自宅でも簡単にできる緑内障改善法

お金をかけずに改善させたい!自宅でも簡単にできる緑内障改善法

「緑内障」を理解した上で治療を受けて

視野が欠けてしまう病気、それが「緑内障」です。様々ある目の病気の中でも緑内障の発症率は高く、特に40代以上の中高年層の皆さんは十分な注意が必要です。もし発症してしまった場合には、すぐに治療を始めることで症状を緩和し、進行を防いでいくことができますが、症状を放置していると最悪の場合は失明してしまうこともあるので大変怖い病気でもあります。

もちろん、適切な治療をしっかり受けていれば失明するリスクは低くなりますし、治療を受ける他にも皆さん自身が緑内障の進行を防ぐためにできる改善法を試すことによって、症状をより緩和させていくことも可能です。ただし「改善する」ということと「完治する」ということの違いについてはよく理解しておく必要があります。

緑内障は一度発症すると完治することはない病気です。発症の直接的な原因は視神経が傷ついてしまうことですから、完治させるためには傷ついてしまった視神経を元に戻さなければなりません。しかし、現代の医療では視神経を回復させるための治療を行なえないので、緑内障が完全に治ることはないのです。症状を改善させることはできても、失われてしまった視野を回復することはできない、ということを理解した上で治療を受けるようにしましょう。

自宅で簡単にできる緑内障改善法

このように、緑内障は改善させることはできても完治させることはできない病気であることが特徴的ですが、症状を改善させるためには少なからずお金がかかってしまうものです。治療を受けるためにもお金はかかりますし、目の状態を定期的に確認する検査にも費用を支払わなければなりません。病気の治療は何かとお金がかかるものなので、せめて皆さん自身でできる改善法に関してはお金をかけずにできる方法を実践したいものですよね。ここからはそんな皆さんおために、自宅でも簡単にできる緑内障の改善法についていくつか見ていくことにしましょう。

まず1つ目は、緑内障の間接的な要因である「眼精疲労」を解消するための改善法です。毎日のデスクワークで目に疲れが溜まってしまっている皆さんはいませんか?眼精疲労は目の周りの血流にも悪影響を与えてしまうので、結果的に緑内障の症状を悪化させてしまう恐れもあります。

眼精疲労対策には仕事の合間にもできる目のエクササイズや目のツボ押しなどがおすすめとなっていますから、休憩時間や帰宅後のリラックスタイムなどにぜひ実践してみてください。緑内障になってしまった目は疲れさせないように注意することが大切です。疲れが溜まる前にしっかり対処していきましょう。

体質改善や自分の性格も見つめ直してみて

2つ目は緑内障改善のための体質の改善法です。緑内障という病気には生活習慣や皆さんの体質が関わっているため、普段の生活習慣と体質を改善することで症状の進行を抑制し、楽な状態へと改善させていくことができるのです。食生活の見直し、運動不足の解消、血行促進などで体質は徐々に改善されていきますから、今皆さんができることから体質改善を始めていきましょう。

そして3つ目は自分の性格を見つめ直すことによる改善法です。実は緑内障は皆さん自身の性格の特徴も関係しており、緑内障を発症しやすい性格というものも要因の一つとして考えられているのです。中でも几帳面で神経質である、常に真面目で緊張感を持っている、というような性格の皆さんは緑内障を発症しやすいと見られています。

「緑内障気質」とも呼ばれている性格の特徴ですので、この機会に自分自身の性格について見つめ直してみると良いでしょう。性格を変えることは難しいことですが、徐々に生真面目さをなくしていくよう、少し気を抜いて生活してみることから始めてみてはいかがでしょうか?