緑内障の改善法は医師と相談しながら

勝手に始めることは危険!緑内障の改善法は医師と相談しながら

症状を発見できる「緑内障」の検査

眼圧が高くなることによって発症する「緑内障」。中でも40代以上の中高年層に発症しやすいと見られているため、40歳になったら眼科で定期的に検診を受けることを心がけておくことが大切です。緑内障は自覚症状もほとんどありませんし、症状は徐々に進行していくので、患者本人はなかなか気付きません。症状を放置し続けていると失明するリスクも高まる病気ですから、できるだけ早く発症していることに気付くためにも検査が必要となっているわけです。

眼科では眼圧を測定する「眼圧検査」や「眼底検査」など、様々な検査によって緑内障を発見することができるようになっていますので、まずは検査を受けることから緑内障を予防していきましょう。検査を受けることで発症していることが分かれば、すぐに治療を始めることができ、症状の悪化を防ぐこともできます。完治することがない緑内障は、少しでも早く症状の悪化を抑えることが重要な治療となっています。完治することはありませんが、症状を緩和させて楽な状態にしていくことはできるので、皆さんも定期的な検診は欠かさないようにしましょう。

緑内障の改善法を試す前に

また、緑内障に対する様々な改善法を治療と併せて行なうこともおすすめです。緑内障が悪化する要因には過度なストレス、眼精疲労などの慢性的な疲れ、血行不良などが挙げられますが、こうした要因を取り除くために改善法を試してみることで緑内障の症状を楽にしていくことができます。緑内障は完治させることができないものの、改善していくことは可能なので、皆さんが今日から始められる改善法から試してみると良いでしょう。

しかし、無闇に改善法を試してしまうとかえって症状を悪化させてしまったり、他の症状が現れてきてしまったり、何らかのトラブルが起きてしまう恐れもあります。ただ改善法を試せば良いというわけではなく、皆さんの緑内障の症状に合わせて行なうことが大切なので、自分自身の緑内障がどのような症状か、どの程度進行しているのか、どのような治療を受けている状態かなど、現状をよく理解した上で改善法を試してみてください。そして個人での判断ではなく、必ず医師と相談しながら行なうことも忘れないようにしましょう。

医師に相談後、許可を貰ってから試してみて

緑内障の症状を改善する基本は、眼科での治療になります。治療を受けずに改善法だけを試しても大きな効果はなく、症状の悪化へと繋がってしまうこともあります。緑内障は適切な治療を受けることで症状を緩和させていくことができる病気ですし、検査を受けないことには緑内障の状態も細かくチェックすることはできませんから、少しでもおかしいと感じることがあればすぐに眼科を受診して検査を受けてください。緑内障は個人的な判断で分かる病気ではありませんので、確実な診断は眼科の医師に任せるようにしましょう。

もし緑内障だと診断された場合は、医師の指示の元で治療を受けることを第一に考えることが必要です。改善法を試すこともおすすめですが、まずは治療が先決であることをよく理解しておきましょう。治療を受けることで眼圧を下げることもできますので、特に眼圧が高いタイプの緑内障を患っている皆さんは高くなった眼圧を下げて症状を落ち着かせていくよう、治療を続けてみてください。

治療を続ける中で試してみたい改善法があれば、医師に相談後、許可を貰ってから試してみましょう。改善法は治療薬のようにすぐに眼圧を下げる効果はありませんが、体質を改善したり、体調を整えたりする効果は期待できます。普段の生活を変えていくという意味で改善法を試してみると良いでしょう。