緑内障の原因でもある血管の異常

緑内障の原因でもある血管の異常には生活習慣が影響していることが

身体の冷えや血行不良に注意!

普段から身体が冷えやすい・・・という皆さんは、血行不良になってしまっている場合がほとんどです。身体の血流が悪くなることで全身が冷えてしまっている状態は、様々な病気を引き起こしやすい状態です。こうした冷えによる血行不良は目の病気である「緑内障」にも関連しており、緑内障の改善には冷えや血行不良の改善も大きく影響していると考えられているのです。

緑内障の発症率は中高年層に多く見られているため、特に40代以上の皆さんは身体の冷えや血行に十分注意しておく必要があります。もちろん、身体が冷えているから緑内障になる、血行不良だから緑内障になる、という直接的な原因ではありませんが、身体が不健康である状態は緑内障をはじめとした生活習慣病にかかりやすくなっているのです。

目の病気と生活習慣はそれほど関わりのないように感じるかもしれませんが、緑内障は「目の成人病」と呼ばれている病気でもあります。生活習慣が影響して緑内障の症状を引き起こしてしまうこともあるので、現在緑内障を発症していない皆さんも日々の生活には十分な注意が必要です。緑内障は自覚症状が見られないことでも有名な病気ですから、まずは定期的に検査を受け、目の状態をこまめにチェックしておきましょう。

毎日の生活習慣は血管の異常にも影響

そして、生活習慣は私達の血管の異常にも影響しています。先ほど挙げた血行不良の他、血管の詰まりなども不規則な生活習慣が悪影響を及ぼしているのです。特に緑内障は目の周りの血流が悪くなっている状態で発症する病気ですので、緑内障を改善するためにはまず初めに生活習慣を改善し、血管に現れている異常を改善しなければならないというわけです。

皆さんは毎日規則正しい生活を送ることができているでしょうか?もし少しでも問題があるようであれば、今日からでもすぐに生活習慣を見直していくことをおすすめします。

一般的に緑内障の治療では点眼薬を使って眼圧を下げる治療、手術によって眼圧を下げる治療などが行なわれますが、生活習慣が不規則な状態が続いている場合は、ただ治療を受けていても症状が悪化してしまうリスクが高まります。治療によって眼圧を下げることは重要なことですが、根本的な問題から見直していかなければ、ますます症状は悪くなってしまうのです。そこで必要となるのが生活習慣の見直しです。

生活習慣を見直して緑内障の改善へ

まずは毎日の食生活の改善、睡眠不足の解消、運動不足の解消、ストレスや疲れの緩和などを意識的に行なうことで、基本的な生活習慣を見直していきましょう。特に眼精疲労が溜まっているような場合は、目全体の血流が悪くなってしまっていることが考えられます。血行不良が引き起こることによって緑内障の症状は進行していってしまうので、眼精疲労を解消し、目の血流を改善させていきましょう。

仕事などで目を酷使するような場合は、疲れが溜まる前にしっかり対処しておくことも大切です。簡単な目のエクササイズや目の周りのツボ押しは仕事の合間や休憩時間にもできるので、皆さんもエクササイズやツボ押しを毎日の生活に取り入れながら疲れを解消してみてくださいね。

また、このような生活習慣の見直しは、緑内障を発症した皆さんが現在も不規則な生活を送っている場合はもちろんのこと、現在は緑内障を発症していないという皆さんにも同様に言えることです。生活習慣を改善していくことによって緑内障を予防していくことができるので、ぜひこれを機会に自分自身の生活習慣を見つめ直してみてはいかがでしょうか?