日飲む人、ヘビースモーカーである人は十分に注意しておきましょう。緑内障という病気は「目の成人病」とも呼ばれ、日常的な生活習慣が影響して発症する病気とも考えられています。つまり、アルコールやニコチンなどを摂りすぎることによって発症の危険性が高まってしまうので、お酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎには一人一人が気をつけておきましょう。

40代になったら定期検診もしっかり受けて

さらに緑内障は年齢が高くなるごとに発症しやすいとも言われています。40代以降の中高年層の皆さんはお酒やタバコなどの嗜好品を避けていたとしても、緑内障になる危険性はあるものです。緑内障を予防するためには、嗜好品を避けるだけではなく、定期的に検診を受けて目の状態をしっかり診てもらうことが必要となります。

緑内障は自覚症状の乏しい病気ですし、自分でも気付かない間に症状が進行してしまっていることも少なくありません。このような緑内障を発症していることに少しでも早く気付くためには、検診を受けて結果を知ることが重要となっていますので、40代になったら定期的に眼科に通うよう心がけておきましょう。

眼科では眼圧を測定する「眼圧検査」などの他、眼底検査や視野検査なども受けることができます。様々な検査を受けることで緑内障を早期発見することができるようになっていますから、何らかの不安を感じている場合はもちろん、全く不安を感じていないという皆さんもまずは眼科の受診をおすすめします。早期に発見できればすぐに治療を始めることができるため、症状の進行を最低限で食い止めることも可能です。将来の自分の目を健康な状態に維持していくためにも、今できる予防策から始めていきましょう。

近視で悩んでいる人におすすめ!視力低下予防にも効果的な栄養素

緑内障の発症リスクが高まる「強度近視」

皆さんは視力は良い方でしょうか、それともどちらかというと悪い方でしょうか。実は目の病気である「緑内障」は、近視である場合に発症しやすく、中でも「強度近視」と呼ばれる非常に視力が低い状態は特に緑内障にかかりやすいと考えられています。強度近視の状態は網膜が薄くなってしまっているため、視神経もダメージを受けやすく、緑内障の発症につながりやすい状態となってしまっているのです。

本来ならば緑内障には影響しない眼圧でも、強度近視の状態である場合には大きなダメージとなってしまう恐れもあり、知らず知らずの間に緑内障が進行してしまっていることも珍しくありません。年齢が高くなるにつれて発症リスクが高まる緑内障ですが、近視の場合にも発症リスクは高い、ということをよく覚えておきましょう。

ただ、しっかり治療を受ければ緑内障の症状が悪化することはありませんし、生活も通常どおり送ることができます。緑内障の治療は症状の悪化を防ぐために行なわれるもので、完治を目指すために治療を行なうわけではありませんが、症状がこれ以上悪くならないようにするためにはやはり眼科での適切な治療を受けることが重要です。少しでも不安に感じることがあれば、迷わず眼科に行って診てもらうようにしてください。

視力低下予防に効果的な栄養素

また、元々近視である皆さんは、緑内障を予防するためにそれぞれ工夫をしておくことも大切です。視力が低下しないよう現状を維持することはもちろん、視力を少しでも良い状態に導いていくためにできることを始めれば、緑内障発症のリスクも低くしていくことができます。ここでは視力低下予防に効く栄養素として、普段の食事から摂れる様々な栄養素について見ていくことにしましょう。

目に良いとされるブルーベリーには「アントシアニン」という成分が含まれていますが、アントシアニンは視力低下予防効果のある栄養素の中でも特に有名なものです。近年ではサプリメントによってアントシアニンを補給する方法もあり、日々の食生活にも取り入れやすくなっています。

その他、ほうれん草やブロッコリーに含まれている「ルテイン」という成分も視力低下を予防する効果があるとされ、緑内障の発症予防にも繋げていくことができると考えられています。ルテインには水晶体や網膜といった目の機能の酸化を防ぐ「抗酸化作用」があるので、目の健康を維持するためには欠かせない栄養素となっています。

ほうれん草やブロッコリーの他にも、かぼちゃ、キャベツ、インゲンといった食材などもルテインが含まれていますし、特にキャベツの一種であるケールという野菜にはより豊富なルテインが含まれています。こうした野菜類を毎日の食事に取り入れながら、緑内障を予防していくと良いでしょう。

栄養バランスの取れた食事を心がけて

このように、近視の皆さんはアントシアニンやルテインといった視力低下予防効果のある栄養素を積極的に摂ることがおすすめですので、栄養素に注意しながら食事内容を見直してみましょう。また多くのビタミン類も視力低下予防効果があるとされていますから、ビタミン類が豊富に含まれている野菜や果物を摂るなど、様々な食材から栄養を取り入れてみることも大切です。

いくらブルーベリーやケールが目に良いとは言っても、毎日同じ食材ばかりでは栄養が偏ってしまいます。多くの食材をバランス良く摂ることも目の健康には欠かせないことなので、栄養の偏りにも注意しながら、バランスの取れた食事を心がけていきましょう。

緑内障の発症を防ぐには日々の食事から、バランスの良い食生活を

「緑内障」の予防策に関心を

「緑内障」は目の病気の中でも発症率が高く、放置しておくと失明してしまう恐れもある病気です。もちろん、発症した人が全て失明するわけではなく、あくまでもしっかり治療を受けずに症状を放っておいた場合に失明する危険性があるということですが、緑内障を発症してしまったのであれば、失明するリスクは少なからずある、と考えても過言ではありません。

しかし、適切な治療を受けていれば症状が悪化することはありませんし、高くなった眼圧を下げるなど症状の改善も望めます。自覚症状がなく症状が現れていると気付くことが難しい緑内障でも、定期的に検診を受けるなどして予防していけば、早い段階で緑内障の発症を発見することも可能ですから、まずは今の皆さんができることから緑内障予防を心がけていきましょう。

特に40代を超えると緑内障の発症リスクは非常に高まります。「自分は大丈夫」と思っている人ほど予防には無関心になってしまいますが、やはり年齢が高くなるごとに発症しやすくなるのが緑内障の特徴です。40代以上の皆さんは眼科に定期的に通い、その都度検診を受けて目の状態をチェックしておくことをおすすめします。

緑内障の発症を防ぐには日々の食事から

そして日々の食生活にも十分に気をつけておく必要があります。緑内障の主な原因は眼圧の上昇ですが、生活習慣が乱れていることが大きな原因となってしまっていることも少なくありません。これは緑内障が「目の成人病」と呼ばれていることにも関わっており、生活習慣を改善することで緑内障の発症を予防・改善できるとも言われているのです。

今現在生活習慣が乱れがちである皆さんは、緑内障予備軍の状態となってしまっていることも考えられます。生活習慣の乱れは、緑内障だけではなく様々な病気の発症原因ともなっていますから、毎日の生活を見直すことで健康な身体を維持していくことができるようになるのです。そこで特に注目しておきたいのが食生活というわけですね。

食事から摂る栄養素は私達が健康に生きていく上で欠かせないものですし、十分な栄養を摂ることができていない場合は、栄養不足で病気がちにもなってしまいます。日々の食事内容によって皆さんの健康状態は左右されますから、結果的に緑内障の発症に繋がってしまうこともあるのです。緑内障の発症を防ぐためにも、日々の食事内容に気を配り、健康的な食生活を送っていきましょう。

栄養バランスの良い食事を心がけて

では、具体的にはどのような食生活を心がけていけば良いのでしょうか?緑内障予防のためには、眼圧を下げる効果のある栄養素を積極的に摂ることも必要ですが、まずは栄養バランスの良い食生活を送ることを第一に考えてみましょう。眼圧を下げる効果があるとは言え、同じ食材や同じ栄養素ばかりを摂っていても健康な状態とは言えません。食事から摂るべき栄養素も摂らず、偏った食生活をしても緑内障予防にはなりませんので、様々な栄養素が含まれている食材をバランス良く摂ってきましょう。

また、栄養バランスの他、毎日の食生活におけるリズムについても考えてみることもおすすめです。皆さんは毎日規則的な食生活のリズムを作ることができているでしょうか?朝・昼・夜と規則正しい食生活を送ることが重要なポイントですから、今の皆さんの食生活をしっかり見直し、少しでも理想に近づけていけるよう努力してみましょう。その他、適度な運動をする、睡眠を十分に取る、ストレスや眼精疲労を解消するなどの生活面における注意点もそれぞれ気をつけてみてくださいね。

眼圧を下げる効果のある栄養素を摂って緑内障になりにくい体質に

不規則になりがちな食生活を見直して

一般的に緑内障は眼圧が高く上昇してしまうことで発症すると考えられています。近年では「正常眼圧緑内障」など、眼圧が正常値でも緑内障にかかることがありますが、やはり第一に注目するべき点は眼圧です。眼圧の上昇が原因で引き起こる緑内障の治療は、まず眼圧を下げることが先決となっていますので、眼科では眼圧を下げる目的で点眼薬が処方されますし、生活を送っていく上で眼圧が高くならないよう、医師から様々な注意を受けることになります。

とは言っても、あまり神経質になってしまうと、かえって症状を悪化させてしまう恐れもあるため、気をつけるべき点には注意し、他の面では皆さんなりに楽しく過ごすことができるよう、普段通りの生活を送っていくようにしましょう。また、緑内障は「目の成人病」と呼ばれているほど、生活習慣とも関わりの深い病気です。そのため、生活習慣が不規則になってしまっている場合は緑内障にかかりやすい状態とされていますので、現在の皆さんの生活を見直してみることも忘れてはなりません。

皆さんは普段どのような生活を送っていますか?現代人は何かと不規則な生活になりがちですが、不規則な生活を放置せず、自分なりに改善できる点を探していくことが大切です。ここでは特に不規則になりがちな食生活の見直しとして、食事から摂る栄養素について見ていくことにしましょう。

眼圧を下げる効果のある栄養素「ビタミン」

私達は毎日様々な食材から栄養を摂っていますが、その食材にはそれぞれ異なる栄養素が含まれています。三大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質をはじめ、鉄分、ミネラル、ビタミン、亜鉛などの栄養素も多くの食材に含まれていますよね。このような栄養素の中には、実は眼圧を下げる効果が高いと見られている栄養素もあるので、ここからは眼圧を下げる効果のある栄養素について紹介していきたいと思います。

まず1つ目は「ビタミンB6」という栄養素です。ビタミン類の一種で、免疫力アップやタンパク質の代謝を促す効果もある栄養素となっています。肉類、魚類、乳製品、豆類など多くの食材に含まれているので、皆さんもビタミンB6を積極的に摂ってみるようにしましょう。

次に2つ目に紹介するのは「ビタミンC」です。ビタミン類の中でも特に有名な栄養素は、粘膜を強くする働きがあるため、緑内障や白内障といった目の病気にも効果的とされています。果物や野菜に多く含まれているビタミンCはサプリメントから摂る皆さんも多いかと思いますが、やはり生の食材から摂ることが一番です。

3つ目の「ビタミンE」に関しても、緑黄色野菜や豆類には良質のものが含まれています。ビタミンEにはドロドロになってしまった血液をサラサラにしていく効果があり、血行を促進することよって緑内障を予防していくことができると考えられています。血流が悪いと緑内障を発症しやすくなってしまいますので、血液の流れを改善していくためにもビタミンEを摂るようにしましょう。

食事は全体の栄養バランスを考えて

以上のように、眼圧を下げる効果のある栄養素としては主にビタミン類が挙げられます。しっかりと栄養を摂ることで緑内障になりにくい体質へ変えていくこともできますので、まずは食事面から緑内障を予防していくと良いでしょう。

ただし、ビタミン類ばかりを摂れば良いというわけではありません。食事は何と言ってもバランスが大事ですから、全体の栄養バランスをよく考えながら毎日の食生活を送ってみてください。健康を維持するためには、好き嫌いをせず何でも美味しく食べることが重要です。様々な食材から多くの栄養を摂れるよう、なるべく好き嫌いをせずに食事を摂ってみてくださいね。

精神面にも気をつけて、過度なストレスも緑内障を進行させる原因に

進行スピードの遅い「緑内障」

眼圧が高い状態は「緑内障」を発症する危険性が高く、もし発症してしまった場合には直ちに治療が必要となります。緑内障は眼圧が高くなることで視神経が傷つき、視野がどんどん狭まってしまう病気です。目の病気には様々な症状がありますが、視野が欠けてしまうという症状が緑内障の特徴です。視野が欠けていくスピードは人それぞれ異なるものの進行は遅く、なかなか症状に気付くことはありません。

自覚症状が見られない、ということも緑内障の特徴の一つなので、実際に緑内障を発症していても発見が遅れることも多く見られています。進行スピードの遅い緑内障は、症状を放置しておくと失明の危険性もあるため、ちょっとした変化にも注意しておかなければなりません。早期発見できれば視野がそれほど狭くならないうちに治療を始めることができるので、将来的に見える視野も広くなり、症状の進行を食い止めることもできます。

しかし、症状に気付かないまま悪化の一途をたどってしまうと、視野はさらに欠けていきますから、失明のリスクもより高くなってしまいます。最悪のケースを免れるためには、やはりできるだけ早く緑内障の症状に気付くことが大切です。眼科では緑内障の検査を定期的に受けられるようになっていますので、まずは定期的な検査で緑内障の早期発見を心がけておきましょう。

特に40代以上の皆さんは緑内障にかかりやすい状態です。高齢になるにつれて発症率は高くなっていますから、中高年層の皆さんは自分自身でしっかり予防することも忘れないようにしておきましょう。

過度なストレスと緑内障の関係

そして、このような緑内障は過度なストレスが原因となって症状が現われる場合もあります。もちろんストレスが溜まっているから緑内障になる、という単純なメカニズムではありませんが、大元の原因がストレスにあると考えられているのです。私達は様々な要因からストレスを感じるものですよね。そのストレスは時に蓄積されていき、精神的にも身体的にも悪影響を及ぼすことになります。

緑内障の発症に関係している「視神経」も、こうしたストレスに曝されることによってダメージを受けやすい状態となり、結果的に少しの眼圧がかかっただけでも緑内障を発症する恐れが高まってしまうのです。つまり、ストレスが直截的に緑内障の原因となっているわけではなく、ストレスが視神経に影響することによって緑内障を発症しやすく、症状を進行させてしまう、というわけです。

ストレスと上手く付き合っていくこと

ストレスは緑内障だけに限らず、様々な病気の発症にも関わっています。精神的な疾患はもちろん、身体的に見られる症状にも過度なストレスが関係していることが考えられるので、病気の発症を予防するためにはストレスを取り除き、心身共にリラックスさせることが大切です。

ただ、ストレスの原因を全て取り除くことは難しいですから、皆さん自身もストレスと上手く付き合っていくということも忘れてはなりません。こうした特徴は、実は緑内障にも言えることでもあります。緑内障は一度発症すると完治することはなく、生涯病気と付き合っていかなければならないので、皆さんは緑内障とどう向き合っていくか、といったことについてしっかり考えていくことが重要となります。

発症後は完治に向けた治療ではなく、症状の悪化をを抑えるための治療を行ないますから、眼科医の医師からよく説明を受け、治療を続けていくことについても十分に理解するようにしましょう。とは言え、緑内障であることに対してあまり神経質になることもありません。症状が抑えられていれば通常どおりの生活ができますので、それほど考えすぎず、医師の指示に従いながら緑内障と付き合っていくようにすると良いでしょう。

慢性的な疲れになる前に、眼精疲労を感じたらその日のうちに解消を

目の病気である「緑内障」の危険性

様々ある目の病気の中でも「緑内障」は発症率の高い病気の一つです。年代としては高齢になるにつれて発症しやすいことが特徴的で、40代以上の皆さんは特に注意必要です。緑内障という病気は徐々に視野が狭くなる症状が現われますが、この症状は自覚が見られないこともあり、発見が遅れることも少なくありません。

初期段階の緑内障は患者本人に自覚症状が見られにくく、気付いた頃には症状が悪化してしまっていることも珍しくないのです。緑内障は最悪の場合失明する恐れもある病気ですから、できるだけ早く症状を発症していることに気付くよう、眼科で定期的に検診を受けるなどして発症を予防していくことが重要です。

ただ緑内障は視神経がダメージを受けてしまうことによって発症する病気であるため、一度発症すると完治することはありません。しかし早期発見・早期治療を行なうことで症状の悪化を防ぐことは可能なので、まずは検診を受けて現在の状態をチェックすることから始めていきましょう。

眼精疲労は視神経自体ががダメージを受けやすい状態に

こうした緑内障の主な発症原因は「眼圧の上昇」と見られていますが、近年は眼圧が正常値であるにもかかわらず緑内障を発症してしまう「正常眼圧緑内障」の患者数も増加傾向にあります。

眼圧が上がることで視神経がダメージを受け、その結果として緑内障が発症する、というメカニズムが一般的に知られていましたが、眼圧が正常値である場合に発症するタイプの緑内障は、何らかの要因によって視神経自体がダメージを受けやすい状態となっていることが大きな原因と考えられています。つまり、眼圧によって視神経がダメージを受けるのではなく、他の要因が影響して視神経が傷つきやすくなってしまっているというわけです。

その要因の一つに「眼精疲労」が挙げられます。現代人にはよく見られる症状ですし、皆さんの中にも慢性的な眼精疲労で悩んでいる方々はたくさんいることかと思います。仕事や勉強による目の疲れ、スマートフォンや携帯、ゲームなどによる目の疲れは放っておくとどんどん蓄積されていきます。

さらに目の表面が乾いてしまう「ドライアイ」などの症状も併せて見られることが多いですから、生活習慣が影響している目の疲れは早めに対処し、健康は皆さん自身で守ることが大切です。眼精疲労を感じたらその日のうちに解消することが必要ですので、ここからは眼精疲労対策について見ていくことにしましょう。

眼精疲労対策で緑内障を予防

眼精疲労を感じている場合、目の周りの筋肉は緊張して凝り固まっている状態です。筋肉が緊張していると血行不良になりやすく、視神経にも悪影響が現れやすくなります。血行不良の改善にはやはりしっかり温めることが一番なので、目の周囲全体を蒸しタオルなどで温める、湯船に浸かって全身を温めるなど、血流を良くしていくことから始めてみると良いでしょう。

目の周囲を温めるとスッキリしますし、疲れも取れて夜もぐっすり眠ることができるようになります。眼精疲労は頭痛や肩こりも伴いやすいので、症状が派生しないうちにまずは目の疲れを解消していくようにしましょう。

また、目の周囲の筋肉を意識的に動かすことでも眼精疲労は解消されていきます。力強くまばたきを繰り返すなど筋肉を動かして血行不良を改善していきましょう。その他、目の周囲全体を優しくマッサージする、目の周囲のツボを押すなどの対策もおすすめです。少し疲れたなと感じた時に行なっておくことがベストですので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

緑内障の大敵は目の疲れ!パソコンやスマートフォンの画面にも注意

パソコンの画面による眼精疲労に注意!

現代人である私達の生活は、何かと眼精疲労が溜まりやすくなっています。仕事上パソコンを使うという皆さんはとても多いかと思いますが、1日中パソコンの画面と向き合っているととても目が疲れてしまいますよね。疲れていないように感じていても、目の疲れは積み重なっていってしまいます。

知らず知らずのうちに蓄積された眼精疲労は、目の周りの血行不良にも繋がりますし、視神経にも影響を及ぼしてしまう恐れもあります。視神経がダメージを受けることで視野が狭くなる「緑内障」という病気は、眼圧が高くなることが大きな原因と考えられていますが、眼精疲労による血行不良はそれ事態がダメージを受けやすい視神経の状態を作り出してしまっていることがあるので、結果的に眼精疲労が原因となって緑内障を発症してしまうこともあるのです。

近年では特に眼圧が正常値でも発症する「正常眼圧緑内障」の患者数が増加傾向にあり、病状にはこうした目の血行不良などが影響していると考えられています。もし日頃から眼精疲労を溜めやすいという皆さんは、非常に緑内障を発症しやすい状態となっていますから、まずは眼精疲労を溜めないよう予防すること、そして溜まった疲れはスッキリと解消させてしまうことを心がけるようにしましょう。

眼精疲労が慢性化しやすいスマートフォン

また、仕事以外にもプライベートでパソコンを使うことがある、スマートフォンやタブレット端末を使うことが多いという皆さんも眼精疲労には注意が必要です。最近ではスマートフォンでSNSを楽しんだりゲームをしたりする人も多いかと思いますが、夢中になるとどうしても目を休めることを忘れてしまいますよね。気付いたら長時間画面と向き合っていた、という皆さんも多いのではないでしょうか?

このような状態が毎日のように続くと、眼精疲労も慢性化し、身体的や精神的にも悪影響が現れてくるようになります。肩こりや頭痛を引き起こすこともありますし、精神的に不安定になったり、イライラしたりすることが増える場合もあるものです。眼精疲労が眼精疲労だけであるうちはまだ良いとしても、このように他の症状まで現われるようになってきてしまうと、今すぐにでも対処が必要です。

自分自身で疲れを自覚する前に目を休めることはもちろん、眼精疲労が溜まりに溜まってしまっている場合もまずは目をしっかり休めてあげることが大切です。疲れ目対策として目薬を差しても良いですし、疲れてしまった目は血行が悪くなっていますので蒸しタオルなどで温めることもおすすめです。

目を温めることで緊張した筋肉をほぐしていくことができるため、頭痛なども解消できますし、肩こりや首こりの症状も和らいでいきます。眼精疲労が肩や首にも悪影響を及ぼしてしまっている場合には、肩や首も重点的に温めてあげると良いでしょう。

ストレス解消で緑内障を予防

以上のように、パソコンやスマートフォンは思っている以上に眼精疲労を溜めやすいものとなっています。日常的に使うのであればより注意が必要ですから、適度に目を休めることを心がけながらパソコンやスマートフォンを活用していきましょう。

また、パソコンやスマートフォンの画面と向き合うことは時として大きなストレスとなることもあります。実は過度なストレスも緑内障には関係していて、ストレスを感じることによって緑内障の症状が悪化してしまうケースもあるため、眼精疲労だけではなくストレスも溜めないよう健康的な生活を送っていくようにしましょう。溜まった眼精疲労をスッキリさせるだけではなく、その日のストレスはその日のうちに解消することも大切です。自分なりのストレス解消法で緑内障を予防していきましょう。

1 2 >